「釣りバカ日誌19」

試写で観た。例によってハマちゃんこと浜崎伝助に西田敏行、スーさんことスズキ建設会長に三國連太郎、今回のマドンナには常盤貴子、他に竹内力、佐藤浩市、山本太郎ら。原作は「釣りバカ日誌」だ。 涙あり笑いありの1本。西田敏行扮するハマちゃんは、とてもバイタリティに富んでいて、観ていてパワーが沸いてくる。スズキ建設も現代社会の会社を如実に反映されていておおしろい。 主役の2人の加齢は隠せない。ハマちゃ…

続きを読む

「まぼろしの邪馬台国」

試写で観た。原案は同名の本。堤幸彦監督、主演吉永小百合、竹中直人、出演は豪華多数。 名前が出ないのが、主人公宮崎康平の子・兄の方の役の青年時代を演じた俳優の名だ。 今年映画で観たはずなのに・・・。 お2人とも、素そのままで夫婦になったのではないかと思う程ぴったりのお2人である。 この2人に引っ張られてあっと言う間の2時間である。 夫婦っていいなあと本当に感じたお2人である。 笑い声と…

続きを読む

「プントとドライブ 2008初秋」 

10月4日(土)、<第8回木曽駒高原きのこまつり>に出かけた。開始時間が9時半からということなので、9時には着こうと高速で中津川まで行き、後はひたすら19号線を北上。8時半には道の駅木曽駒高原に着いた。この日はJR東海のさわやかウォーキングの開催日でもあり、たくさんの人出が見込まれるからだ。少し早いけど祭りの開催地の木曽駒高原へ行くとまだ準備中にもかかわらず、きのこ直販の売り場に列が出来ていた。…

続きを読む

「おくりびと」

先週、試写で見た。監督は滝田洋二郎、音楽は久石譲、出演は本木雅弘、山崎努、広末涼子等。 モントリオール映画祭でグランプリ受賞。なんと試写は本木雅弘さんの舞台挨拶付だった。本物もクール! 話は、小さなオーケストラをリストラされた青年が、故郷の東北へ戻り、ひょんなことから<納棺師>になるまでを描く。 東北の四季の自然と本木雅弘が引くチェロの音楽が全編を通して流れ、心地よいハーモニーとなって物語…

続きを読む

「ふるさとをください」

本日、名古屋市北区役所講堂にて観た。きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)30周年記念映画。 冨永憲治監督、脚本ジェームズ三木、出演大路恵美、ベンガル、藤田弓子、中山仁、石井めぐみ、烏丸せつこ等。 すごくよかったです!!笑いあり、涙ありのヒューマンドラマです。久々に心が暖まる映画でした。 話は、和歌山県のある町に精神病院を退院した人々がやってきて、作業所・施設を作り生活を始める。町民た…

続きを読む