「英雄本色 2018」  (邦題 男たちの挽歌 2018)

DVDで観た。2018年中国制作。かの「英雄本色」(1986年香港)のリメイク版。 ちょっと見てみた、恐る恐るといった感じで。本作を見ているようで、本家を見ていたようだ。頭の中の映像は、レスリーにユンファが出てきていたのだ。まあ、しょうがないね。それほど凄い映画なのだから。時々思うのだ。レスリーが生きていたら・・・と。 未見の方は、是非本家の「英雄本色」(男たちの挽歌)は見てくれ!!!!!!…

続きを読む

「ミラクル7号」 その3

映画館で観た。試写と合わせると3回目。 この映画は”ミラクル7号”ことナナ(7)ちゃんが主人公の何ものでもない。(シンチー失礼) ナナちゃんがいてからこそ、この映画が出来上がったのだ~~。 ナナちゃんが、建設現場で事故死したチャウ・シンチーを生き返らそうと決意した時の目、表情が画面いっぱいに映ると、もう、だめ・・・・・・。私もうるうるしてきて、号泣。3回目はあっという間だったような気がする…

続きを読む

「ミラクル7号」 その2 (ネタバレあり)

2回目の試写を見た。うーーん、ナナちゃんかわいい!!すっかり私のつぼに入ってしまったらしい。 1回目の試写以来頭の中はナナちゃんでいっぱい、で・・・・。 大きな目と表情豊か??な顔と不釣合いな緑のシリコーンの体。頭にはアンテナみたいなものがついている。 かわいくないと言ってしまえばそれまでだ。ぬいぐるみの中途半端な形で安っぽいと言ってしまえばそれまでだ。あぁぁぁ・・・・・でも、かわいい!!…

続きを読む

「ミラクル7号」

試写で観た。チャウ・シンチー主演、監督、脚本のファンタジーコメディ。 めちゃくちゃおもしろかった。やっぱりチャウ・シンチーだよね~~。主人公のシュー・チャオちゃんもかわいいけど、ミラクル7(ナナ)ちゃんが面白くて可愛くて、そしてとっても情があるんだよね~~。人間よりも・・・・。 子どもも大人も絶対みるべし!!ひねくれた人もそれなりに、素直な人はより笑えます。 個人的には、ナナちゃんが初めて…

続きを読む

「てなもんや商社」

ビデオで観た。これは原作が「中国てなもんや商社」というOL奮闘記で、原作者は谷崎光氏。1998年(ちょうど10年前)制作公開。原作は出版された当時に購入し、とても面白く読んだ。その後、本が映画化されビデオになったことを知り、とても長い間探していた。そして、先週新たに行ったレンタルビデオ屋でついに遭遇した。やった~!!! 即観てみた。主人公は小林聡美で、相変らずというかあの持ち味を生かし、原作よ…

続きを読む

「長江哀歌」 (ちょうこうエレジー)

ミニシアターで観た。2006年中国、ジャ・ジャンクー監督作。2006年のベネチア国際映画祭でグランプリ獲得作品。この監督の名前を初めて聞き、作品も初めて観た。 映画はとうとうと流れる長江をバックに、1人の男と女の人生を映す。2人とも音信不通になった伴侶を探しに来た。男の妻は16年、女の夫は2年間。女の方の描写はいらなかった気がする。それと男の妻の心理をもっと知りたかった。何故帰らないのか、帰れ…

続きを読む