「英雄本色 2018」  (邦題 男たちの挽歌 2018)

DVDで観た。2018年中国制作。かの「英雄本色」(1986年香港)のリメイク版。 ちょっと見てみた、恐る恐るといった感じで。本作を見ているようで、本家を見ていたようだ。頭の中の映像は、レスリーにユンファが出てきていたのだ。まあ、しょうがないね。それほど凄い映画なのだから。時々思うのだ。レスリーが生きていたら・・・と。 未見の方は、是非本家の「英雄本色」(男たちの挽歌)は見てくれ!!!!!!…

続きを読む

「黄金兄弟」 (邦題 ゴールデン・ジョブ)

DVDで観た。ブログも久しぶり。2018年香港。 久々に香港映画らしいアクションを見た。昔のではなく今のだが。広東語もよいし、車が宙を舞うのもよいし、拳銃も何百発も打つのがよい。 チン・ガーロウ監督。久々にイーキン・チェンも見た。中堅どころの彼らが、気持ちのよいアクションを惜しみなく見せてくれている。 ロケ地も世界各地で見ごたえ充分。カーチェイスが繰り広げられる夜景もきれい。クライマックス…

続きを読む

TVドラマ 中国版「深夜食堂」

全40話ケーブルTVで観た。日本の「深夜食堂」(作者安倍夜郎)が原作。中国や台湾では不評だったらしいが、いや~中国らしさが出ていて、私のツボにははまりましたよ。号泣していました(号泣するのは、まあ私ぐらいかも)。 老板のホアン・レイもよかったし、登場人物も久々に新鮮だったです。(いかに最近中国モノを見ていないかです)難病の少女と難病の若者のラブ・ストーリーや「最強のふたり」のパロディだったりと…

続きを読む

「アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!」(原題「EARLY MAN」)

映画館で見た。2018年イギリス=フランス。ニック・パーク監督率いるアードマンが製作。ニック・パーク1人が監督を務めて、声優にも挑戦。 今回は、CGも絡めてのクレイアニメーションだったが、面白かったです。ちょっとストーリーに物足りなさを感じたが、ものまね伝書鳩やホグノブの個性あふれるキャラクターがニック・パークらしかった。 家族で観て笑ってスッキリする1本です。 でも、グルミット、カム…

続きを読む

「Hay Day」(ヘイデイ) その5 ヘイデイ狂想曲はまだまだ続く

今年初の書き込みが、「ヘイデイ(Hay Day)」です。丸5年たちました。ゲーム内では、6周年記念ダービーをやっています。現在のレベルは109で、生活の一部となりました。 ダービーをやっている日の朝は、起きてすぐワークの仕上げと新たなワークの種まきをし、昼休みにはワークのチェックをかかさず、夕方の家事の前にワークの仕上げを欠かさないという1日がずうーーーーーーーっと続いています。旅にも農場は必…

続きを読む

「激闘!アジアン・アクション映画大進撃」 (発行=洋泉社)

 今年はじめて書く。香港映画も今年は、映画館でこの間見たのが2本、ケーブルTVで見たのが2本、とまあ寂しい限りだ。  そんな中で久々にかつての感覚がよみがえるであろう1冊の本。サブタイトルは「血湧き肉躍る活劇魂、ここに極まる!」「アクション映画の神髄は、アジアにある!」・・・・・まさに、その通り!!!執筆者のお歴々方も懐かしい方ばかり。アジア圏を網羅しているが、話題はここ最近のアクションについ…

続きを読む

「2016年 海外TVドラマの総括」

ついに終わってしまった「パーソン オブ インタレスト」(Person of Interest )。シーズン5の13話でとりあえず、「正常終了」。海外TVドラマの中では最強だった。5人のいや、6人のタッグは最強だと思う。彼らから、マシンからも人生を学んだよ。  「人は死ぬときは1人だよ」  でも他の人の心の中に生きていればその想いは続くのだと・・・ 「火星のプリンス」のジョン・カーターの「想いは永…

続きを読む