アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「香港」のブログ記事

みんなの「香港」ブログ

タイトル 日 時
「八仙飯店之人肉饅頭」 原題:八仙飯店之人肉叉焼包
DVDで観た。1993年の香港映画。いや〜長年の夢だったアンソニー・ウォン(黄秋生)の出世作を観ましたよ!!これで、第13回香港電影金像奨最優秀主演男優賞を受賞したのです。本当はビデオがでた当時は、まだこころの準備が出来ていなかったのでかなり尻込みしてしまった。あれから20年。私もこれが観れる年になりました。ま、いつでもみれたんですがね。ちょうどレンタル屋さんにあったので観ました。 聞きしに勝る映画で、すごかったです〜アンソニーの怪演。それに、これがマカオで起きた本当の話を元につくられたなんて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 12:04
「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」(原題 寒戦/COLD WAR)
2012年香港。DVD。監督はリョン・ロクマン、サニー・ルク。出演はレオン・カーフェイ、アーロン・クォック、アンディ・ラウをはじめ、そうそうたる俳優陣が出演。 確かに映像はスタイリッシュでクールだったが、話がおもしろくなくて、途中寝てしまった。 最後のクライマックスはどうにか起きて、あっそうなのと見ていたが、見終わっても、すっきり感がなかった。寝ていた私が悪いのだが・・・・。うーーん、香港映画にしては乗り切れない1本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 23:48
「影なきリベンジャー」 (原題 極限探偵C+)
2007年香港。DVD。オキサイド・バン監督、アーロン・クォック主演のサスペンスアクション映画。実は輸入盤で買っていたが見ずに7年経ってしまった。字幕版が出たので即見てみた。 アーロン扮する3流探偵タムがタイの中華街で出会う奇妙な依頼。その依頼に引きつけられるように調査するタム。昔の香港を思わせる中華街で飛び交うタイ語と広東語はいいね〜。背景の薄暗さも最高。金のネックレスが似合う中年でもアーロンはアーロンだわ、と1人悦に入って見ていました。もう少し恐怖感が欲しかったです、サムの亡霊とか。 こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 23:46
「ブラッド・ウェポン」 (2012年 原題:逆戦)
いや〜よかったよ!!最初からアクション全開で、最後は号泣!!(してたのは私ぐらいだったが・・・) ダンテ・ラム監督、やってくれるね〜  「ビースト・ストーカー/証人」「密告・者」もよかったが、本作は総仕上げと言ったら怒られるかな。 兄役にニコラス・ツェー、弟役にジェイ・チョウ、脇役もしっかり固め、ストーリーも始めからぶっとばしの、アジアを何か国もまたぎ、最後、船上でのクライマックスで号泣しました。あーまた観に行こうっと。 どんなウィルスもこの兄弟にかかったら逃げていくわな、と。 風邪なん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/03 23:26
「タクティカル・ユニット  機動部隊 -絆- 」 
DVDで見た。2009年香港製作。 制作ジョニー・トー、 監督はロー・ウィンチョウ、出演はジョニー組のサイモン・ヤム、ラム・シュー等を始め、 マギー・シュー、ウォン・チーイン、サミュエル・パン、ヴィンセント・ツェ等。 「PTU」のスピンオフというこの映画は、ジョニー・トー臭さも残しながら、小気味よいアクション物に仕上がっている。 時系列が同時進行しながらも、それぞれの人物がきちんと役割を果たしているからこそ、最後のクライマックスに向かってストーリが進んでいく。複雑でない分、小気味よいテンポ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/28 17:33
「捜査官X」 2011年香港・原題:武侠
ちょっと前に映画館で観た。出演ドニー・イェン、金城武、ジミー・ウォング、監督ピーター・チャン。 だいぶ期待して観たのだが、うーーん、捜査官、金城くんでなくてもよかったんじゃないのっていうのが正直な感想。謎解きへの伏線がイマイチ。もう少しドニーさんと絡みがあった方がよかった。ドニーさんのアクションは申し分がないけど、殺人オーラ最初から出し過ぎ〜。貫禄がついた分、もう少し絞ってね。ジミー・ウォングにお目にかかれてよかった〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/21 22:14
「ビースト・ストーカー」 (2008年原題:証人) & 「密告・者」 (2010年原題:綫人)
久々のブログです。何故か4ヶ月も書く気がおこりませんでした。ま、そんなもんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/20 23:08
「新少林寺/SHAOLIN」 
