テーマ:李連杰

「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」の活動について

李連杰のこの映画が現時点では公開されないということが事実になっているとは信じ難い。 李連杰(ジェット・リー・Jetli)主演の『海洋天堂』は、自閉症の息子とその父親との情愛を描いた映画で、ノンアクションだ。中国・香港では既に公開され、50万人以上の人が観ているそうだ。 主題歌はジェイ・チョウの『説了再見』、音楽は久石譲、撮影はクリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界のアクションスター」  ~連杰が選ばれていない??~

2007年11月初めにアメリカの雑誌「Entertainment Weekly」の最新号で発表された「世界のアクションスタートップ25」で、ジェット・リーの圏外落ちが明らかになり、中国や香港メディアが疑問と不満の声をあげているとのニュースを知った。 私も大大大ショック!!である。 他に選ばれたチョウ・ユンファ、ブルース・リー、ジャッキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「李連杰のニュース !!」

まったく、?と!がいくつ付くニュースだろうか!! 李連杰が字が読めないというニュースである。 彼が言うとジョークに聞こえないから性質が悪い、本当に人騒がせな・・・・・ あれほどの努力家の彼がそんなはずはないと声を大にしていいたい。 妻はあのニナ・リーだし、ハリウッドでの英語力を見てもそう思う。 あーびっくりした~~ でも、早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「閉鎖」

このところ、インターネットのお気に入りのサイトや長い間愛されて来たサイトの閉鎖がポツポツとある。 1つは連杰迷サイトの草分け的存在で、10年近く続けて来られたサイトである。始まりは熱く、終わりは風のように・・・かな。10年と言ってもいろいろあったと思う。私も連杰迷になり始めのころお世話になったので、とても寂しく思う。インターネットが繋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「李連杰」と「成龍」

6/14「功夫之王」のロケ地で監督をはじめ出演者とともに記者会見が行われた。 中国でのニュースを中心にいろいろ記事が出ていてとても嬉しい。クランクインはすでにされており、だいぶ撮影は進んでいるとか。 いや~今年から来年にかけてはリンチェイの映画祭りだ~ 「WAR」も今年10月に東映で「ローグアサシン」という邦題で公開予定。「投名状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連杰の映画について

意識の底にはいつもあるのだが、なかなか最近は表面にも出てこない連杰さまさま。 他のブログやHPでたまに確認するのみになってしまった。 まず去年クランクアップした「WAR」。トレーラーも出来ている。ジェイスン・ステイサムがどうしても連杰と競演したいと言って出来た映画のようだ。これは私が勝手に思っていることで本人から聞いたわけではない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プチ ローカルニュース」(名古屋限定)

本当にローカルなんだけど、名古屋には大須というアメ横っぽい町があります。 そこに「ディスクステーション」というCDやDVDを販売しているお店があります。 そこで今、連杰(ジェット・リー)祭りというか、ちょっとした連杰コーナーが出来ていて、 「SPIRIT」を始め、初期のDVDが置いてあります。 9月には「ハイリスク」がまたでるぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東京ファンタスティック映画祭」

 友人から「東京ファンタスティック映画祭」が今年で休止すると知らされた。 (「東京国際映画祭」とは違う映画際である。) 私が李連杰(ジェット・リー)の迷になって今年で早10年。思い返せばあれは1996年の東京ファンタ(「東京ファンタスティック映画祭」の略)に来日するという噂を聞いた時。当時はニフティの映画フォーラムでしか情報を集める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「トランスポーター 2」

<1>があまりに強烈だったため、結構期待してしまった。 正直、小粒という感想です。ストーリーも説得力がない。 サウンドトラックも断然<1>の方がよい。 <1>のサウンドトラックは、今でも車のCDチェンジャーの中に入っている。 アクションも、がんばっているなという感はあるが、 ホースなどの小物を扱う場面では、どうしてもジェット・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「SPIRIT」

ついにジェット・リー、マーシャルアーツ最後の映画「SPIRIT」が 公開されました。 これは御大自らが集大成という映画だけあって、 素晴らしい映画となっています。 中盤の1人演舞する姿はまことに美しい。 そこだけでも必見です。 御大に出会ってちょうど10年。 年を上手く重ねて来たと何故か安堵致しました。 私が御大に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more