テーマ:香港・台湾

「レイン・オブ・アサシン」 原題:剣雨

映画館でちょっと前に観た。2010年製作中国・香港・台湾。制作ジョン・ウー、監督ジョン・ウー&スー・チャオピン、出演ミシェル・ヨー、チョン・ウソン、ワン・シュエチー、バービー・スー等。ミシェル姉御が出るし、監督はジョン・ウーもするし、チョン・ウソンと聞けば、期待はこれほどまでってぐらいに膨れ上がるのは必須。それにワイヤーアクションだし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ドラゴン・スクワッド」

「猛龍」DVDで見た。2005年制作香港。監督はダニエル・リー(李連杰主演の「ブラック・マスク」も監督した)、出演はヴァネス・ウー、ショーン・ユー、サモ・ハン、サイモン・ヤム、マギーQ、リー・ビンビン、マイケル・ビーンなど国際色強い配役。映像もスタイリッシュ。 やはりサモ・ハンは強かった!年をとってもカッコよかった!という映画。 若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八人の英雄」 その2

「八大豪侠」ついに40話見終った。やったね、王晶。なかなかおもしろかったよ。辻褄が合わなくても、勢いで見た。後半は色々なエピソードがあり退屈せずよかった。色々な愛があるんだなというお話。リー・ビンビンら女優陣が美しく(マラボウがジャマ)、ライイーの踊りがもう一度見たかった。 次は「雪山飛狐」を見たいがどこかでやっていないだろうか? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「八人の英雄」

ケーブルTVで放映中。それを見ている。全40話。今まだ序盤戦。DVDも発売された。 原題は「八人豪侠」、監督バリー・ウォン、アクション監督チウ・シウトンの武侠TVドラマ。 出演者はエディソン・チャン、アンソニー・ウォン、ルー・イー、ラム・ジーチョン、リー・ビンビン 、 ファン・ビンビン、リー・シャオルー等。 さすが武侠ドラマ、し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「武侠映画の快楽」

やっと読んだ。岡崎由美氏と浦川留氏の共著。両氏の映画評やその書籍は時々読ませて頂いているし、その道ではとても尊敬している方々である。私と同年というところも共感を感じる。 「HERO」や「LOVERS」でこの世界に入った人は是非読んでもらいたい1冊である。私も復習という感じで読んだ。 私が武侠映画にすんなりは入れたのは、李連杰に惚れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」

映画館で観た。イマイチだった。 ドニー・イェン、ニコラス・ツェー、ショーン・ユーが主演だが、やはり手足の細部までに渡るしぐさはドニーにはかなう筈がない。それにしても3人とも前髪のうっとしいこと。ちょっと興ざめ。 さてストーリーはというと、香港のコミックの映画化ということだが、映画と言う短い時間の中ではスゴサが伝わらず、それがイマイチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「製菓祭り」と「春節」(名古屋)

 去る2/18・19と名古屋製菓専門学校で「製菓祭」が行われた。卒業制作や進級製作の作品が飾ってあり、生徒さん自慢のパンやケーキが100円で販売されていた。午後の遅い時間に行ったので焼き菓子やパンは売り切れ状態。ケーキを買って帰った。ここから未来の有名パティシエが誕生するだなと。がんばれ、未来の巨匠たち。  2/17・18と第1回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ディバージェンス-運命の交差点-」

DVDで見た。2005年香港映画。原題は「三岔口」。監督はベニー・チャン。 香港いやアジアのトップスターを集めた1本。熱血刑事アーロン・クォック、正義と悪の弁護士イーキン・チェン、冷徹な殺し屋ダイエル・ウー。それぞれ中堅どころのいい俳優になっていてとてもいいね~。特にアーロンのくたびれようは往復ビンタを心の中で何回したことだろう。恋人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ブレイキング・ニュース」

DVDで観た。ジョニー・トー監督のクライムアクション物だ。(大事件/2004年制作) 「PTU」「デッドポイント」とは違った見せ方をして、これまたスタイリッシュだ。 岸谷吾郎の若い時を2枚目にしたようなリッチー・レンの銀行強盗犯と 若手のお笑い芸人にそっくりのニック・チョン。 そして常につりあがっている目が怖いケリー・チャンの三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郭富城「愛・情大舞台」

タワーレコードにふらっと寄ったらワゴンセールの中にいいものを見つけた。 やった~、ワンコインだ、ふっふ。久々に郭富城(アーロン・クォック)のCD。 2002年発売のやつだけど2枚組だ。そういえば彼はいくつになったのかな。 え~、40過ぎ?!(1965/10/26生) 香港四天王の1人といえども年はとるよな。 端整だけど母性本能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東京ファンタスティック映画祭」

 友人から「東京ファンタスティック映画祭」が今年で休止すると知らされた。 (「東京国際映画祭」とは違う映画際である。) 私が李連杰(ジェット・リー)の迷になって今年で早10年。思い返せばあれは1996年の東京ファンタ(「東京ファンタスティック映画祭」の略)に来日するという噂を聞いた時。当時はニフティの映画フォーラムでしか情報を集める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鉄拳高」と「火山高」

 DVDで見た。それぞれ2001年公開。「鉄拳高」は香港制作、「火山高」「風林高」は韓国制作。「鉄拳高」はニコラス(謝霆鋒)くんとスティーブン・フォンくんが主演で友情のお話、「火山高」は縄張り争いのお話。「火山高」はCGふんだん、アクションシーン盛り沢山で、途中ストーリーが横道に少しそれたりする。でもヒロインが凛々しくて、最後のバトルシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「山田太郎ものがたり・その2」

ふっふっふ、45話全部見た。本当におもしろかった。 森永あいセレクション13話は、確かにおもしろい話をセレクトしているので、それだけでも充分だと改めて思った。 いや~、杉浦先輩(ウィール・リュウ)はいい~!! NG集でもオチャメなんだから。 こんなドラマ、日本では作れないだろう。 誰が杉浦先輩の役をやれる?? そういえば最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マクダル パイナップルパン王子」

先週の土曜日、「マクダル パイナップルパン王子」を見て来ました。 名古屋ではシネマテークというミニシアターでしか公開していません。 それも明日のモーニングショーまで・・・・ すごく期待して行ったのですが、結構香港人魂が出ていて おもしろかったというより、考えさせられました。 なんと言っても、香港の街がアニメで見れてよかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「山田太郎ものがたり」

念願の「山田太郎ものがたり」がDVDになった。 森永あいセレクションで13話だけだが構わない。 そのうちまた放送されると踏んでいる。 初めて観たのだが、おもしろいの一言につきる。 日本のドラマが好きな人にはだめかも。 私は香港映画が大好きなので、もの足りないくらいである。 私が見たかったのは、何をかくそう<杉浦先輩>である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マクダル パイナップルパン王子」

いよいよ今日から名古屋でも公開です。 「マクダル パイナップルパン王子」が。 前売り券、買っちゃったもんね。 パンフレットと缶バッジ、もらったもんね~ それに香港からVCDも届いたもんね~(全然わかんないけど) そう言えば・・・・・ 「プッカ」(韓国)ちゃんは今頃どうしているのかなあ~ プッカのキャラは最高なのに!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more