映画館で観た。久々に号泣した、アクション映画でだ。 2010年中国・香港製作。監督・製作はベニー・チャン、アクション監督はコーリー・ユン 、スタント・コーディネーター はニッキー・リー。出演はアンディ・ラウ、ニコラス・ツェ、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェンら。 この映画はよかったよ〜〜。「投名状」や「墨攻」のアンディ・ラウより、また「ラスト・ソルジャー」のジャッキー・チェン、また「孫文の義士団」のニコラスより、この映画の彼らは本物だったよ〜〜。ストーリーも正論真っ向勝負って感じでわかりや... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/12/03 23:58
「アクシデント」 原題:意外
映画館で観た。2009年香港。監督ソイ・チェン、製作ジョニー・トー、出演はルイス・クー(The Brain)、リッチー・レン (Chan Fong-chow)、ラム・シュー(Fatty)、ミシェル・イエ(Woman)、フォン・ツイファン等。 うーーん、結構期待して見たのだが、前半のハラハラから一変して、後半はルイス・クーの心理描写一色となる。なのでちょっと期待外れだったかなあ・・・・。サスペンスとしてはまあまあだったが・・・。 ルイス・クーのための演技やシーン毎のカメラワークはよかったと思う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/06 21:11
「MAD探偵 7人の容疑者」 (原題:神探 Mad Detective)
シネマスコーレ(名古屋)で観た。2007年・香港製作。もちろん監督はジョニー・トー、ワイ・カーファイ。主演はもちろんラウ・チンワン。他にラム・シュ,アンディ・オン、ラム・カートン、ケリーリンら。なにをかくそう、実はDVDの香港版が出てすぐ通販で購入してそのまま・・・・・眠っていた。銀幕で観れるとは思わなかったのでラッキー!! 久々のラウチン・ワン、変わってないね〜。ラウチン・ワンと言えば私の中では、もちろんジェット・リーとの共演「ブラック・マスク」。ジェット・リーの映画の中でも香港時代の名作(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/24 22:34
「天使の眼、野獣の街」 原題:跟蹤、英題:アイ・イン・ザ・スカイ
DVDで観た。いやぁよかったよ〜、面白かった。今までとは一味違う香港映画、ポリスクライム映画だ。 製作ジョニー・トー、監督ヤウ・ナイホイ(ジョニー・トー組の脚本家)、出演サイモン・ヤム、レオン・カーファイ(久々に観た)、ラム・シュ、新人のケイト・ツイ等。(2007年香港) 警察の「監視班」が犯人を追いつめるストーリーが珠玉だ、香港映画らしくって。犬頭の小話がいい。頚動脈を切られた時の小話。いつもならここで激しい銃撃戦だが、追いつめる天の眼が鋭く犯人を見ている。群衆の傘と雨の様子が子豚ちゃんの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:05
「ミラクル7号」 その4
やっと待望のDVD発売である!!!今年いちばんのナナちゃんをゲット!!もう大好き! でも付録のゲームはいただけない。それこそ、「ありえね〜」なのだ。 でもななチャンに免じて、ま、いいか。それにしても、ななチャンで泣くのは私だけだろうな、なんてね。ほっほっほっほ。 この映画を作ってくれたチャウ・シンチーに謝謝!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 19:57
「チャウ・シンチーの熱血弁護士」
DVDで観た。原題が「審死官」(1992年香港)、邦題は「チャウ・シンチーの熱血弁護士」。いつもながらどういう邦題。まあ、そういえばそうなんだけど・・・。映画は時代劇のコメディーです。 今は亡きアニタ・ムイがチャウ・シンチー演じる主人公の奥方を演じている。監督はジョニー・トー。いやあ、そんな組み合わせがあったのね。すっかり忘れていた私。やっぱり、ジョニー・トーは凄いわ。念願の「赤脚少子」が「裸足のクンフーファイター」という邦題で今年公開されDVD発売されたし・・・感慨深い。この映画についてはま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 19:51
「男たちの挽歌」と「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」
今月BS(TV)でこのシリーズを放映していた。 この2本は、香港映画を語るときになくてはならない映画である。 「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファとレスリー・チャン。もちろん監督はジョン・ウー。(1986年制作) 「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のレスリー(当時30才)。監督はチン・シウトン、制作ツイ・ハーク。(1987年製作) 私はこの2本をビデオで見て、香港映画にはまってしまったのだ。 何度見ても、2丁拳銃のチョウ・ユンファはクールだし、レスリーは母性本能をくすぐる。 撮影技... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 22:43

トップへ | みんなの「香港」ブログ

シネマドライブ(シネカフェ) 香港のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる