アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
「エヴェレスト  神々の山頂 かみがみのいただき 」
試写会で観た。2016年日本公開。監督は平山秀幸、出演は岡田准一、阿部寛、原作は夢枕獏。 見どころは、標高5200M級で撮影されたエヴェレスト(邦画で初)。雪山と雪原に吹き荒れる風の音がBGMだ。 それは現実から遠く、神秘の山、神の山と呼ばれるエヴェレストに観る者を手繰り寄せていく。それを見るだけでも、この映画を見る価値がある。その上、エヴェレスト初登頂においての謎(マロリーとアーヴィン)が伏線に織り込まれていて、クライマックスでその謎が解けるか?!というのも見どころです。 人間を極限まで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/05 22:50
「八仙飯店之人肉饅頭」 原題:八仙飯店之人肉叉焼包
DVDで観た。1993年の香港映画。いや〜長年の夢だったアンソニー・ウォン(黄秋生)の出世作を観ましたよ!!これで、第13回香港電影金像奨最優秀主演男優賞を受賞したのです。本当はビデオがでた当時は、まだこころの準備が出来ていなかったのでかなり尻込みしてしまった。あれから20年。私もこれが観れる年になりました。ま、いつでもみれたんですがね。ちょうどレンタル屋さんにあったので観ました。 聞きしに勝る映画で、すごかったです〜アンソニーの怪演。それに、これがマカオで起きた本当の話を元につくられたなんて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 12:04
「チェイス!」
DVDで観た。2013年制作、インド映画、でも撮影はシカゴ〜。ハリウッドとの融合ってな感じ。で、これも映画館で観ればよかった〜と後悔した1本でした。公開時、口コミがよかったので、見にいこうと思っていたら終わっていた・・・(泣) 主演のアミール・カーンに出会ったのも初めてで、インド映画を見たのも初めてで、私の好きなアクション満載、ダンスも満載、本当におなかいっぱいになりました。3時間なんかあっという間でした。アミールが撮影時、40代半だったとは思えない動きと肉体・・・!!最後もいい。「俺たちに明... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/27 22:45
「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」(原題 寒戦/COLD WAR)
2012年香港。DVD。監督はリョン・ロクマン、サニー・ルク。出演はレオン・カーフェイ、アーロン・クォック、アンディ・ラウをはじめ、そうそうたる俳優陣が出演。 確かに映像はスタイリッシュでクールだったが、話がおもしろくなくて、途中寝てしまった。 最後のクライマックスはどうにか起きて、あっそうなのと見ていたが、見終わっても、すっきり感がなかった。寝ていた私が悪いのだが・・・・。うーーん、香港映画にしては乗り切れない1本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 23:48
「影なきリベンジャー」 (原題 極限探偵C+)
2007年香港。DVD。オキサイド・バン監督、アーロン・クォック主演のサスペンスアクション映画。実は輸入盤で買っていたが見ずに7年経ってしまった。字幕版が出たので即見てみた。 アーロン扮する3流探偵タムがタイの中華街で出会う奇妙な依頼。その依頼に引きつけられるように調査するタム。昔の香港を思わせる中華街で飛び交うタイ語と広東語はいいね〜。背景の薄暗さも最高。金のネックレスが似合う中年でもアーロンはアーロンだわ、と1人悦に入って見ていました。もう少し恐怖感が欲しかったです、サムの亡霊とか。 こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 23:46
「ベルリン・ファイル」 
映画館で観た。うーん、久々に本物のアクションを見たという感じ。 最初、登場人物の把握にバタバタしたが、それも束の間、あっという間に話の中に引き寄せられる。そして、私の好きな銃撃戦へ突入する。香港映画と違い、敵対構図に北と南というのが必ず入って来る。ベルリンを舞台にしても、その構図は話の真ん中にでんと座っている。それも乗っかっての銃撃シーンは久々にすごかった。まぶしい光の中での応戦と、そのあとに来る1対1での原野での対決。いや〜ほんとスカッとしました。ラストは、香港映画だったらもう少しスマートに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/15 00:18
「図書館戦争」
試写で観た。うーーん、正直なところ、あまりおもしろくなかった。なんでだろう・・・・・。原作も実は2ページでダウンしてしまった。 岡田くんは、ますますアクションにみがきがかかり、和製ジェット・リーと呼びたいぐらいだな。栗山千明にも銃を持たせてあげたかった。王子様との恋と戦争では、ヒロインの無邪気さ(なんとかならんかったのか・・)にアクションシーンがかわいそうで・・・。そのギャップが清涼剤になってないし、間延びすら感じた。 本の匂いもしなかったなあ・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/22 23:27
「遺体 明日への十日間」
試写で観た。原作石井光太著「遺体 震災、津波の果てに」(ルポルタージュ)、脚本・監督君塚良一、出演西田敏行、佐藤浩市、柳葉敏郎、沢村一樹、筒井道隆、緒方直人、志田未来等。 2011.3.11に起きた災害時災害後のことは、メディアもしくは伝聞でしか伝わってこない。映像として伝えるということは大切なことだと思う。時間がたてば映像化出来るかというと、記憶と感情は反比例するかもしれない。でも語って欲しいと思う。戦争体験がもうすでに風化の一途をたどっている。 体験していない者に語って欲しい、その感情を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/16 11:30
「PAPKER/パーカー」
映画館で観た。「ルーパー」と迷ってこっちを観た。ジェイソン・ステイサム主演のクライムアクション。うーーん、ストーリーが単純すぎて痛いだけのアクション映画だった。ちょっと続編はなあ・・・・。 まめにアクション映画に出てくれているジェイソン・ステイサム。お呼びがかかるのよね、いい男だもの。すっきり頭と痛そうなところも同じといえばブルース・ウィリスかな。ちょっとやんちゃな眼差しがいいんだな、これが。 今まで彼が出演した中で、「トランスポーター」と「アドレナリン」は最高だよ。両方とも「2」以上はまあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/16 10:34
「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」 (3D)
映画館で観た。監督ツイ・ハーク、出演ジェット・リー、チェン・クン、リー・ユーチュン、グイ・ルンメイ等。 かの有名なキン・フーの「残酷ドラゴン!血闘竜門の宿(1967年)」のリメイク。「Dragon Inn 新龍門客棧ドラゴン・イン」(1992年)もそのリメイクで、ジェット・リーにも出演交渉がきたとかこないとか。あのとき出て入れば・・・・。ブリジット・リンは美しかったなあ・・・・。 今回、この話はどうして受けたのかなあ・・・・。ジェット・リーで有る必要がないような・・・・。話としては、ちょっと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/03 23:06
「ジョン・カーター」
あ〜あ、ついに見ちゃった、DVD。あ〜あ、わかっちゃいるけど、止められない、この期待外れ感・・・・・。 わが「火星のプリンセス」とともに偉大なるジョン・カーターよ〜〜我々はまだ生きている〜〜 私の中では、武部本一郎氏の挿絵のデジャー・ソリスがすべてなのだが・・・、なんでこんな映画作ってしまったのだろうか・・・・・。ジョン・カーターの想いはどこへ行ってしまったんだああぁぁぁぁあああぁ。 エドガー・ライス・バローズが世にジョン・カーターを送り出して早100年。私の手元の文庫本は、1965年初版... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/30 23:08
「のぼうの城」(少しネタバレあり)
試写会で見た。久々に時代物を見たけど、よかったです。 史話を元に書かれた脚本と本が原作、著者は和田竜。原作は読んでいない。監督は犬童一心と樋口真嗣、主演は野村萬斎、出演は佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、榮倉奈々、市村正親、鈴木保奈美、西村雅彦、平泉成、夏八木勲、中原丈雄、前田吟等豪華俳優陣。 野村萬斎がいい。特にクライマックスの(ネタバレですが)どうしようもなくなって、田楽を踊るところが最高!! 佐藤浩市も渋い!!最近とみに渋くなったね〜上池の石田三成も若いかなと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/28 17:59
「タクティカル・ユニット  機動部隊 -絆- 」 
DVDで見た。2009年香港製作。 制作ジョニー・トー、 監督はロー・ウィンチョウ、出演はジョニー組のサイモン・ヤム、ラム・シュー等を始め、 マギー・シュー、ウォン・チーイン、サミュエル・パン、ヴィンセント・ツェ等。 「PTU」のスピンオフというこの映画は、ジョニー・トー臭さも残しながら、小気味よいアクション物に仕上がっている。 時系列が同時進行しながらも、それぞれの人物がきちんと役割を果たしているからこそ、最後のクライマックスに向かってストーリが進んでいく。複雑でない分、小気味よいテンポ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/28 17:33
「ここにおるんじゃけぇ」 −あいち国際女性映画祭2012より−
あいち国際女性映画祭は、1996年にスタートし、今年で17回目となる映画祭だ。はじめて参加した。毎年、観たいなあと思っているうちにあっという間に終わってしまう。でも今年は思いきって行ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/13 22:45
「最強のふたり」
映画館で観た。たくさん笑って、最後に感涙!!どんなコメントも追いつかないほどの映画・・・・は言い過ぎかって。それは観てのお楽しみ。 人間の「相性」は、とても大切だあ〜としみじみ思った。血がつながっていても、相性が最悪ってのもあるし、他人だからこそ分かり合えるってのもある。「縁」も大事。どうやって大事にするかっていうのは、その人の人間性にかかっている。短い人生だからこそ、見極めなくちゃ。何をって?その人にために何をしたいかってことを・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/13 22:26
「マダカスカル3」
映画館で吹き替えで観た。最高におもしろい!!暑さなんか吹き飛ばせっ!! 映画に対するオマージュもばっちり、4頭(4人?)の息もぴったり、あっという間の時間だった。何も考えず笑える映画。 ただおしむらく、私の好きなキングジュリアンの活躍が少しだったことと、、彼らの吹替えが・・・・・。私にはTVドラマの佐藤せつじさんと宝亀さんがよかったかな・・・・。ペンギンズは圧倒的な強さを見せつけ、吹替えも隊長と新人はTVドラマの声優さんでよかったです。TVドラマほどのキレはなかったですが。 大人も子どもも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/14 22:19
「るろうに剣心」
試写で観た。うーーん、正直なところ、期待ハズレで残念でした。出演佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、江口洋介、香川照之等。有名なコミックが原作。原作もアニメも見ていない。健くんが出るから観ようかなと思って観てみた。 全体的にストーリーも大雑把でぶつ切り感が否めない。テンポが遅過ぎで映像も不満足。ロングカットがすごく欲しかった!!せっかくの健くんのアクションが、もったいない。香港で撮ればもっと違ったかも・・・・・。俳優陣も。 いや〜残念・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/16 22:40
「BRAVE HEARTS ブレイブハーツ 海猿 」
むむ、今年上半期映画の振り返りを書こうと思っていたら、もう7月に突入してしまった。 うーむ、先月小笠原諸島の父島に行ってきたのを書くのを忘れていた・・・・。 なんだかな、日常生活にすべて埋もれてしまっている・・・・。いかんなあ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/04 23:30
「クイック」 2011年韓国・原題:QUICK
DVDで観た。超面白かった〜!!監督チョ・ボムグ、出演イ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォン等。 ストーリーはバイク版「スピード」で、バイク版「クイックメッセンジャー」かな?ちょっと違うけど。 案外、単純かなと思っていたら、意外、終盤でシリアスな面も出てきた。でもって、くどい笑いも爽快なアクションで帳消しにされる。久々に体を張ったアクションが小気味良い。宙に描かれるバイクのタイヤ軌道が美しい! バイクが小道具の映画でクールなのは多々あるが、これほど笑えるのはないかも・・・(笑)。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/27 21:41
「メカニック」 & 「ブリッツ」
ちょっと前にDVDで観た。本当は映画館で観たかったのだが、時間調整出来ずDVDと相成った。 もちろん、主演はジェイソン・ステイサム。ここ数年、アクションにノリに乗っているんじゃないかなあ・・・と思う。 ジェイソン・シテイサムのアクションは、男臭さ満載でカッコイイと言うわけでもなく、かといってクールな殺し屋というわけでもなく、紳士っぽくて女に甘く、忠誠心や愛国心でがんじがらめというわけでもなく、でも義理堅く、スマート。やはりイギリス出身だから・・・なんて屁理屈をつけてみた。ブルース・ウィリスみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/23 21:19
「捜査官X」 2011年香港・原題:武侠
ちょっと前に映画館で観た。出演ドニー・イェン、金城武、ジミー・ウォング、監督ピーター・チャン。 だいぶ期待して観たのだが、うーーん、捜査官、金城くんでなくてもよかったんじゃないのっていうのが正直な感想。謎解きへの伏線がイマイチ。もう少しドニーさんと絡みがあった方がよかった。ドニーさんのアクションは申し分がないけど、殺人オーラ最初から出し過ぎ〜。貫禄がついた分、もう少し絞ってね。ジミー・ウォングにお目にかかれてよかった〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/21 22:14
「外事警察 −その男に騙されるな−」
試写で観た。TVで連続ドラマとして放映されていたものの映画化。主演渡部篤郎、監督堀切岡健太郎。 邦画にしてはよくできている。テンポもよく、話も面白い。実際、まあこういうことが行われているのかというと、現実味がないのが実感。島国の日本人ならではなのだろうなあ・・・。 真木よう子ががんばっている。「密告・者」を観たあとでは感想もさらっとなる。 2時間ちょっとがあっという間に過ぎるのは確かである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/21 21:40
「ビースト・ストーカー」 (2008年原題:証人) & 「密告・者」 (2010年原題:綫人)
久々のブログです。何故か4ヶ月も書く気がおこりませんでした。ま、そんなもんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/20 23:08
「ロボジー」
試写で観た。新春初笑い!!いや〜笑った、笑った!!さすが矢口史靖監督(脚本も)。この「ロポット」と「じいさん」というありえそうでありえない組み合わせが絶妙。いよっ、ニュ−潮風!! ストーリーは、もちろん「じいさん」である五十嵐信次郎が「ロボット」に・・・・というストーリー展開になるのだが、最後にはそのロボット「ニュー潮風」が独り立ちする???のである。そう、独り立ち。<制御不能>で独り立ち。 いや〜もう是非是非、「ニュー潮風」に会って来て下さい。一発でファンになること間違いないです!! 出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/11 22:23
「ワイルド7」
試写で観た。原作望月三起也の「ワイルド7」。この漫画は大好きだったよ〜。今から30年前に読んだのだけど、ワクワクドキドキの連続で、「ダイ・ハード」と並ぶ私の中のアクションバイブルだよ〜。だから全然期待しなかった。 その通りで、これはアクション映画とは呼ばないぞっと。途中寝てしまったよ。エピソードに1つも真実味が感じられなかったし、みんなワイルドじゃないもの。あーあ、ヒバちゃんが泣くぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/05 22:39
「新少林寺/SHAOLIN」 
映画館で観た。久々に号泣した、アクション映画でだ。 2010年中国・香港製作。監督・製作はベニー・チャン、アクション監督はコーリー・ユン 、スタント・コーディネーター はニッキー・リー。出演はアンディ・ラウ、ニコラス・ツェ、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェンら。 この映画はよかったよ〜〜。「投名状」や「墨攻」のアンディ・ラウより、また「ラスト・ソルジャー」のジャッキー・チェン、また「孫文の義士団」のニコラスより、この映画の彼らは本物だったよ〜〜。ストーリーも正論真っ向勝負って感じでわかりや... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/12/03 23:58
「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
試写で観た。製作総指揮は阿部秀司、監督は蔵方政俊、出演は三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子、塚本高史、岩松了、徳井優、中川礼二、仁科亜季子、清水ミチコ、立川志の輔、米倉斉加年(久々に見た〜)、西村雅彦といった豪華な俳優陣。 昨年「RAILWAYS 49歳で電車運転士になった男の話」が公開され、そのシリーズ?の第2弾。富山の自然と2両の列車がとても美しかった。四季折々の風景が日本人でよかったと思わせ、最後はちょっとロマンティックだけどそれがちょうどいい。夫三浦友和のガンコで融通の利... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/30 23:04
「三銃士  王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 」
映画館で観た。原作アレクサンドル・デュマ、監督はポール・W・S・アンダーソン、衣装(デザイン)ピエール=イヴ・ゲロー。ダルタニアンをローガン・ラーマン、バッキンガム公爵はオーランド・ブルーム、ミレディはミラ・ジョヴォヴィッチ、リシュリュー枢機卿をクリストフ・ヴァルツ、ポルトスはレイ・スティーヴンソン、アトスはマシュー・マクファディンとまあ配役は豪華で、アクションやCGもそれなりで楽しめたんだけど、まあストーリーが単純なだけにチャンチャンで終わってしまった。ハラハラドキドキがなくてつまらなかった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/06 21:42
「アクシデント」 原題:意外
映画館で観た。2009年香港。監督ソイ・チェン、製作ジョニー・トー、出演はルイス・クー(The Brain)、リッチー・レン (Chan Fong-chow)、ラム・シュー(Fatty)、ミシェル・イエ(Woman)、フォン・ツイファン等。 うーーん、結構期待して見たのだが、前半のハラハラから一変して、後半はルイス・クーの心理描写一色となる。なのでちょっと期待外れだったかなあ・・・・。サスペンスとしてはまあまあだったが・・・。 ルイス・クーのための演技やシーン毎のカメラワークはよかったと思う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/06 21:11
「アントキノイノチ」  〜第64回新聞週間記念の集い・名古屋地区〜
 今年の新聞週間記念の集い(名古屋地区)は、「名古屋の豊かさ〜文化的、歴史的に」と題して小説家で愛知出身の清水義範氏が講演を行いました。関東と関西の中間で独自の文化が栄えているのは、川と肥沃な平野のおかげということを仰っていました。「たわけ」という言葉は、「ばか」と「あほ」の中間というのもおもしろかったです。 講演と映画の空き時間に、会場に入る際渡された新聞配達に関するエッセーコンテスト入選作品集(第18回)「ふれあいの詩」という小冊子を読みました。短いけれどとても温まる文がたくさん載っていて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/23 18:00
「レイン・オブ・アサシン」 原題:剣雨
映画館でちょっと前に観た。2010年製作中国・香港・台湾。制作ジョン・ウー、監督ジョン・ウー&スー・チャオピン、出演ミシェル・ヨー、チョン・ウソン、ワン・シュエチー、バービー・スー等。ミシェル姉御が出るし、監督はジョン・ウーもするし、チョン・ウソンと聞けば、期待はこれほどまでってぐらいに膨れ上がるのは必須。それにワイヤーアクションだし、期待しない方が無理ってやつ。 でもって、感想はというと、うーーん、正直言ってがっかり。ストーリーにも一応ひねりがあるが、バレタときの驚きもあまりなく、いちばん見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/17 23:13
「人生、ここにあり!」 原題: Si Puo Fare!(やればできるさ!)
映画館で観た。2008年イタリア映画。監督ジュリオ・マンフレドニア、出演はクラウディオ・ビジオ、アニータ・カプリオーリ、アンドレア・ボスカ、ジョバンニ・カルカーニョ、ミケーレ・デ・ビルジリオ、カルロ・ジュセッペ・ガバルディーニ等。 バザリア法(1978年イタリアで公布された世界初の精神科病棟廃絶法の通称)で精神病棟の撤廃が進められていた1980年代のイタリア・ミラノが舞台。実話を映画化したコメディドラマ。 熱血だけのネッロは他の労働組合からお払い箱になり、精神病院から追い出された元精神病患者... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/09/17 22:46
「神様のカルテ」
試写で観た。原作夏川草介、監督深川栄洋、出演櫻井翔、宮崎あおい、柄本明、要潤、吉瀬美智子、加賀まりこ、池脇千鶴、原田泰造、西岡徳馬等。 あまり期待しないで観たが、その通りだった。脇役陣がすごくて(どの方も主役級だもんね〜)ピシッと決めていただいたからね〜。ま、これからがんばってねていうところかな・・・・。途中寝てしまい、最後のクライマックスでも、中途半端な泣き?!で泣けませんでした。なんかエピソードも散乱していたような気がした。もっとテンポにメリハリがついていたらまだ観れたかもしれない・・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/18 23:04
「シャンハイ」 原題 SHANGHAI
試写で観た。うーーん、ちょっとイマイチでした。「シャンハイ」というより「パールハーバー」の方が・・・・。 久々にチョウ・ユンファを観たかったので見に行ったのだが、あの不敵なほほ笑みが変わらずだったのが救い。コン・リーは相変わらず美しい!怖いぐらいだ。ひぇっと。あとは、ジョン・キューザック、渡辺謙、デヴィッド・モース等、監督はミカエル・ハフストローム。やっぱりアメリカ映画だなと。シャンハイは<上海>でないとね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 22:37
「海洋天堂 OceanHeaven」
映画館(名古屋の名演小劇場)で観た。主演はジェット・リー、監督シュエ・シャオルー、脚本シュエ・シャオルー、製作ビル・コン、ハオ・リー、マー・フェァフォン、他の出演者はウェン・ジャン、グイ・ルンメイ、ジュー・ユアンユアン、カオ・ユアンユアン、ドン・ヨン、音楽久石譲、撮影クリストファー・ドイルというスタッフもそうそうたる顔ぶれ。 やっと観ることが出来た。「アクション俳優のジェット・リーがアクション抜きで演技!」というキャッチコピーがついてしまう李連杰は損だなあとつくづく思う。李連杰の裁縫や料理を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/08/15 22:05
「ビューティフル BIUTIFUL 」
試写で観た。監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、出演はハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥアルド・フェルナンデス等。さすがハビエル・バルデムである。スペインの大都会の片隅でひたすら生きる男を演じさせたら彼の右にでるものはいない。欧州の大都会でも貧困や格差ははびこっている。再認識した。 人間の「生きる」ってなんだろう・・・・。ほんとしみじみ考えるよ。「127時間」もそうだったんだけど「生きる」ことが永遠に続くわけではないから生きるんだろうな。でもその生きる糧は子どもだったり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2011/07/04 20:01
「孫文の義士団」
映画館で観た。いや〜久々にアクション映画を観たぞという感じ!!これぞワイヤーアクションってか。 ドニー・イエン、頑張っていますね。(「処刑剣」も観たかったんですが、こちらを優先しました。) ニコラス・ツェも大人になって・・・・。むむ、サイモン・ヤムはほんとに友情主演って感じです。 私も勉強不足だからはさておき、歴史のひとコマに名もない人たちが大義のために命を落として行くって話なんだけど・・・。当時の中国の街並のセットが大変素晴らしい!!何年もかかったということだが、その甲斐あって、街中での... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/07/03 22:56
「マイティ・ソー」
試写で観た。久々の試写で少しばかり期待しつつも、でもまた神様が主人公かと思いながら観た。 アメコミが原作、監督はケネス・ブラナー、 出演は クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス、トム・ヒドルストン、ジェイミー・アレクサンダー、イドリス・エルバ、浅野忠信、レネ・ルッソ等。 うーーん、まあまあだった。北欧神話の話が出てくるので、また読んでみたいと思った。ストーリー的には主人公の精神的成長が(神も成長しなくてはね・・なのね)描かれているのだが、そこらへんの青春物にド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/27 00:00
「星守る犬」
ひぇ〜だいぶ映画からご無沙汰してしまった。5月は「GANTZ PERFECT ANSWER」を見ただけだった。 1作目がよかっただけに、どんな結末かなと期待していったが、まあアクションは邦画にしては派手にやってくれてよかったけど、結末がうーーーんまあそんなところかというところでした。実際コミックは続いているんだし、映画では限りがあるので、アクションシーンを楽しめばよいかなと。それももう1ヶ月前の話だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/19 23:06
「八日目の蝉」
ちょと前に試写で観た。原作角田光代、監督成島出、出演井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司等。昨年NHKドラマでも制作され放映されたそうだ。 うーーん、思っていたより見れたかな・・・・。原作は例によって読んでない。誘拐した女から離された子どもが、成人してからあることがきっかけで誘拐した女性に会いに行く話だけど、最後にその女性(永作博美)に会ってどんな感じになるのか知りたかった。 最近、映画を見ると、映画が終わった後がとても気になる年頃になってしまった。想像つく場合と、そうでない場合... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/06 22:08
「ザ・ファイター」
試写で観た。監督はデヴィッド・O・ラッセル、出演はマーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオら。実話がもとのヒューマンドラマだ。アカデミー賞の助演男優賞と助演女優賞をW受賞。 うーーん、正直なところ、ボクシングに興味のない私にはふーーんで終わってしまった。(__;) 兄の出世映画を撮影と言う筋立てで始まる。クライマックスの試合のシーンは見ごたえがあるが、弟に感情移入出来ず、終わってしまいました。ごめんなさい〜感動出来なくて〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/03/28 22:06
「ニュースメーカーズ」 原題 GORYACHIE NOVOSTI
DVDで観た。劇場未公開。2009年ロシア・スウェーデン製作。監督はアンダシュ・バンケ、出演アンドレイ・メルズリキン、エフゲニー・ツィガノフ、マリア・マシュコヴァ、セルゲイ・ガルマッシュ、マクシム・コノヴァロフら。 いや〜おもしろかったよ。それもそのはず。調べたらなんと、ジョニー・トー監督の「ブレイキング・ニュース」のリメイク版だと言うではないか。全然気がつかなかった・・・。でもおもしろかったからいいや。「ブレイキング・ニュース」自体は私にはそれほどでもなかったのかな?・・・・。ケリー・チャン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/16 21:44
「クロス・ファイヤー」
DVDで観た。2008年仏製作。監督クロード・ミシェル・ローム、出演リチャード・ベリー、パスカル・エルベ、ザブー・ブライトマン、ベルナール・ブランカン、ムサ・マースクリ、オーラ・アッティカら。 これが以外にもよかった、おもしろかった。DVDを手に取った時の少しばかりの期待が、見始めてすぐその期待が間違ってないことを知った。テンポもよく、「スズメバチ」や「要塞警察」を思わせるクライマックスの銃撃戦など、よだれものだった。ストーリーもギャング対警察という図柄だけでなく、1人の警察官の葛藤とその周囲... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/14 22:00
「唐山大地震 〜想い続けた32年〜」
先週始めに試写で観た。その4日後、東日本大地震が起きた。 去年、韓国映画「TSUNAMI」や「2012」を観た。でも3月11日の地震は現実だった。現実ほど厳しくむごいものはない。 「唐山大地震」は1976年に実際にあった中国大地震を描いたヒューマンドラマだったが、今の日本のこの現実の前に映像はかすれた。ただ、人々の記憶や感情はしっかり残っていて現在とダブる。と言っても想像の域だが。 東北地方太平洋沖地震と銘打ったそれは、津波が残した爪あとがむごい。死者は数万人にのぼるかもしれないとのこと。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/14 21:38
「MAD探偵 7人の容疑者」 (原題:神探 Mad Detective)
シネマスコーレ(名古屋)で観た。2007年・香港製作。もちろん監督はジョニー・トー、ワイ・カーファイ。主演はもちろんラウ・チンワン。他にラム・シュ,アンディ・オン、ラム・カートン、ケリーリンら。なにをかくそう、実はDVDの香港版が出てすぐ通販で購入してそのまま・・・・・眠っていた。銀幕で観れるとは思わなかったのでラッキー!! 久々のラウチン・ワン、変わってないね〜。ラウチン・ワンと言えば私の中では、もちろんジェット・リーとの共演「ブラック・マスク」。ジェット・リーの映画の中でも香港時代の名作(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/24 22:34
「漫才ギャング」
試写で観た。いや〜笑った、笑った、ひたすらおもしろかった、題名の如く。ベタなオチやネタ満載だけど、無条件で笑えた。 品川ヒロシ監督の第2作目。残念ながら1作目は観ていない。出演佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、織部裕二、宮川大輔、秋山竜次、新井浩文ら。映像とかストーリーもベタでまだまだだけど、映画に対する熱意はハンパない!っていうのが感じられた。上地雄輔が以外にもいい。佐藤隆太は少し固いかなあ・・・・。でも何も考えず、ひたすら笑えるのはいい!!これを観て花粉症なんか吹き飛ばしてしまえ!!ってか。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/18 22:54
「ジーン・ワルツ」
ちょっと前に試写で観た。原作海堂尊、監督大谷健太郎、主演菅野美穂、出演田辺誠一、南果歩、風吹ジュン、朝丘ルリ子、濱田マリ等脇役も豪華。体外受精の医療ドラマの話。 うーーん、出産シーンとかもあり、結構感動モノなのかなとは思ってみていたのだが、菅野美穂演じる女医の真意がイマイチ伝わって来なかった。あれ?それほどまでにして生みたかった男性の子どもって?。そこの感情の部分が伝わって来なかった。 この映画を観て、女性が産む選択を考える題材にはなると思う。日本の出生率は下がり、人口もいよいよ下降線をたど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/10 23:09
「ヒア アフター」 (少々ネタバレ有)
試写で観た。クリント・イーストウッド監督、主演マット・デイモン、他にセシル・ドゥ・フランスら。 クリント・イーストウッド監督にしては珍しい題材を撮ったが、うーーん、微妙・・・・・。 ストーリーは、臨死体験をめぐり真実を知りたい女性と、交通事故で亡くした兄にもう一度だけ会いたと願う弟と、死者が見え死者の声が聞こえる主人公(マット・デイモン)との絡みだ。臨死体験の本に沿った死後のイメージらしい世界が描かれている。それが事実か本当かどうかはさておき、彼と彼女が行き交い、彼が見えるという死後の世界を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/10 22:53
「ザ・タウン」 THE TOWN
試写で観た。監督・脚本・主演ベン・アフレック、他に出演はレベッカ・ホール、ジョン・ハム、ジェレミー・レナー、ブレイク・ライブリーら。クライムアクションムービーだ。 うーーん、「山椒は小粒でピリリと辛い」っていう言葉が浮かんだアクション映画だ。よくあるギャングの物語かとおもいきや、結構しっかりとした土台で展開も早い。カーチェイスがリアルでよい。 この映画のベン・アフレックはいい。ただ、ラストがちょっと納得いかなかったかな・・・・。もう少し助けられなかったかなとも思う。ギャング映画だが、観たあと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/28 21:54
「GANTZ」 PART1
試写で観た。おもしろかったよ〜!原作は「GANTZ」というコミック、例によって読んでいないが着眼点はおもしろいと思った。「デスノート」や「死神の精度」より私にはおもしろかった。 出演二宮和也、松山ケンイチ(ちょっとふっくらした?)、伊藤歩、吉高由里子、田口トモロヲら。監督佐藤信介。 舞台が夜中心なので画像が暗いが、その反面グロさが減少されて観やすい。 千手観音おもしろかった!!あれ欲しいと思ってしまった。アニメより実写にした効果かな。 PART2で終わるのか続くのか?原作を読んでみたいと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/01/22 10:09
「トロン レガシー」
映画館で観た。スゴイ3Dという触れ込みだったが、うーーん、思ったより3Dシーンが少なく、あれっと思うまもなく話は進み、迫力を感じないまま終わってしまった。 結局、トロンとクルーの関係とフリンは何をしたかったのかイマイチわからず、<完全な世界>を造りたかっただけのコンピューター世界なんて、なんてちっぽけな世界なのだろうか!!ラストのきっとクオラが見ていた朝日を画面に写し出せば、現実の世界を変えようなんて思わないだろうに・・・・。 本編は28年前の「トロン」(見てないが)の続編だという。監督は本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 21:55
「シュレック フォーエバー」 (吹替え版)
試写で見た。ドリームワークスアニメのドル箱の1つ。シリーズ@〜BでCの今回が最後とのこと。 いつもどおり吹替え版だ。 浜ちゃんのシュレックを最初聞いたときは、なんだ〜こいつ〜と思ったけれどすぐ慣れた。 逆に紀香のフィオナがどうしても紀香のイメージが強くて難儀した。もうすっかり慣れたけど。 山寺さんのドンキーはいいね〜。元気が出る。長靴をはいたネコが竹中さんとは最初恐れ入ったよ。でもドンキーに次いでぴったりだったかも。 何といっても今回の悪役ランプルスティルスキンの劇団ひとり。思う存分暴... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/10 22:50
「バーレスク」
試写で見た。クリスティーナ・アギレラとシェールの2大歌姫が送るエンタテイメント映画だ。 初めてアギレラを知ったのだが、とても迫力があり魅力的!!舞台の上で歌い踊る姿はプロそのもの!! セクシーを通り越して雄々しい!!本物を映画のシーンで見てみたいと思った。 ストーリーはまあありがちなものだけど、そんなものはアギレラの前には屁みたいなもの。彼女が歌い踊れば何もいらないのさ、なんてね。クリスマスプレゼントに最適な1本ですぅ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/09 23:11
「最後の忠臣蔵」 (少々ネタバレ有)
試写で観た。ほんと感動した、の一言。で最後は号泣。時代劇でこれほど泣いたのは初めてかも。前の席のお爺さんも後のお姐さんも号泣していた。(隣には誰もいなかったのであしからず) 監督杉田成道、原作池宮彰一郎、脚本田中陽造、出演役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、笈田ヨシ、山本耕史、伊武雅刀、片岡仁左衛門等。 桜庭ななみの白無垢姿が本当に美しい。きりりとした美しさ。是非その姿をスクリーンで見て下さい!! 話の合間に差し込まれる人形浄瑠璃もよい。久々に日本の芸を垣間見たようだ。 話自体はど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2010/12/07 10:53
「ラスト・ソルジャー」 原題 大兵小将 (少々ネタバレ有)
今週中頃映画館で観た。ジャッキー・チェン(成龍)原案・製作・主演のアクション映画。監督はディン・シェン、他にワン・リーホン、ユ・スンジュン、ドゥ・ユーミン、リン・ポンが出演。 ストーリーはジャッキーが長年温めて来たストーリーだという。ラストはどうなるのかと思ってみていたら、うーん、やはり死ぬのね。思わず連杰の「英雄(ヒーロー)」を思い出していた。意味合いはだいぶ違うが・・・。主人公が亡くなる映画は大概ヒットするのよね。男気が涙をそそるのね〜。この映画では泣かなかったのだけれどそこそこジーンとき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/26 22:43
「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」の活動について
李連杰のこの映画が現時点では公開されないということが事実になっているとは信じ難い。 李連杰(ジェット・リー・Jetli)主演の『海洋天堂』は、自閉症の息子とその父親との情愛を描いた映画で、ノンアクションだ。中国・香港では既に公開され、50万人以上の人が観ているそうだ。 主題歌はジェイ・チョウの『説了再見』、音楽は久石譲、撮影はクリストファー・ドイルが担当、脚本・監督 シュエ・シャオルー(初監督作品らしい)。 是が非でも日本でも公開されるよう賛同の気持ちがある方は、メッセージの御協力を下記ブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 23:20
「信さん 炭坑町のセレナーデ」
先週試写で観た。監督平山秀幸、出演小雪、池松壮亮、石田卓也、大竹しのぶ等。 ストーリー的にはハートウォーミングと言いたいところだが、なぜか感動しなかった。 うーーん、みんなチグハグだったような気がした。というか小雪さんの母親役がミスキャストだったかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:11
「天使の眼、野獣の街」 原題:跟蹤、英題:アイ・イン・ザ・スカイ
DVDで観た。いやぁよかったよ〜、面白かった。今までとは一味違う香港映画、ポリスクライム映画だ。 製作ジョニー・トー、監督ヤウ・ナイホイ(ジョニー・トー組の脚本家)、出演サイモン・ヤム、レオン・カーファイ(久々に観た)、ラム・シュ、新人のケイト・ツイ等。(2007年香港) 警察の「監視班」が犯人を追いつめるストーリーが珠玉だ、香港映画らしくって。犬頭の小話がいい。頚動脈を切られた時の小話。いつもならここで激しい銃撃戦だが、追いつめる天の眼が鋭く犯人を見ている。群衆の傘と雨の様子が子豚ちゃんの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:05
「死刑台のエレベーター」 (2010年・1958年)
先週末、映画館で観た。かの有名なモノクロ映画のリメイク版。吉瀬美智子、阿部寛主演、他に玉山鉄二、北川景子、平泉成、津川雅彦、柄本明等。原作は見ていない。 評価がかなり分かれていて、あまり乗り気ではなく、つれに誘われて見に行ったのだが、寝ることもなく見れた。 ストーリー的にはうーーんというところもあったが、そこのところは俳優陣に助けられたというところか。 玉山鉄二扮する警官はもっと狂ってもよかったかも。吉瀬と阿部のからみがないのと吉瀬の悪女性??が全然出ていなかったのが、つまらなかった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/25 22:11
「小さな村の小さなダンサー」
映画館で観た。2009年オーストラリア製作。実話に基づいた話。中国山東省の山間の村の貧しい家の六番目の男の子(リー・ツンシン)が、ひょんな事から北京舞踏学院へ行き、そこでもひょんな事からアメリカに留学になる。アメリカ留学したところ本物のバレエに目覚め、バレエを続けるには亡命という手段になってしまい、そんな中でも一流のバレエダンサーになり、最後は無事故郷に凱旋するという話だ。毛沢東の文化政策から、毛沢東の死を経て改革解放へという大きな波とともに、主人公の人生が変わっていく様が凄い。運命とはかくある... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/07 22:39
「ペルシャ猫を誰も知らない」
映画館で見た。監督は、「酔っぱらった馬の時間」「亀も空を飛ぶ」のバフマン・ゴバディ監督(この映画は2009年イラン製作)。第62回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で特別賞を受賞。「亀も空を飛ぶ」(←これは必見!)を観てかなり衝撃を受けたので、是非この映画も見ようと。 2週間ちょっとの期間で無許可のゲリラ撮影をし、現在のイランの音楽事情をドキュメンタリー調で見せている。 ロックやヒップホップありブルースありで音楽は聞いていてよかったが、映画自体はうーーん、監督も不満足である通り、消化不足という... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/06 22:30
「切腹」 原題 Harakiri
DVDで見た。この間「十三人の刺客」(1963年)を見たついでに借りて来た。1962年製作、監督小林正樹、出演仲代達矢、三國連太郎、石浜朗、岩下志麻等。これは今まで見てきた邦画の中でも三本指の中に入る映画だ。 イヤ〜凄かった。やっぱり仲代達矢は武士やね。三國連太郎との掛け合いは、緊張感しっぱなしで一時たりとも目が離せなかった。話は一言では言えないので割愛する。 彼は最後まで武士を貫き通すしかなかったんだろうね。それは男気なのだろうか・・・・??武士の体面なのか男気なのか私にはわからなかったが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/29 22:11
「ナイト&デイ」
試写で見た。トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演。監督はジェームズ・マンゴールド。 無難にまとめたアクション映画ですぅ。無難なデートにもってこいの1本です。 適度なアクションと適度なお色気、適度なサスペンスがあって、まあ飽きはしないですな。 というところです、ちゃんちゃん。ほかに言う事ないですぅ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/29 21:39
「エクスペンダブルズ」
試写で観た。シルベスター・スタローン監督・主役、他の出演者はジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、あと1シーンのためにアーノルド・シュワルツェネッガー。 うーーん、主役級が揃っている割にはまあこんなもんでしょうって言う感じです。もちろんアクションの出来栄えですが。大御所が多いのでスタントの方々ご苦労様ってなとこでしょう。敵が弱いし・・・・。 連杰の自虐ネタにはびっくり。おいおい大丈夫かとツッコミたくなりました。途中闘いの後でついたた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/26 17:27
「十三人の刺客」 1963年
DVDでさっそく見た。う〜ん、微妙というところかな・・・。片岡千恵蔵が私にはちょっと許せないかも。役とともに。 戦いのシーンは確かに迫力がある。2010年のCGより、肉弾戦といった感じで臨場感たっぷり見せている。時間の長さは気にならないが、あっけなく死んでいくのにおいおいと突っ込みたくなる。へっぴり腰での戦い方は人を殺したことのない武士を表しているのだろうか、結構リアル。こちら(1963年)の半兵衛には頭脳では軍配があがるかも。宿場の奥深くへ誘って殺すのは2010年のと若干違う。死んでいく順番... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/20 00:34
「十三人の刺客」 2010年
試写で観た。監督三池崇史、出演は超豪華俳優陣。この作品はリメイク、1963年の工藤栄一監督、主演片岡千恵蔵の「十三人の刺客」のだ。観ていない。是非観たい。この作品とは全く別のモノなのだろうな、きっと。 確かにテンポもよく観ていて飽きない。が見所のラストクライマックスの闘いは長すぎ。長いワンカットもあってよかっただろうに。金属音も耳につき興ざめ寸前。暴君の狂気もまだまだ足りない。もっと凄みが欲しい。 もう日本の役者で髷が似合う役者はいないかもしれないなあ・・・・・。李連杰の辮髪しかり。 ロケ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/18 22:31
「ワイルドバンチ」
映画館で観た。我が敬愛するサム・ペキンパー監督の作品(1969年)だ。TOHOシネマズが<午前十時の映画祭>と名を打って何度観てもすごい50本を今年の2月からかけている。全部観れればよいのだがなかなかそうはいかない。その中でこれは是非観ておかなければという1本がこの「ワイルドバンチ」だ。彼の西部劇に対する想いがすべて入っているからだ。 ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、エドモンド・オブライエン、ウォーレン・オーツ 等、何度観ても格好よい。男はこうでなくてはっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/18 21:01
「TSUNAMI  ツナミ」
久々に映画を観た。試写だったが。韓国のパニック映画だ(2009年)。監督はユン・ジェギュン、出演はソル・ギョング、ハ・ジウォン、パク・ジュンフン、オム・ジョンファ、イ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォンら。 CGのプロデューサーにハリウッドの巨匠を迎え、津波の検証には日本の大学教授にまで及んだという。 パニック映画というとハリウッドのイメージが強いが、この映画は津波の恐ろしさはもちろん、人間のありのままの姿を描いていて共感が持てた。CGとリアルなシーンとがちょどよく相まって、津波の恐ろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/16 19:28
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 (少々ネタバレあり)
試写で観た。製作リドリー&トニー・スコット兄弟、監督ジョー・カーナハン、出演はリーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー、クイントン・”ランペイジ”・ジャクソン、シャルト・コブリー等。 久々、超どハデなアクション映画、まさに痛快といってよいスカッとする映画だった。 80年代に人気があったTVドラマの映画版。ストーリーもそれなりにトラップがあり、テンポも速くて楽しめる。 いちばんの醍醐味はこれでもかってぐらい爆発が起きる。久々にみたかも。 確かにビルの壁のシーンはうならせる。 ハンニバル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/06 23:12
「アドレナリン/ハイ・ボルテージ 」 原題: Crank 2: High Voltage 2009
BR(ブルーレイ)で見た。 実はその日、ばね指の腱鞘切開術をした。部分麻酔で20分足らずの手術だったにもかかわらず、手術着を着て手術台の上に寝て、あのライトを浴びなら手術は行われたのだった。先生に手術は「みたいもの怖さ」と言ったら、「怖いものみたさ」でしょうと突っ込まれた。しんちゃんのように「そうともいう」と言ってしまった私は全身麻酔だったらどんなによかっただろうと思ってしまった。30分もすると麻酔が切れてきてズキズキドキドキ、痛いのなんのって。それで痛みを紛らわすために「アドレナリン2」を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/05 18:26
「トイ・ストーリー3」
映画館で観た。トイ・ストーリーシリーズの3作目、いや〜、泣きましたよ。 これは子どもより大人が泣くでしょ。あ、でも私の涙腺はちょっと違うから、あてにならないかも。「紅の豚」や「ミラクル7号」で泣いた人だから・・・・ね。へたなお涙頂戴映画は泣けないけど、アニメは別。感情の盛り上がりの持って行き方が王道なのでついつい涙腺がゆるんでいってしまう。子どもすら泣いていない映画で泣いてしまう。 大掛かりな脱走劇もあって下手なアクション映画より盛り上がるし・・・。 是非吹替えで見てね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/15 16:59
「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」 原題:Vengeance 復仇
映画館で観た。久々のジョニー・トー監督。出演はアンソニー・ウォン、サイモン・ヤム、ラム・シュ、フランスのジョニー・アリディ等。言わずと知れたハードボイルド。 今回はアクションバリバリかなって見ていたら、あれ、仏語に英語。アンソニーが英語しゃべってるって思っていたら、広東語はちょっとだけ。悲しいかな。それに銃もちょびっとだけ。いや、あったことはあったんですがね、あれはガンアクションとはいえないですね。唯一クワイのいとこの家が香港らしかっただけです。がくっ。 この復讐は、えっ実はボスが仇なのって... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/07/02 18:36
「必死剣鳥刺し」
試写で観た。原作藤沢周平、監督平山秀幸、出演豊川悦司、岸部一徳、小日向文世、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ等。いつものように原作は読んでいない。けれど、時代劇好きにはたまならい一本だと思う。 よかったです〜。豊川悦司がここまで侍をやれるとは思わなかった。色々評価はあるようですが、死に場所を決めていた男にとって、あの最後の鳥刺しは自分の意地ではなかったのでしょうか。本当は何故あの時妾を殺したか、自分でもわからなかったのかもしれませんが、きっとあの時でなければいけなかったのでしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/07/02 18:12
「春との旅」
映画館で観た。脚本・監督は小林政広監督、出演は仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、田中裕子、淡島千影、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之。 本当によかった!!です。最後は号泣でした。仲代達矢氏の目力はすごい。本当に釘付けでした。老人の役なのに私には武将の目に思えて仕方なかった。黒いウールのコートもよれよれのはずなのに、彼が羽織ると粋になってしまうんだな、これがまた。柄本明のジャージ姿もある意味、粋だが・・・。 人間の尊厳と絆は、死ぬとき死に近づいて行くときにこそ必要なのではないか。この映... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/06/11 23:20
「FLOWERS (フラワーズ) 」
試写で観た。監督小泉徳宏、出演蒼井優、鈴木京香、竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵、広末涼子、大沢たかお、井ノ原快彦、河本準一、平田満ら。 まあ、豪華な女優陣を堪能して下さいって言うしかないかな・・・・・。 ストーリーは、3世代にわたり、女の幸せって何という普遍的なテーマをブチッブチッて切って見せた映画。 蒼井優の花嫁姿(綿帽子)がいちばん可愛かったかな・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 21:41
「告白」
試写で観た。原作は2009年本屋大賞をとった本「告白」。脚本・監督は中島哲也、出演松たか子、岡田将生、木村佳乃、オーディションで選ばれた37人の中学生達。この子ども達の演技がいい。特に犯人A、B、少女Aの3人が。 例によって原作は読んでいないが、脚本がいい。出だしもいい。ま、終わりの言葉は予想出来たが。 サスペンスヒューマンドラマ。テンポもよく、クライマックスまであっという間の出来事だったような気がする。<命>という言葉をふんだんに盛り込み、これでもかというぐらい子どもたちに見せつける。現代... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/28 23:45
「RAILWAYS(レイルウェイズ) 49歳で電車の運転士になった男の物語」
試写で観た。監督は錦織良成、出演中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪功、宮崎美子ら。こちらも「孤高のメス」同様芸達者な俳優たちの競演だ。なかなか今月の邦画はよいなあ。 日本の女は強いのはわかっているけど(高島姉御はさすが貫禄あります)、日本の男も捨てたものじゃないと思わせる映画でした。こちらも男のロマン系ヒューマンドラマというところかな。夢をもてない社会と言われ、20年30年後の日本社会を想像するだけでめまいがして来る今日この頃、久々に<夢を持って>とさらりと言う映画を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/14 23:14
「孤高のメス」
試写で観た。原作は大鐘稔彦著の同名小説。例によって原作は読んでいない。監督は成島 出、出演は堤真一、夏川結衣、吉沢悠、平田満、柄本明、松重豊、余貴美子、中越典子、生瀬勝久、成宮寛貴ら。 とても熱いヒューマンドラマだった。主人公当麻鉄彦は一本筋の通った男だ。静かなる中に強靭な意思を感じた。夏川演じる看護師ナミコからの視点で彼を語らせたのは、より感情移入が出来、彼の凄さも引き出せたのではないかと思う。手術もとてもリアリティがあり、瞬きせず食い入るように観てしまった。20年以上前の病院や社会の描写も... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2010/05/13 23:11
「第9地区」
映画館で観た。うーん、期待よりイマイチだった。結構エグかったし、突っ込みどころも多かった。 まあ本当にエイリアンは地球に来ていて、ひっそりと暮らしているかもしれないって方がいいなあ。隣人がエイリアンってやつ。 そこにある<エイリアン>っていうだけで地球人は恐れおののく訳だ。 解決出来ない理解できないことはすべて<エイリアン>のせいにされてしまう。ま、いいけど・・・・。 「エイリアンvsプレデター」の方が現実味を帯びているかも・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/03 10:43
「グッド・バッド・ウィアード」 原題 The Good, the Bad, the Weird
DVDで観た。いや〜おもしろかった!またまた映画館で観ればよかったと後悔しきり・・・・うーん。 ひたすら打ちまくって、走りまくって、笑いまくる実にエンターテイメントな映画だ。 2008年韓国。監督は「反則王」のキム・ジウン。主演はソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン。 「続・夕陽のガンマン」にインスパイアされて製作された韓国製ウェスタンだそうだ。 「続・夕陽のガンマン」は見ようと思ってまだ観ていない映画の1つだが、別にこの映画を知らなくても充分楽しめるし、これはこれでありであると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/30 00:34
「コネクテッド」 原題 CONNECTED
DVDで観た。2008年・香港。監督はベニー・チャン、出演はルイス・クー、バービー・スー、ニック・チョン、リウ・イエら。 もちろんバリバリのサスペンスアクション映画、でも残念ながらハリウッド映画「セルラー」のリメイクだ。 もちろんアクションは全編いたるところ、見ごたえ充分。特にカースタントは抜群、銃の使い方も私は好きだ〜。 もちろんハリウッドの上をいくこと間違いなしだ! いいなあ、香港アクション、観ると何故か血が騒ぐ・・・・・。あ〜ぁ、古きよき時代。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/27 23:27
「劇場版 TRICK(トリック) 霊能力者バトルロイヤル」
試写で観た。TVドラマ始まりからちょうど今年で10年を迎えるそうだ。監督は堤幸彦、出演仲間由紀恵、阿部寛、佐藤健、夏帆、生瀬勝久、野際陽子ら。舞台挨拶になんと堤幸彦監督がいらした。名古屋市千種区出身だそうだ。いや〜、突っ込んでばかりの監督に誰がボケをできよう・・・・。ある意味映画よりおもしろかったかも。 舞台はマンネリ村(さもありなん)で、例によってばかばかしい大掛かりなマジックが行われる。あまりの怠惰さに途中で寝てしまいました、すみません。以外にも、松平健が違和感なく霊能力者を演じていて拾い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/27 22:59
「シェルター」 SHELTER
試写で観た・出演ジュリアン・ムーア、ジョナサン・リス・マイヤーズ等。監督マンス・マーリンド、ビョルン・ステイン。 ちょと怖かったスリラー映画だ。神に信仰心があるのかないのかを問う映画のようだ。信仰心のないもの対悪魔かと思っていたら、違って<壺(シェルター)>の存在だった。壺の中の何モノかは人間の魂を永遠に狩り続けるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/27 08:54
「NINE」
試写で観た。あ〜ぁ、また眠ってしまった。やはりミュージカルだからか・・・。 主演ダニエル・デイ・ルイス、ペネロペ・クルス、ニコール・キッドマン、マリオン・コティヤール、ジュディ・デンチやソフィア・ローレン等そうそうたる女優陣。 でもつまらんかった。私には向かない映画だった。確かに画面はゴージャス、でもストーリーが・・・・・。 あーぁ、ダニエル・デイ・ルイスがもったいない。 唯一ダニエル・デイ・ルイスが乗っていたアルファ・ロメオ(たぶんジュリエッタ・スパイダーの類い)がよかった・・・。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/14 00:33
「牛の鈴音」
映画館で観た。2008年韓国製作、で公開されるや否や大現象を起こしたといわれた映画。農村のドキュメンタリーを撮っているうちに牛と老夫婦が主人公となってしまったという。 2ヶ月前のニュースで紹介されているのを見て、是非見ようと手ぐすねひいて待っていた。 うーーん、やはり映画のほとんどは淡々と過ぎて行く。老夫婦のおばあさんの方の物言いがすごい。彼女1人でおじいさんの気持ちや牛の気持ちを代弁しているようだ。つぶらな眼はいつもおじいさんをやさしく見守り、鳴き声はまるでおじいさんと会話しているようだっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/09 23:16
「シャーロック・ホームズ」
試写で観た。監督ガイ・リッチー、出演ロバート・ダイニー・Jr,ジュード・ロウ等。アクション映画。 うーーん、微妙、というのは不覚にも寝てしまったからだ。でも言いたい、これはホームズじゃないでしょ。 「ルパン」の映画もあるが私はあえてみない。小さい頃、必死で読んだシャーロック・ホームズとアルセーヌ・ルパンが・・・・くずれてしまう。もちろん私はルパンの大ファンだったのだが。ホームズではない誰かにすればいいのに。 ホームズである必要がない。きっとホームズファンは別物と見ているのだろうが、私にはち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/05 08:49
「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER
試写で観た。2008年米。監督はキャスリン・ビグロー、出演ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、デヴィッド・モース、ガイ・ピアース、アンソニー・マッキー等。戦争映画。でも、結構地味。と思えたのは緊張の中にも淡々とした 時間が流れていたせいか。期待してた割にはちょっといまいちだった。確かに爆弾処理班3人の感情も背景も、しっかり描かれていて見ごたえは充分だったけれど、こちら側からの視点であることに違いはない。 イラク戦争と聞くと私はいつも「亀も空を飛ぶ」を思い出してしまう。今の日本の平和と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/04 23:08
「ダブルバウンド」 原題 FOOLPROOF
DVDで観た。2003年カナダ。監督ウィリアム・フィリップス、出演ライアン・レイノルズ、クリスティン・ブース、デビッド・スーシェ等。アクションクライム映画。 パッケージにレンタルスタッフの一言が「あとあじすっきり」と書いてあったので借りてみた。 そのとおりだった。ストーリーは単純で、趣味で犯罪計画を立てている3人を、大物怪盗がおどしてもっとスケ−ルが大きい犯罪計画へと導く。ドアロックの解除とかエレベーターのシャフトを使うシーンはよくあるシーンだったが、最後の最後にどんでん返しがあって、とても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/04 22:33
「ルックアウト(見張り)」 THE LOOKOUT
DVDで観た。2007年米・監督脚本スコット・フランク、主演はジョセフ・ゴードン・レヴィット。クライムサスペンス映画だ。主人公は、自分の起こした交通事故で外傷性脳損傷となり、記憶が飛ぶ。その主人公が否応なしに犯罪に巻き込まれ、でも病気のため罪にはならず、めげずに病気と向かい合う勇気を少しずつ持っていくというストーリーだ。主人公を演じたジョセフ・ゴードン・レヴィットがいい。芯のある眼が美しい。難しい病の役を、繊細に演じている。拾いものだったな。このままの目力で雰囲気のある役者になっていって欲しいな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 23:28
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
試写で観た。監督クリス・コロンバス、出演ローガン・ラーマン、ショーン・ビーン、ビアース・ブロスナン、ユマ・サーマン等。これも同名の原作が元とのこと。 頼むで、ニューヨークの高名なビルがオリンポスの入り口だってさ・・・・・、あ〜ぁ。 私の中ではギリシャ神話はとても崇高な物語なのに・・・・。あ〜ぁ。ほんと頼むで。 主人公は新人さんかと思ったら、子役上がりらしい。どうせ続編が作られるんだろうけどさ。 実際問題、今のギリシャの財政はそれどころではない。神よ、いるならなんとかしてくれって、ほんと頼... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/20 00:01
「チェイサー」 THE CHASER
DVDで観た。昨年映画館で観そびれた。観とけばよかったとまた後悔しきり。 うーーん、凄かった!、の一言に尽きる。韓国のサスペンス映画は本当に迫力があるとしみじみ思う一本である。 他の作品をとってもしかり。香港のクライム映画とは一線を画す明らかな違いがある。香港のは香港でまた銃撃戦がよいのだがね。 この映画はナ・ホンジン監督の長編第一作目だという。いや〜注目を集めるはずだ。 主演はキム・ユンソクとハ・ジョンウ。初めて画面でお目にかかったが、キャスト的にもぴったり。 犯人と主人公の元刑事と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/12 20:14
「幼獣マメシバ」
DVDで観た。「マメシバ」というだけで何でも許せちゃう。主人公はマメシバ、で出演佐藤二朗、他笹野高史、藤田弓子等。TVドラマの映画化だが、ドラマは見ていない。 ストーリーはニートの芝二郎を自立させようと、両親が一芝居打ってマメシバ(子犬)を使いに出す。 あってないようなストーリーだが、マメシバの可愛さと二郎のニートが相まって、カワキモ独特の雰囲気で、何故かほのぼのとなる。いらんネタもあったが、マメシバ頼みですべて帳消しになる。 <動物はいいよなあ>という登場人物のセリフそのまま、現代人には... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/11 22:29
「葦牙(あしかび)」 こどもが拓く未来
映画館で観た。小池征人監督のみちのくのある児童養護施設の記録映画である。 岩手県盛岡にある児童養護施設「みちのくみどり学園」での児童たちの生活を通して、いのちの尊さ、教え育てるという教育の原点を映している。先日、「闇の子供たち」というDVDを観て落ち込んだだけに、この映画は生命の大切さ、息吹を力強く感じる。<いのちってやぱっりいいもんだ!!!>「闇の子供たち」は原作も読んだが、原作の方が描写がもっと具体的で、想像しただけでおぞましい気分になってしまった。ハイチの子どもたちのドキュメンタリーもT... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/11 21:59
「バレンタインデー」
試写で観た。監督はゲイリー・マーシャル、出演アン・ハサウェイ、シャーリー・マクレーン、ジュリア・ロバーツ、ジェシカ・アルバ、ジェイミー・フォックス、キャシー・ベイツ(←久々に見たかも)等。 俳優・女優陣はすっごい豪華!!ストーリーはどうってことないが、ま、お正月のおせち料理のような映画かな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/10 22:43
「アバター」 (原題「AVATAR」)
やっと映画館で3Dで見た。脚本・監督ジェームズ・キャメロン。出演はシガーニー・ウィーバー、サム・ワーシントン等。 噂に違わず、よかった!感動した!もちろん映像美や映像美術に対してもだが、ストーリーにもだ。勧善懲悪のストーリー展開だが、自然と生の絆や繫がりを大上段に構えず、美しい映像に載せて語りかけてくれる。 つれも珍しく感動していて、「もののけ姫」や「風の谷のナウシカ」を足して割ったような話だなと言っていた。 それらの影響は無論あるだろう。また、彼の得意分野であるアクション... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/31 22:48
「インビクタス/負けざる者たち」
試写で見た。ネルソン・マンデラの実話を元に、クリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマン主演と来た日にゃ見ないわけにはいかない。 クリント・イーストウッド監督は映画を知り尽くしているので、クライマックスへ感動の波をもっていく行き方が上手い。 ラグビーをあまりよく知らないので、試合の醍醐味が半減してしまい、クライマックスへの波にちょっと乗り遅れてしまったが、あの大観衆の鼓舞はすごいものだった。マンデラは国を1つにしたかった。それにラグビーを使ったわけなのだが、あの大歓声が成功の証拠だ。こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/28 23:02
「おとうと」
試写で見た。監督は山田洋次、出演は吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮、加藤治子等。 弟役の鶴瓶はまさにこの役にぴったり。吉永小百合の姉はきちんとしすぎ。倍賞美津子がちょうどよい。 小春(蒼井優)もしっかりしているようで全然甘えているし、なんで結婚する前にもっとリサーチしないのと突っ込みたくなった。商店街が見えないから、薬局がリアルじゃないし、加瀬亮の大工はかっこよすぎ。 だからこの映画は鶴瓶の映画だと思った。ま、お腹を抱えて笑える一本だからいいか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/21 22:56
「ゴールデンスランバー」(ネタバレあり)
試写で観た。原作は伊坂幸太郎の同名著書。監督は中村義洋、主演は堺雅人、出演竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、永島敏行、香川照之、柄本明、濱田岳等。そうそうたる顔ぶれだ。例によって原作は読んでいない。 が、結構おもしろかった。アクションものかと思いきや、結構笑えた。サスペンスと思いきや、結構先が読めた。 「無実の男、首相暗殺犯に断定」「誰が彼を救えるのか。」というキャッチコピーそのまま、話は進んでいく。 邦画にしてはテンポもよく、主人公の過去(学生時代)も織り交ぜ、みせるエンターテイメントに仕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/21 19:41
「彼岸島」
先週、試写で観た。原作はコミック。例によって読んでいない。監督はキム・テギュン(「火山高」はおもしろかった)、出演は石黒英雄、渡辺大、水川あさみ、山本耕史等。 スプラッタ映画だ。うーーん、かと言ってそんなにエグイかと言えばそうでもない。エグさは加減されたのかなと思うぐらい。話の展開がいいところで、時間が戻ってしまったりする。 主人公の成長とともに吸血鬼を退治するというストーリーだが、主人公が成長する場面がもう少し欲しい。きれいごとを言っている駄々っ子が、突然強くなる(これも中途半端だが)が、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 00:41
「殺人の追憶」 「母なる証明」
2週間ちょっと前に映画館で「母なる証明」を見る前に、ボン・ジュノ監督の「殺人の追憶」(2003年)を観て予習しよう(何の予習だ?自分でも解らんが?)と思ってDVDを借りて観た。 これがまた、おもしろかった。うーーん、私的には「母なる証明」よりこちらの方が断然おもしろかった。「ほえる犬は噛まない」(2000年)もおもしろかったが、スリルでは断然こちらの方だ。 韓国の未可決事件(実話)を元に描かれたサスペンスアクション映画だ。いや〜、ソン・ガンホを始め、出演者の見事なこと。あっという間の2時間だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/27 12:12
「ジュリー&ジュリア」
映画館で観た。2つの実話を元に、2人の女性の人生を料理を通じて描いた映画だ。出演は、メリル・ストリープ、エイミー・アダムス。監督はノーラ・エフロン。 もっと料理を作るシーンや食べるシーンがあるかと思いきや、うーーん、期待はずれ。もっと料理の美味しさが伝わってくるかと思いきや、うーーん、期待はずれ。映画にそんなことを期待する私が間違っている??この映画はそんな映画じゃないんだし・・・・。 相変わらず、メリル・ストリープは上手い。料理好きの米婦人をたっぷりとした体重で見事に演じている。 でも食... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/27 11:44
「スイッチバック」
DVDで観た。1997年アメリカ映画。「リーサル・ウエポン」シリーズのダニー・グローバーと「バンテージ・ポイント」のデニス・クエイドが主演のサスペンス映画。監督は「ダイ・ハード」「逃亡者」の脚本家であるジェブ・スチュアート。他にジャレッド・レトが出演。 いや〜久々に本格的サスペンスを見た。さすが伏線もしっかりしていたし、1人1人の感情描写もよかった。 途中から雪の山脈へ舞台が移るので、ハラハラも寒さも倍増。猟奇的殺人の理由が快楽だけとはちと弱いが・・・。 でも謎解きもしっかり出来たし、犯人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/07 19:30
「2012」
試写で観た。ローランド・エメリッヒ監督の超大作、最高のディザスタームービーがお目見え。 2時間半ちょっとの長さを感じさせない、息もつかせないスケールの大きさはさすがだと思う。 現在の映像技術があってこその映画だと思うが、ヒューマンドラマもちゃんと盛り込んでいて、その人間像は我々の等身大であり共感出来た。映画館でもっときちんと観たいと思う。 「2012」は、近い将来現実に起こりうることかもしれない。でもそんなことを考えながら、日々生活は出来ない。 そのときになってみなければ・・・・・という... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/16 22:53
「マン・オン・ワイヤー」
久々に映画館で映画を観た。ちょっと気になっていたドキュメンタリー映画だ。2008年アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー賞を受賞した。ふだんドキュメンタリーは好んで観ないが、この映画は綱渡り=高い所つながりでなぜか触手が動いた。 映像・ストーリーの中心は、1974年、NYのワールドトレードセンターでの綱渡り。渡ったのはフランス人の若き大道芸人フィリップ・プティ。当時確かにニュースになっていたようだが、私の記憶の端にはやっとひかっかっているかいないかの事柄だった。現在のプティのインタビューをはさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/07 10:14
「REC/レック」「ワン・ミス・コール」「デイ・オブ・ザ・デッド」 DVD
今年の10月はどえらい1ヶ月だった。20年ぶりに高熱を出し入院してしまった。インフルエンザではなかったのだが・・・。治りも遅く、年齢を感じてしまう1ヶ月だった。これから坂をころがるように老化していく我が身の怖いことよ。 坂はいきなり目の前に現れるので、日々自分の体と向き合っていかなければと再認識した。 当然映画館に行ける訳もなく、試写会も遠のき、でも観たい感は日々つのっていった。 しかたなく防御してレンタル屋へ行き、ホラー3本立てを借りて来た。 「REC/レック」(2007年スペイン)、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/25 11:18
「ベーカリー街の悪夢」 〜ウォレスとグルミットの短編最新作〜
名古屋のシネマテークで先週観た(字幕版)。きゃあ〜グルミット!!うーーん、相変わらず、可っ愛いい!! 「ベーカリー街の悪夢」(29分)は短編なので、「チーズ・ホリデー」(荒削りで、懐かしい)と「ペンギンに気をつけろ!」(←号泣!)「危機一髪!」(←最高!)の3本を揃え、堂々の4本立てだ〜どうだ、まいったか!! 今回は、グルミットの淡い恋模様に、相変わらずの大ボケのウォレスにどうだっと言わんばかりのグルミットの突っ込みはちょっと押さえ気味かな・・・・。でもたまにはいいか。 小道具のパンがまた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/27 21:08
「私の中のあなた」
試写で観た。監督はニック・カサヴェテス、出演はキャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、ソフィア・ヴァジリーヴァ、エヴァン・エリングソン、ジェイソン・パトリック他。 なんといっても3人の子役がいい!!白血病の長女のキレッぷり、聡明な次女のきりりっとした瞳、真ん中のジェシーはそんな2人を愛情たっぷりで包んでいる。このジェシー役の男の子はどこかで見たことがあると思って調べたら、なんと大物の子役をしたのだった。「CSIマイアミ」のホレイショ・ケインと「24」のジャック・バウアーの息子役でした。う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/19 22:09
「男と女の不都合な真実」
試写で観た。ま、いうなればこの邦題をつけた人物に座布団1枚ってか。 監督はロバート・ルケティック、出演はキャサリン・ハイグル、ジェラルド・バトラーのラブコメ。 音楽はアーロン・ジグマン。で、BGMがいい。でも、サントラには挿入歌が入っていないとのこと。 サントラをまだ聞いていないので確かめていないのだが、それならば残念。挿入歌が入っていないサントラが多々ある。私もいくつか失敗した。でも、挿入歌抜きでもこの映画のサントラは、ノリがいいと思う。 肝心の映画だが、よくある話を主演の2人がイヤミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/12 22:41
「サブウエィ123/激突」
試写で観た。トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ主演。30年以上前の映画のリメイクである。 自分は1970年代の前作を観ているのかなあ?地下鉄の交通局で、走っている地下鉄を「スピード」みたいに止まらせることは出来ない、さあどうするという映画を観たことはあるが、その映画のタイトルが思いさせない。 それはさておき、今回の主演2人だとかなり白熱したバトルを期待して見たのだが、うーーん、期待にそぐわなかったっていうのが正直な感想。映像がかなり見にくかった。スタイリッシュに撮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/30 22:11
「トランスポーター3 アンリミテッド」
映画館で観た。リュック・ベッソン製作・脚本、オリヴィエ・メガトン監督、コーリー・ユン武術指導、ジェイスン・ステイサム主演のぶっとびアクション映画だ。 うーーん、さすがにおもしろかった!!満足満足!!フランクが脱ぐわ脱ぐわで満足!いやいや列車に突っ込むフランクに拍手!!スタント全員に大拍手!!というように、アクションはコーリー・ユンが武術指導で安心して見れた。ジェイスンも貫禄が付き、見事な手さばきを見せている。「2」はつまらなかったが、移動距離で言えば「1」を超し、美しさでも「1」を超えているだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/15 20:24
「リボルバー」
DVDで観た。2005年リュック・ベッソン制作、ガイ・リッチー監督・脚本、ジェイスン・ステイサム 、 レイ・リオッタ 、 ヴィンセント・パストーレ 、 アンドレ・ベンジャミン 、 マーク・ストロング等出演。 スタイリッシュアクションムービーと言いたいところだが、脚本がいけないのか、しまりのなさ、ぶつぎりの場面場面、強引な話の運び、ポイントになるべきところがない。あーーもったいない。弾倉が一回転して弾の不発で終わってしまったという感じだ。うーむ、配役はよいだけに・・・・・あーもったいない・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/13 22:45
「96時間」
試写で観た。リュック・ベッソン製作・脚本、監督ピエール・モレル、主演リーアム・ニーソン。私はこの人のことはよく知らない。 元工作員の父が誘拐された娘(離婚した母が再婚したため実父とは別居している)のため、パリで大暴れするというサスペンスアクション映画。なにせテンポがよく、96時間よりもっと短いだろう時間で救出劇が終了した感じがある。最強の父親であるブライアンは、簡単に首の骨を折り、弾丸でさえかいくぐり、さすがにビルの爆破はしないまでもその手際のよさに脱帽。アクションにはもちろん及第点が付けられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/13 22:34
「HACHI 約束の犬 」
試写で観た。リチャード・ギアと秋田犬が主演の日本の「ハチ公」の実話の映画化。日本では「ハチ公物語」で公開されたが私は観ていない。 ホント、動物モノ特に犬はだめだ〜泣くね〜個人的には柴犬しかもマメシバが好きなのだが、秋田犬も負けじ劣らずいいね〜犬っていう存在感がある。この映画のリチャード・ギアは特にナチュラルで素なのかも。 映画に出演している3匹の秋田犬はどの犬も素敵だが、私は特に最初の犬が気に入った。 この夏暑さに参ったら、映画館で涼んで「HACHI」で泣けってのが合言葉かな! この名古... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/06 16:13
「ナイトミュージアム 2」
試写で観た。出演ベン・ステイラー、エイミー・アダムス、オーウェン・ウィルソン、ロビン・ウィリアムズ他多数。 「ナイトミュージアム 1」は面白かったので期待して見た。確かに規模も大きくなり、絵的にはおもしろかったが、前回ほどではなかったかな。このVFXの技術は、見るものに驚きと笑いを提供する。故に安心して見ることが出来る。ファミリー向きの1本である。 最終的には、本物のスミソニアン博物館に行ってみたくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/17 23:38
「セントアンナの奇跡」
試写で観た。スパイク・リー監督作品。第2次世界大戦のイタリアが舞台の人間ドラマ。可もなく不可もなくってところ。 なぜ愚直な郵便局員が窓口に来たよれよれの客を銃殺しなければいけなかったのか、その理由が本編だ。 2時間40分の長さなので途中だれてしまったが、クライマックスの銃撃戦は迫力があり、それからあっと言う間の結末になる。うーーん、最後のシーン(ビーチ)は画像では必要なかったような気がする。それまでの緊迫感がひしゃげてしまった気がする。せっかく死と生の隣り合わせを描いていたなら、最後までその... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/16 10:54
「アマルフィ 女神の報酬」 (ネタバレあり)
試写で観た。全編オールイタリアロケ(話によるとワンカットのみ日本で撮影らしいが)のサスペンスアクション映画、制作・監督・脚本・撮影ともに一流の方々。出演者織田裕二、天海祐希、佐藤浩市、戸田恵梨香ら他数。 天海あねごの母親役はどうかなと思ったけど、最後には男前の性格がバーンと出てカッコイイ母親になっていたよ。 織田裕二より男前だったと私は思う。<余談だがこの前のTVドラマ「BOSS」の大澤絵里子役はメッチャ男前だった> 謎解き部分も細かく描いていて、感情の移入もすんなり出来た。風景画としても... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/06 22:24
「モンスターVSエイリアン」 (アニメ)
試写で観た。ドリームワークス制作。 うーーん、おもしろかったけど爆笑とまでは行かず、盛り上がりにも欠けた。出てきたキャラクターが私好みではなかったせいである。ストーリー的にもかな。ムシキングが日本のCMキャラクターに思えて、どこの会社か思い出せず、ずっと考えていたから映画に集中出来なかった。で、最後までわからなかった。 「Mrインクレディブル」と比べてしまったモンスターたちでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/05 21:55
「ごくせん THE MOVIE」
試写で観た。ごめんさない、私、ヤンクミの走る姿に思わず「ダイエットして〜」と叫んでいました。 もともとアクション系女優ではない仲間さんは、すっごく頑張っているのだけれど、さしも7年目となると、うーーん、きびしいってことになっています。それでラストかなあっていうこと?! 個人的にはやはり、TV第一シリーズがインパクトがあってよかったかなあ。原作にも近かったし。 今のジュニア・若手はみんな、目チカラがないです。でも、これから誰が突出するか、賭けて見る?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/03 22:17
「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」
グルミットの短編映画「ベーカリー街の悪夢」がこの7月に公開される。楽しみ!! それに先駆けて、6月3日に吹替版完成披露試写会がジブリ美術館にて行われた。 なんとウォレス役の吹替えが津川雅彦氏に。私個人としては欽ちゃんの方が個性があってよかったのだが・・・うーーん。全シリーズ津川氏になって刷新とのこと。 名古屋は名古屋シネマテークで公開されるとのこと。長編じゃないので仕方がないのか・・・。 でも大画面で見たい〜!!! ベーカリー街の悪夢の公式HP→http://www.ghibli-mu... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/06 17:48
「ザ・スピリット」
先週試写で観た。監督・脚本フランク・ミラー、出演サミュエル・L・ジャクソン、ガブリエル・マクト、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンセン他。 モノクロ調の画像に浮かび出る深紅は、正義の血か?悪の化身か?なんてコピーの前に寝てしまいそうな私でした。つまらなかったぞ。まだ「シン・シティ」の方がよかった。 ストーリーはあってないようなもので、主人公に魅力もなく、タイトルが泣くぞ。 ジェット・リー主演の「スピリット」とは似てねぇ映画である。まぎらわしい〜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/02 22:56
「ROOKIES(ルーキーズ) ―卒業―」
試写で観た。昨年TVで連続で放映された(コミックが原作の)ドラマの映画化。実は例によって、TVドラマも原作も観てないし読んでない。私には初お目見え。でも充分楽しめた。 高校生にしてはガタイがよく(←当たり前だけど)、イケメン多しのニコガク野球部部員が甲子園をめざすっていう話。 青春映画にしてはユルイ感じで、熱血甲子園はちょっとまぶしかったかな〜?? ラストの20分は本当におまけ。俳優さんたちの卒業式ってなもんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/22 21:48
「重力ピエロ」
先週試写で観た。加瀬亮、岡田将正、小日向文世出演、監督は森淳一、原作は伊坂幸太郎の本。 うーーん、イマイチだったかな。淡々と流れる過去と現在は、時系列が整理できる速さで流れていったが、その速さが盛り上がりに欠ける速度となったのかも。 加瀬亮は相変わらず上手く、弟との距離を巧みに演じていたが、脚本がそうなのか2階から飛んだ弟をどんなふうに見ていたのか、もう少し爆発して欲しかった。 放火で家族愛を確かめてはだめだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/17 08:58
「ウォーロード 〜男たちの誓い〜」 (投名状)
やっと映画館で観た。よかったよ〜、泣けたよ〜、連杰!!いや、御大。まぎれもなく彼の代表作の一本であろう。主演男優賞を取るはずだ。脚本、撮影、キャストも文句なし。彼がこんな人間臭い役をやれるなんてというととっても失礼だが、この年齢でなければ出来なかったというのはそうであろう。泣いた連杰も素晴らしかったし、秘めた想いの連杰も苦悩する連杰も、素晴らしかった!!本当に手放しで褒めちぎってしまう。 この映画の原題は「投名状」(2007年中国・香港制作)、「ブラッド・ブラザース(刺馬)」(1973年)のリ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/16 16:32
「新宿インシデント」(ネタバレあり)
試写で観た。ジャッキー・チェン主演、監督はイー・トンシン、他にダイエル・ウー、ラム・シュー、加藤雅也、竹中直人、ファン・ビンビン等が出演。 新宿歌舞伎町が舞台のヤクザ映画。縄張り争いはどこの黒社会も同じだが、香港映画を見慣れている私にとって、やくざはかなり違和感を感じた。今までにあまり観たことがないせいかな?刀のせいかな?? 特に印象に残っているのが、クライマックスでやくざが総攻撃の時、石をジャッキーたちがいるビルの窓へ向かって投げるシーンだ。これが香港映画だと数万発の銃撃戦になる。 ジャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/26 11:27
「レッドクリフ PartU ―未来への最終決戦― 」
試写で観た。昨年の続きであり、まさしく赤壁の戦いを描いたジョン・ウー監督渾身の1作である。 正直な感想は、戦いの場面が中心だったので、最後の方は私が飽きてしまった。CGを駆使し、確かに見ごたえは充分だったのだが、カメラワークなのか編集なのか、途中飽きてしまった。個人対個人の戦いも盛り込まれていたが、イマイチ私の中では盛り上がらなかった。曹操の野心と人間臭さが際立った戦いであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/11 08:44
「グラン・トリノ」
試写で観た。監督・制作・主演はもちろん、クリント・イーストウッドだ。 彼のイーストウッドも今年で79才だ。う〜ん、この人は凄い。今でもパワーあふれている。信念を持つものの強さか・・・・。 この「グラン・トリノ」のイーストウッドは、本当に最後の意味で、最後のカウボーイ姿を世界中のファンや人達に見せ付ける。 なんと言うことだろう。「許されざる者」は、西部劇最後のカウボーイを見せたが、この「グラン・トリノ」は現代における最後のカウボーイ姿を、人間の潔さ・決意を我々に見せている。どうだと言わんばか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/07 23:00
「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」
先週試写で観た。ジム・キャリー主演のコメディだ。 確かに笑えて、ジム・キャリー得意の顔芸?!も健在だ。 人生の悲哀を超えた彼の笑いに乾杯!!ってなところです。 ただ花粉症を吹き飛ばすにはちょっとパワー不足です。(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/22 22:18
「ワルキューレ」
試写で観た。監督ブライアン・シンガー、主演トム・クルーズ、他にケネス・ブラナー、ビル・ナイ、テレンス・スタンプ等。 印象として残ったのは、何故か軍服の色、戦争を扱った映画で軍服が美しく見えたのはこの映画ぐらいだろう。 爆発や殺戮が場面として少なかったせいかもしれないが、軍服の色濃いモスグリーンが階級によって違うように見え、それが会議の場面や集合した場面にはグラデーションになり、それが映像美に見えた。 そしてトム・クルーズには軍服がよく似合う。 話としてはヒットラーの暗殺計画が軸なのだが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/06 22:21
「ポチの告白」
念願の「ポチの告白」をやっと映画館(名古屋のシネマスコーレ)で観れた。脚本・監督高橋玄、出演菅田俊、出光元、野村宏伸、川本淳市、井上晴美ら。原案協力は寺澤有氏。 リアリティありすぎで、観終わった後、ずーーんと体が重くなった。事実に基づいた映画だから。 極悪非道の警察官を観たというより、警察・裁判所・(政府)の国家ぐるみの支配を観、彼らが我々の首に縄をつけているというのがよくわかった。今までもハリウッド映画や香港映画で、悪徳警官や国家の汚職を題材としたものは多く、ああおもしろかったで終わってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/28 01:31
「オーストラリア」
試写で観た。監督はバズ・ラーマン、出演ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマンら。 でもいちばんは、ナラ役のブランドン・ウォルターズだろう。存在感ではキング・ジョージ役のデヴィッド・ガルピリル。 副題をつけるとしたら「ナラの旅のはじまりまでの物語」かな。とてもよかった! 雄大なオーストラリアの自然(乾季の牧場と岩)を背景に、第2次世界大戦をはさんで、1人の女性の成長とアポリジニとの交流を描いた映画だ。2時間45分の長編(またまた)だが、それを感じさせないストーリー展開だ。ナラ(白人とアポ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 22:40
「旭山動物園物語  ペンギンが空を飛ぶよ  」
試写で観た。監督マキノ雅彦、出演西田敏行、中村靖日(あまり観たことがない)、前田愛、長門裕之、岸辺一徳ら。 舞台は今はもう知らない人がいないほど有名な旭山動物園だ。動物が主人公だとやはりだめだね。それだけでOKになってしまう。もちろん園長が中心なのだけど、他のスタッフと動物との係わり合いも重要で、人と動物との境界線について私たちに投げかけてくれる。それが「行動展示」という道を生み出す。(我々も行動展示されてる??) あと、しろくまとペンギンが特にいい!個人的にはラッコも好きなのだが仕方ない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/30 23:23
「20世紀少年 <第2章>最後の希望」
試写で観た。昨年8月に公開された<第1章>の続き。<第3章>は今年の8月に公開予定。 相変わらず登場人物が多くて、この第2章は説明で終わってしまっている。カンナの活躍もぶつ切りで、場面が消化されないまま次に行ってしまう。ともだちランドの説明も中途半端で、ラストのひっぱりもやたら長い。 第2章だらか仕方がないのか?!うーーん、おもしろくなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/29 22:08
「ベンジャミン・バトン ―数奇な人生― 」
試写で観た。原作F・スコット・フィッツジェラルド、監督デヴィッド・フィンチャー、出演ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェットら。 うーーん、(最近はやたら)長い。2時間半弱の長さ。もっと短くても伝わるのでは・・・・。 うーーん、よかったかのなと聞かれればそうでもなく、悪かったのかと聞かれればそうでもなく・・・・。 永遠のテーマである永遠の愛?命?あるとすれば人の想い。人に想いは永遠だから。 子どもを捨てなければならなかった父親の気持ち、人とは違う自分の生と愛を見つめなければならないってこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/29 21:52
「山谷 (やま) やられたらやりかえせ 」
一昨日名駅裏のシネマスコーレで見た。気になって気になってしょうがなかった映画だ。 日雇い労働者達の過酷な労働と生活で知られる東京都の下町・山谷を舞台にしたドキュメンタリー作品で、彼らの生活の実態や闘争を描いている。最初に撮影を始めた佐藤満夫氏は1984年12月に暴力団に刺殺される。なんと37才だったとのこと。その遺志を継ぎ撮影した山岡強一氏も、完成後(1985年)の1986年1月に凶弾に倒れた。 音声や画像は聞き取りにくい箇所やかすれた部分もあったが、山谷を始め全国各地のドヤ街を見ることが出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/22 22:29
「感染列島」
試写で観た。監督は瀬々敬久、妻夫木聡主演、他に檀れい、藤竜也、佐藤浩市ら多数。 おもしろかった。邦画としてはテンポがよく、伏線もあり、登場者たちのストーリーも丁寧に描いていて、あっと言う間の2時間20分だった。新型インフルエンザの発生が騒がれている中、まるで災害教本のような映画は観ている最中も「どうしよう、どうしよう」と不安が頭の中をぐるぐる回っていた。「12モンキーズ」や「アウトブレイク」はまあ、おもしろかったねで片付いてしまったが、やはり自分が住んでいるところが舞台となると、現実味を帯び、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/08 10:25
「バンク・ジョブ」
センチュリーシネマで観た。ジェイソン・ステイサム主演、監督はロジャー・ドナルドソン。 舞台は古き良き(1971年)ベイカーストリートのバンク。ロンドンの街はちょっと湿っているイメージがあって憧れるね。 しかも銀行強盗とくれば期待大。でも、実話に基づいたというストーリーなので、半分大丈夫かなあと心配も・・・・・。いやぁ〜映画が始まるとそんな心配は吹っ飛んでしまった!おもしろかったよ!!最初は人物描きだけにちょっと退屈だったけど、銀行強盗開始の中盤からクライマックスへは、息もつかせぬシーンの連続... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/30 00:04
「チェ 28歳の革命」
試写で観た。ベニチオ・デル・トロ主演、監督はスティーヴン・ソダーバーグ。 「チェ・ゲバラ」と言えばキューバ革命。詳しくは文献を読んだことがないのだが、イメージとしても「チェ・ゲバラ」はあまりにも強烈である。 今回の映画は2部作で、「チェ 28歳の革命」と「チェ 39歳 別れの手紙」である。今回観たのは前半の「〜28歳の革命」。うーーん、あまりに映像や展開が、ドキュメンタリータッチで感情移入が出来ず、寝てしまった。結構淡々と進んでいく革命。後半の予告を見たが、そちらの方がおもしろそうであった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/12/26 22:37
「エグザイル/絆」
やっと映画を観た。久々に映画館で観た。大好きなジョニー・トー監督の作品だ。原題は「Exiled 放・逐」2006年製作。 出演者はもちろんアンソニー・ウォンを始め、フランシス・ン、ラム・シュ、ロイ・チョン、サイモン・ヤムにリッチー・レンとくればもう、わくわくドキドキはらはらの期待は大大大・・・・・である。 ストーリーは、監督が白紙の上に書いたという男たちの逃避行である。「ザ・ミッション/非常の掟」の続編のようなもの。舞台はマカオ。私はやはり監督の映画は香港がよく似合うと思う。期待していたはら... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/23 22:44
「K-20 怪人二十面相・伝」 
試写で観た。邦画にしてはとてもおもしろかったよ〜。出演は金城武、松たか子、仲村トオル、脇役も豪華俳優陣が出演。監督・脚本は佐藤嗣麻子。他にかかわった人たちのすっごく多いことよ。(原作は北村想「怪人二十面相・伝」)もうちょいテンポがよければ言うことないのだが・・・。 脚本の出来もさることながら、いちばんの出来はスタントだろう。コメディだけではなく、列記としたアクション映画だ。上海でもロケをしたそうだが、さもありなん。日本にしては出来すぎかななんて思ってしまったから。平吉の<ドロボウ>への訓練の1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/04 22:53
「ミラクル7号」 その4
やっと待望のDVD発売である!!!今年いちばんのナナちゃんをゲット!!もう大好き! でも付録のゲームはいただけない。それこそ、「ありえね〜」なのだ。 でもななチャンに免じて、ま、いいか。それにしても、ななチャンで泣くのは私だけだろうな、なんてね。ほっほっほっほ。 この映画を作ってくれたチャウ・シンチーに謝謝!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 19:57
「チャウ・シンチーの熱血弁護士」
DVDで観た。原題が「審死官」(1992年香港)、邦題は「チャウ・シンチーの熱血弁護士」。いつもながらどういう邦題。まあ、そういえばそうなんだけど・・・。映画は時代劇のコメディーです。 今は亡きアニタ・ムイがチャウ・シンチー演じる主人公の奥方を演じている。監督はジョニー・トー。いやあ、そんな組み合わせがあったのね。すっかり忘れていた私。やっぱり、ジョニー・トーは凄いわ。念願の「赤脚少子」が「裸足のクンフーファイター」という邦題で今年公開されDVD発売されたし・・・感慨深い。この映画についてはま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 19:51
「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」
今週半ばに試写で見た。ハチャメチャな映画で、つっこみどころ満載で面白かった。 出演はベン・ステイラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニー・Jr等。 ストーリーは単純。でも最初からちゃんと見ていないとついていけないよ。 ランボーもまっつぁおの戦争映画だ??!!いや最高のおバカ映画だ、へっへっへ!! 爆薬の使い方も半端じゃないし、ブラックユーモアいっぱいの迷場面がいっぱいだぁぁぁぁぁ・・・・。 くしゃみをしたら地雷を踏んじゃったみたいなノリで最後まで行きます。 風邪を引いてしまった私... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/14 23:08
「1408号室」
試写で観た。原作スティーヴン・キング、出演ジョン・キューザック、サミエル・L・ジャクソンのスリラー映画。 ストーリーは単純。太めになったジョン・キューザックがホテルの1室で体験することは、果たして真実かどうかってこと。最後はまあまた中途半端に終わるんだけど、「ミスト」よりはましだったかな。 怖さもあまり感じなかった。さすがに眠ることはなかった。壁伝いの場面ぐらいかな、おうっと思ったのは。 1408号室の生贄として支配人が呼んだのだろうなと思って、最後は1408号室の勝ち!ってな方がよかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/14 22:02
「ハッピーフライト」  HAPPY FLIGHT
試写で観た。監督矢口史靖、出演田辺誠一、綾瀬はるか、時任三郎、田畑智子若手多数。 うーーん、まあまあおもしろかった。飛行機に乗っているような、操縦しているような臨場感はあっておもしろかった。 管制塔や場内のエピソードも織り込まれ、飽きさせなかった。 コックピットにある計器類は、子どもの頃からの憧れで、出来ないくせに一度シュミレーションしてみたいなと思う。 グライダーでもいいかなあ・・・・。空を飛びたい!!こんな世の中だからこそ空を飛びたい!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/07 21:57
「釣りバカ日誌19」
試写で観た。例によってハマちゃんこと浜崎伝助に西田敏行、スーさんことスズキ建設会長に三國連太郎、今回のマドンナには常盤貴子、他に竹内力、佐藤浩市、山本太郎ら。原作は「釣りバカ日誌」だ。 涙あり笑いありの1本。西田敏行扮するハマちゃんは、とてもバイタリティに富んでいて、観ていてパワーが沸いてくる。スズキ建設も現代社会の会社を如実に反映されていておおしろい。 主役の2人の加齢は隠せない。ハマちゃんの太鼓腹を見てもそう思う。 うーん、あとどのくらい続くのかなあ・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/25 22:45
「レッドクリフ Part1」
試写で観た。でもって舞台挨拶があった。な、なんとジョン・ウー監督とチャン・チェン、リン・リーチンが来名したのだ。名古屋でしかも試写会で、海外の監督および明星が舞台挨拶するとは本当に貴重だ!というかあり得ない!でもすごくうれしい!トニーと金城武も是非来て欲しかった!!ということで今までの試写会舞台挨拶最長の30分越えを果たし、ジョン・ウー監督は去って行った。 映画はほんと、素晴らしかった。これぞ映画!だろう。制作費100億円が頭によぎったが、2時間30分は短かったし、見るだけの価値がある大作であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/21 09:51
「まぼろしの邪馬台国」
試写で観た。原案は同名の本。堤幸彦監督、主演吉永小百合、竹中直人、出演は豪華多数。 名前が出ないのが、主人公宮崎康平の子・兄の方の役の青年時代を演じた俳優の名だ。 今年映画で観たはずなのに・・・。 お2人とも、素そのままで夫婦になったのではないかと思う程ぴったりのお2人である。 この2人に引っ張られてあっと言う間の2時間である。 夫婦っていいなあと本当に感じたお2人である。 笑い声と鼻水をすする音とが交互に聞こえた珍しい映画でもある。 また、話の合間に差し込まれた九州の自然とCGが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 23:16
「男たちの挽歌」と「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」
今月BS(TV)でこのシリーズを放映していた。 この2本は、香港映画を語るときになくてはならない映画である。 「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファとレスリー・チャン。もちろん監督はジョン・ウー。(1986年制作) 「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のレスリー(当時30才)。監督はチン・シウトン、制作ツイ・ハーク。(1987年製作) 私はこの2本をビデオで見て、香港映画にはまってしまったのだ。 何度見ても、2丁拳銃のチョウ・ユンファはクールだし、レスリーは母性本能をくすぐる。 撮影技... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 22:43
「ゲット・スマート」
試写で観た。おもしろかったけど、イマイチだった。昔のTVドラマの映画版だというので、小道具とかが使い古されていてちょっと悲しい。昔の香港映画を観ているような突込みをしたいが、美男美女すぎて突っ込めない。 出演はスティーヴ・カレル、アン・ハサウェイ等。まあ、秋の夜長にひと笑いするにはちょうどいいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/09 21:59
「ベルヴィル・ランデブー」
DVDで観た。2002年公開のアニメ。監督はフランス人シルヴァン・ショメ。私は恥ずかしながら初お目見え。賞もたくさん受賞。 音声はほとんどなし。独特のモチーフと背景、色、タッチがすごい。 好きな人には大好物だろう。私もほとんど最初のシーンからファンになってしまった。 色合いが、ノスタルジックで私好み、タッチはそうでもないが。 よくわからないパロディも、わからないなりにとても面白い。 ストーリーはわかりやすいが、モチーフが風変わりで観ていて飽きない。 見る価値はありますが、好き嫌いは別... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/22 22:19
「イキガミ」
試写で観た。これも原作がコミック。主演松田翔太、他に塚本高史、風吹ジュン、山田孝之、笹野高史等。 泣けませんでした。テンポもそうなんだが、この思想がピンと来ず、中途半端な感情のまま終わってしまった。 <イキガミ(逝紙)>が届いた人物は24時間以内に死亡しなければならないという、しかも18歳から24歳までの若者のみ、その思想はどうなんだ。イマイチわからん。「国家繁栄維持法」とかいう法律は、日本人の敵になるのか?それとも救世主になるのか?わからん。これほど大掛かりな巨大なロシアンルーレットもある... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/22 21:57
「おくりびと」
先週、試写で見た。監督は滝田洋二郎、音楽は久石譲、出演は本木雅弘、山崎努、広末涼子等。 モントリオール映画祭でグランプリ受賞。なんと試写は本木雅弘さんの舞台挨拶付だった。本物もクール! 話は、小さなオーケストラをリストラされた青年が、故郷の東北へ戻り、ひょんなことから<納棺師>になるまでを描く。 東北の四季の自然と本木雅弘が引くチェロの音楽が全編を通して流れ、心地よいハーモニーとなって物語を進ませる。日本の映画らしい間と流れ(進行)が、このハーモニーに合っている。 それと、本木雅弘扮する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 21:57
「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」
映画館で見た。例のハムナプトラシリーズの3作目である。 悪役に李連杰(ジェット・リー)が出るので勇んで見に行った。 うーーん、まあまあおもしろかった。はらはらドキドキが少なかったから、やはり私は2作目の砂漠のピラミッドの方が、アドベンチャー映画としては王道だと思う。なんで3作目でブレンダン・フレイザーの妻を、レイチェル・ワイズから変えてしまったのか?!これも楽しみ半減の1つだわ。パンフレットにも書いてあったが、まさしくミス・キャストだわ。 よかったのは最初の10分位、連杰が珍しくも鎧冑姿で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 22:45
「20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり」
試写で観た。原作浦沢直樹、監督堤幸彦、出演唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之ら。 原作はコミックとかで、いつもの如く読んでいない。 映画自体3部作で、この映画はその1作目である。楽しめた。 時間が2時間22分で、その時間の割には長くは感じなかったが、テンポがもう少しよければと思った。 くどい程の「トモダチ」の脅威より「トモダチ」の正体をばらしてもよかったのでは・・・と思う。 映画より連続TV番組にした方が、ストーリーをもっと長く描けて楽しめそうだ。今の日本のTVドラマはとてもつまら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/29 23:05
「ハンコック」
試写で観た。ウィル・スミス主演のアクション・ヒーロー映画だ。ヒロイン?はシャーリーズ・セロン。 実は、彼の「アイ・アム・レジェンド」の二の舞になるのでは、と危惧しながら観ていた。 ウィル・スミスの情けないヒーロー姿はとてもよい。人間味あふれるが・・・・。 が、ストーリーの後半どうなるかと思いきや、あれ、そっちへ行くのってな感じで終了してしまった。 せっかくつかんだヒーローの座は、最強の悪役と闘ってこそ、真のヒーローになるのでは。 うーーん、残念。というのが感想です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/15 22:46
「ふるさとをください」
本日、名古屋市北区役所講堂にて観た。きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)30周年記念映画。 冨永憲治監督、脚本ジェームズ三木、出演大路恵美、ベンガル、藤田弓子、中山仁、石井めぐみ、烏丸せつこ等。 すごくよかったです!!笑いあり、涙ありのヒューマンドラマです。久々に心が暖まる映画でした。 話は、和歌山県のある町に精神病院を退院した人々がやってきて、作業所・施設を作り生活を始める。町民たちはこぞって反対するが、主人公が橋渡しをし、めでたしめでたしとなる。主人公の父親役のベンガル、作業所を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/09 22:29
「ハプニング」
映画館で見た。ナイト・シャマラン監督、マーク・ウォールバーグ主演のホラー?&パニック映画だ。 ちょっと前に見た「ミスト」を何故か思い浮かべながら観ていた。うーーん、こんなものなんかなあ・・・?? 怖いような、怖くないようなある意味不思議な感じのする映画だった。中途半端。 主人公たちが、風にあたっても現象が起こらないのが、わざとらしい。最後までつっこんでしまった。 ラストも・・・世界へ広がって終わりだろうなあって予想がついてしまった。 <地球の温暖化>、これ以上のパニックはないっす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/06 22:28
「ダークナイト」
試写で観た。実は「バットマン」を観たことがなかった。TVでやっていたのを昔、チラっと観たぐらいだ。 実は、今回全くこの映画の予備知識を持たず、「バットマン」とは知らずに観た。それがよかったのかもしれない。 実に、よかった、面白かった、考えさせられた。特に脚本・配役がよかった。 バットマンとジョーカーは紙一重。じわじわと効く薬のように、水を含んだ真綿のように、切っても切れない人間の性の鎖の連鎖を、見る者の前にさらけ出している。 アクションもしかり。これで終わりかと思ったとたん、別方向から繰... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 22:03
「ドラゴン・キングダム」
先週、試写で観た。 かなうはずないと誰もが思っていた夢がこの映画で実現した。 李連杰(ジェット・リー)と成龍(ジャッキー・チェン)、2大アクションスターの共演である。 アクション監督はユエン・ウーピン。ストーリーが単純な分、アクションにもう少し手をかけて欲しかったかな。 連杰と成龍が闘うシーンは、引いたショットでもっとロングカットが欲しかった!! スタントが目に付き(2人とも年だからしょうがないか・・・・)、せっかくの楽しみが半減・・・・・。 でも2人が組むシーンは、アクションの早い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/21 22:32
「カンフー・パンダ」 (吹替え版)
試写で観た。ドリームワークスが創ったCGアニメ。題材はカンフーとパンダ〜。 デブのパンダとカンフー、ありえない組み合わせで絵図らもかわいくないが、人間味あふれるポーの行動と心情が笑いを誘う。 クライマックスのポーとタイランとの戦いは、カンフー史上?!5本の指にはいるだろう?! この夏暑さを吹き飛ばしたい人も、子どもととことん遊びたい親も、是非観に行って下さい。 これこそファミリー映画の真骨頂だな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 22:41
「ミラクル7号」 その3
映画館で観た。試写と合わせると3回目。 この映画は”ミラクル7号”ことナナ(7)ちゃんが主人公の何ものでもない。(シンチー失礼) ナナちゃんがいてからこそ、この映画が出来上がったのだ〜〜。 ナナちゃんが、建設現場で事故死したチャウ・シンチーを生き返らそうと決意した時の目、表情が画面いっぱいに映ると、もう、だめ・・・・・・。私もうるうるしてきて、号泣。3回目はあっという間だったような気がする。 ナナちゃんが次の朝、2人の前でコロンとぬいぐるみになってしまうと、私の心もコロンといってしまった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/09 20:54
「スピード・レーサー」
試写で観た。ウォシャウスキー兄弟監督・脚本・制作。 キャラクターの元となるのは日本のアニメ「マッハGoGoGo」である。 映画のストーリーは単純で、カーアクションシーンの映像はほとんどCG。映像はすごいのだが、ぴんと来ず、アクションは生身がいいなあと再度思ったわけです。「アラーム・フォー・コブラ11」の毎度のクラッシュの凄さに比べたら・・・。 主人公より、韓国のRain(ピ)がよいなあ。(でも妹の名が何故ハルコなんだあ・・・・。) とまあそんな感じの映画です。眠らず観れたのはよいかも。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 22:44
「クライマーズ・ハイ」
試写で観た。横沢秀夫原作の同名本の映画化。監督は原田正人、出演は堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、でんでん等。 舞台は、1985年8月12日に起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞社の1週間。主人公の現在とその戦の1週間が時折交差する。その間がよく、衝立岩の緑がとてもきれいだった。 今から23年も前の出来事になるとは・・・・。私にはその事故の時の記憶がほとんどない。やはり事故(人災)や天災は、経験した者でないと本当の痛みがわからない。わかった気に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/27 22:57
「ミラクル7号」 その2 (ネタバレあり)
2回目の試写を見た。うーーん、ナナちゃんかわいい!!すっかり私のつぼに入ってしまったらしい。 1回目の試写以来頭の中はナナちゃんでいっぱい、で・・・・。 大きな目と表情豊か??な顔と不釣合いな緑のシリコーンの体。頭にはアンテナみたいなものがついている。 かわいくないと言ってしまえばそれまでだ。ぬいぐるみの中途半端な形で安っぽいと言ってしまえばそれまでだ。あぁぁぁ・・・・・でも、かわいい!!あのえもいわれぬ動きと表情、声(鳴き声)。 ナナちゃんが必死で、建設現場で落下したチャウシンチーを生... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/21 22:02
「ミラクル7号」
試写で観た。チャウ・シンチー主演、監督、脚本のファンタジーコメディ。 めちゃくちゃおもしろかった。やっぱりチャウ・シンチーだよね〜〜。主人公のシュー・チャオちゃんもかわいいけど、ミラクル7(ナナ)ちゃんが面白くて可愛くて、そしてとっても情があるんだよね〜〜。人間よりも・・・・。 子どもも大人も絶対みるべし!!ひねくれた人もそれなりに、素直な人はより笑えます。 個人的には、ナナちゃんが初めてディッキーの家に来た夜流れるBGMの<サニー>がとても懐かしく、エンディングタイトルでも<サニー>が流... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/17 22:59
「相棒」−劇場版−絶体絶命!42.195Km(東京ビッグシティマラソン)
先週、久々に映画館で観た。水9のTV番組の劇場版。 つれは茶の間で見ていたのを映画館に持って来ただけだと言ってはいたが、 水谷豊と寺脇康文の演技は、大画面でものびのびと見え、迫力もあった。 この2人は見ていてとても気持ちがよい。「相棒」という名にふさわしい組み合わせだ。 信頼の賜物だ。これからも是非頑張って欲しい!!です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/08 22:10
「ザ・マジックアワー」
試写で観た。三谷幸喜脚本・監督のエンターテイメントだ!!試写は舞台挨拶のおまけも付いていた。(名古屋) 舞台挨拶は、三谷監督と佐藤浩市のお2人だった。三谷監督のおもしろいこと。メディア以上に面白かった。 さてストーリーは、相変わらずの三谷ワールドでおもしろかった!! 今回は背景がレトロな街で、劇中映画もレトロで、私好みでよかった。 出演者も豪華の一言につきる。佐藤浩市を始め、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、小日向文世等等。 劇中映画の役者も主演級役者が顔を揃えている。それだけでも三谷監督... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/27 22:40
「幸せになるための27のドレス」
先週試写で観た。キャサリン・ハイグル主演のラブコメディ映画。 若い女性が見て結婚にさく時間を多くするのはよいことだろう。 どれだけのウエディングムービーがこれまでに作られて来たことだろう。 ま、夢を見ることはよいことだし、結婚うんぬんということを言うわけではない。 ま、結婚ってこんなものかで終わるのはなんとももったいない。 是非、結婚にもっと夢を持って下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/25 23:25
「山のあなた 徳市の恋」
試写で観た。同名の映画のリメイク(カヴァーというらしい)。監督石井克人、草g剛、加瀬亮、三浦友和、堤真一出演。ヒロインにマイコ。私はお初にお目にかかりますっていうところ。 舞台は昭和初期、温泉宿での按摩たちの騒動の一部始終といったところかな。恥じらいというものが日本人から消えて半世紀か。按摩とか目明きとかの言葉を久しぶりに聞いた。差別は、ある意味人間の恥じらいの文化だと思うのだが、隠すから差別につながり、格差も差別を生む。この映画ではそんなことは関係ないのだが、なんかちぐはぐで、温泉宿と自然と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/20 23:05
「ミスト」 その2
ステーヴィン・キングの原作の訳を読んだ。原作は「霧」という邦題で、短編集<骸骨乗組員>に収められている。 ラストは違っていた。原作には「希望(hope)」という文字が最後にあったが、映画ではその「希望」はすでになかった。本当に後味の悪い終わり方だった。ラスト15分、そこまでの恐怖感をすべて取り去ってしまい、運命とかいうわけのわからないものに振り回される人間の哀れさを霧の向こうに映し出していた。運命は我々のすぐ前をうろちょろしている。その影を踏むか踏まないかは、誰にもわからない。ただそうなった時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/20 22:42
「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS 」
試写で観た。松本潤、長澤まさみ、阿部寛、椎名桔平、宮川大輔出演、監督は樋口真嗣。 うーーむ、微妙。娯楽映画ということだが、うーーむ、ちょっとしか楽しめなかった。 松本潤はがんばっていたが、ヒロインがちょっとねぇ・・・・ 阿部寛もがんばっていたが、椎名桔平の前には迫力が・・・・・ 思わず「武士(MUSA)」と比べてしまった。もっとストーリーに二転三転が欲しかった。 なんか中途半端なんだよねぇ・・・・ 黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」はまだ観ていないので是非みるとしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/10 11:18
「築地魚河岸三代目」
試写で観た。同名のコミックが原作。大沢たかお、田中麗奈主演、脇を伊東四郎、伊原剛志、森口瑤子等豪華な役者陣が固める。本日の試写の後、大沢たかお、伊原剛志、伊東四郎3人、魚辰ファミリーの舞台挨拶があった。(名古屋)撮影のエピソードも聞くことが出来、おもしろかった。ただ司会者の質問がへただった。いつも思うのだが、どうでもよい質問が多いなあ。 原作を読んでいないのでそれがよかったのか、結構しっかり見ることが出来た。テンポもエピソードもよい。 音楽が本多俊之で、またこれが渋かった。特に主人公が市場で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/04/26 23:31
「最高の人生の見つけ方」
試写で観た。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演、監督はロブ・ライナー。 原題は「棺おけリスト」という意味だそうだ。 モーガン・フリーマンありきで、後からジャック・ニコルソンが決まったそうだが、どう見てもジャック・ニコウルソンが勝っている。かわいいジイジイと憎たらしいジイジイのミックスが、ニコルソンらしく彼の独壇場だ。 テンポもよく最後はほろりとさせるコメディヒューマン映画だ。 ところで、アメリカの在宅医療はどうなっているのか知りたくなった。日本は在宅医療と言えば<忍>の一字... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/04/26 23:15
「ミスト」
試写で観た。スティーヴン・キング原作。サスペンス映画。「衝撃の最後の15分!!」が売りコピー。 そのコピー通り、これの感想は公開後でないと書けないなあ、ネタバレになるので。 映画の最後の15分は、それまでの物語の恐怖の時間を消してしまうのだ。 あーー、運命とはこれいかに・・・・!!人間のなんと愚かしいことよ!! ではまた公開後にお会い出来たら・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/04/26 22:57
「てなもんや商社」
ビデオで観た。これは原作が「中国てなもんや商社」というOL奮闘記で、原作者は谷崎光氏。1998年(ちょうど10年前)制作公開。原作は出版された当時に購入し、とても面白く読んだ。その後、本が映画化されビデオになったことを知り、とても長い間探していた。そして、先週新たに行ったレンタルビデオ屋でついに遭遇した。やった〜!!! 即観てみた。主人公は小林聡美で、相変らずというかあの持ち味を生かし、原作より風変わりなOLを演じていた。脇役がこれまた凄い。小林聡美の上司役で渡辺謙、香川照之(2人とも若い!)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/20 22:32
「スパイダーウィックの謎」
試写で観た。うーーん、子ども向けだが、物足りなかった。 ゴブリンとの闘いも、もっとよい妖精が加担するかと思っていたが、結局あれってな感じで終わってしまった。 そんな本を書いてしまった叔父さんは無責任だあ〜〜。 結局人間って、欲と好奇心には勝てないのよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/19 23:05
「砂時計」
試写で観た。コミックが原作の初恋物語。TVドラマ化され、それが映画化となったとのこと。 ヒロインの思春期の頃の役のを演じた夏帆と、相手役の池松壮亮がよかった。 若々しい2人がスクリーンで輝いていた。青春っていいなあと、その瑞々しさを感じさせる2人だった。 正直、その頃(思春期)の感覚や感情って、想像しても忘れてしまったなあ・・・・う、寂しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/19 22:53
「祝!李連杰!!主演男優賞!!!」
やっと連杰(ジェット・リー)が、香港のアカデミー賞と言われる「香港電影金像奨」(今年は第27回)の主演男優賞をとったぞ!! おめでとうございます!!!うーん、これでいつ引退してもよいのか・・・?! この賞が念願とは言わないないだろうが、賞といつも無縁の連杰がやっと手にしたこのトロフィーは感慨深いものがあると思う。 おっと、受賞した作品は「投名状」であるが、日本公開の詳細未定。ついでに言うと成龍との「功夫之王」の世界公開はもうすぐだが、これも日本公開は未定である。あ〜つまらん。「ハムナプトラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/14 23:46
「王妃の紋章」
試写で観た。2006年制作・中国。チャン・イーモウ監督、出演チョウ・ユンファ、コン・リー、リウ・イエ、ジェイ・チョウ、リー・マン等。 これこそ豪華絢爛という映像だった。こんな様式美は観たことがないと言っても過言でなはい。衣装、建物、装身具、武器に至るまで本当にすみずみまで神経が行き届いていて、それでいて観る者を不安にさせる。その中でもコン・リーの美しさは怖いくらいだ。毒が入った薬飲む時の表情は、憎しみと哀しみが入り混じったなんとも言えない表情である。 おー怖い!!結果は案の定王の1人勝ちとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/09 22:48
「ヒットマン」
試写で観た。2008年4月公開、ヨーロッパコープが映画化。 「ダイ・ハード4.0」の悪役のティモシー・オリファントが主人公のヒットマン(エージェント47)に。最新「007」のボンド・ガールがヒロイン。 うーーん、確かに「ダイ・ハード4.0」の時のティモシーはすごく弱かったけど、頭をブルース・ウィリスといっしょにしてからは無敵??!。でも銃撃戦が主でアクションはイマイチだった。 ストーリーも単純すぎる。もっと頭を使わせて!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/30 22:25
「ザ・クラウン 炎のリベンジャー」 「クラッシュ・ライン」
DVDで観た。くしくも両方ドイツ映画で、もちろんアクション映画である。 「ザ・クラウン 炎のリベンジャー」は2005年制作、監督はゼバスティアン・フィック、出演者はスフェン・マルティネク 、トーマス・アンツェンホーファー 、エヴァ・ハーベルマン。 「クラッシュ・ライン」は 2007年制作、監督はラウル・ハインリッヒ、 出演者はダニエル・ブーダー 、ミレーナ・カラス 、キーロン・フライガン。なんと「ザ・クラウン」の主演の1人タプスが、「クラッシュ・ライン」では主人公の父親役で出ていた。 こっち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/24 21:58
「ドッグ・バイト・ドッグ」
先週DVDで見た。2006年香港。原題「狗咬狗/DOG BITE DOG」。ソイ・ チェン監督、エディソン・チャン、サム・リー、ペイ・ペイ、ラム・シュー出演。アクション映画というより人間映画だ。 観たかった映画だけど、さすがに凄い。鬼気迫るなんて言うところじゃない。人間の煩悩・本能そのものが寒々しいだけだ。さすが香港。こんな映画を作れるなんてさ。 エディソン・チャンは先月あの猥褻写真流出で大騒ぎだったけど、役者としては幅広く出来る若手の1人だったんだけどなあ。本当に香港を引退するのか???一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 23:31
「Sweet Rain 死神の精度」
先週試写で観た。金城武数年ぶりの主演作。他に小西真奈美、富司純子出演のラブファンタジー映画。 正直なところ、つまらなかった。せっかくの金城君がかすんでみえてしまった。あー、もったいない。 死神役は、金城武じゃなくてもよかったのではと思ってしまった。残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/16 21:36
「あの空をおぼえてる」
先週末、試写で観た。竹野内豊、水野美紀出演、他に小日向文世、小池栄子らが脇をしめている。 子役の2人が抜群によかった。エイジ役の広田亮平とエリナ役の吉田里琴。里琴ちゃんの笑顔がみんなを救っている。クライマックスではみんな泣いていたよ。そうだろう、そうだろう。 子どもはあーでなくっちゃ。 他に、水野美紀のマタニティファッションはとても参考になると思う。 田舎の家にしてはオシャレすぎるのがちょっとね、でもカッコイイ家だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/16 21:29
「カクタス・ジャック」
DVDで観た。2004年制作メキシコ映画。アレファンドロ・ロサーノ脚本・監督。出演者はペドロ・アルメンダリス、アナ・クラウディア・タランコン等で、脇役もメキシコ映画界のつわものが揃っているとのこと。 いや〜久々におもしろかった。ハードボイルドでテンポもよく、メキシコらしい味付けが登場人物と話にマッチしていて実におもしろかった。ストーリーは、単純だが脚本がよく、ハリウッドテイストでオリジナルとまではいかないが、ラテン的解決方法が実に愉快だった。 脇役も元レスラーや人食いトニー、 誘拐された社長... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/09 13:12
「ノーカントリー」
試写で観た。コーエン兄弟監督・脚本・制作で、アデミー賞作品賞・監督賞・脚色賞受賞の映画である。出演者の1人ハビエル・バルデムは助演男優賞を受賞。他にトミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン出演。 久々によかった。西部劇的サスペンスとでも言おうか。原作があるとのことで、是非読みたくなった。 追われるジョシュ・ブローリンは西部の砂漠がよく似合う。全く砂漠が似合わないハビエル・バルデムは殺し屋としてまた、人間の不条理さを求める人物としては最適としか言いようがない。 冒頭の砂漠からグイグイ引... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/06 18:59
「ベルリン・クラッシュ」
DVDで観た。原題は「THE GREAT CAR CHASE」という2004年制作のドイツ映画だ。 ひさびさにオバカ映画を観た。しかもレンタル屋のアクションコーナーにあってパッケージにも騙された〜。赤い2CVに惹かれた私が悪いのねという感じ。 東西ドイツをネタに、最後はベルリンの壁崩壊が舞台のラブコメだあ〜。 でも笑えるところは・・・へっへっへ、次はこうだろうという突っ込みまじりの笑い。 別の意味でインパクトのある映画でした。 それにしてもトラバントという車はかわいい!昔のキャロルみた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/03 22:14
「ジャンパー」
先週試写で観た。主人公の敵役でサミエル・L・ジャクソンが出演。 うーん、おもしろいかと言えば、イマイチ。でも主人公がジャンプする際の映像は、なかなか工夫されていておもしろい。 ストーリーは中途半端で、シリーズものにする可能性があるだろうってな短さ。 短絡的で世俗的な主人公はこれから幸せに暮らせるの??ってな心配をしてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 23:13
「迷子の警察音楽隊」
劇場で観た。本日映画の日で千円、しかも初日のため満員でした。 エジプトの警察音楽隊が招待されたイスラエルの地で迷子になり、イスラエルの人と交流する一夜を描いた映画だ。 もう少し、エジプトとイスラエルの音楽が聞けると思ったのだが・・・・ちょっと期待はずれ。 アラブの音楽は異国情緒たっぷりで好きなのだが。 ゆったりとした時が過ぎていく中、家族の中の愛について、若者の愛情表現について、過去の苦い家族の想いについてなど、人間模様が一夜にして語られるのだ。 それは言葉とか文化が違っても人間であれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 23:05
「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」
先週試写で見た。ダスティン・ホフマン、ナタリー・ポートマン主演。 一言、おもしろくなかった。子役と小物はかわいかったけど、それだけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/17 22:41
「俺たちフィギュアスケーター」
シルバー劇場(名古屋)で観た。噂に違わず面白かった!!ウィル・フェレルとジョン・ヘダー主演の爆笑コメディ映画だ。ストーリーは単純だがある意味ぶっとび級、映像もしかり、だが面白さは超一級。素直に笑える映画だ。 風邪を引いて頭がぼうっとしている私でも、見た後はすっきり。(翌日熱が出てしまったが・・・。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/11 10:29
「ウォーター・ホース」
試写で観た。主人公の少年役のアレックス・エテルがいい。母親役にエミリー・ワトソン、監督はジェイ・ラッセル。 過去と現代のファンタジー。 スコットランドの伝説を元に、あの有名なネス湖の話が今現代に蘇った。スコットランドの風景とVFXの融合がとても美しい。最近の映画にあるようなセピア調でも、この話にはぴったりだ。 現在と過去もちょうどうよい具合に折り込めていて、観る人は自然に過去に飛んでいる。 アレックス・エテルは不思議な少年だ。強さと弱さがちょうどよいくらいの子ども。守ってやりたいし、一緒... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/27 22:42
「ビー・ムービー」
先週試写で観た。ドリームワークスのアニメ映画。もちろんファミリー映画で、安心して観ていられる。 蜂の主人公が成長していく過程はさすがアメリカ的だ。日本の子どもたちも自分の頭と体をフルに使って成長して行って欲しい。労働は生活の基本だあ。 でも蜂が車を運転するのって、どうよ??? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/27 22:00
「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 」
試写で観た。ジョニー・デップ主演のスプラッタミュージカル映画だ。監督はティム・バートン。 前知識なしでみたら、なんとミュージカルでそれもスプラッタ!!!血しぶきがああぁぁぁぁぁぁ!!!! 舞台で何百回も演じられているスウィニー・トッドのことは知らなかった。。 ジョニーの歌声は初めて聴いたので、最後まで半信半疑だった。失礼。 画像も「スリーピーホロウ」に似て、暗く、場末とスプラッタの恐怖をより強く感じさせた。 全体的に映画としてはまとまっていたが、正直なところ、物足りなかった。 スプラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/11 23:21
「ジェシー・ジェームズの暗殺」
試写で観た。ブラッド・ピット、ケイシー・アフレック出演の西部映画だ。 とても静かな映画という印象で、私の好きなアクションは皆無・・・・・。 うーーん、正直なところ、映画的にはおもしろくなかった。語りがうるさく、もっと静かにして欲しかった。どうでもよいエピソードがたくさんあって、もっと後半戦の心理描写が欲しかった。 映像はセピア調かつ静物画的アングルで、きれいと言えばきれいだった。 その映像のきれいさが、西部という舞台を取り除いて現実味を欠いているようだった。 何が受賞の要になっているの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/11 22:24
「アイ・アム・レジェンド」
試写で観た。ウィル・スミス主演のSF映画?、というよりホラー映画だ。 かろうじて最後まで見たという感じ。うーん、残念ながら面白くなかった。 何故ウィルスにウィル・スミスのみ免疫となったかがわからない。 ウィルスが蔓延した状況説明が中途半端で短すぎる。 で、もっとダーク・シーカーズとの闘いが迫力があるかと思った。 エイリアンVSプレデター2の方が迫力がありそうだ。 <神>の意思で<レジェンド(伝説)>になったのか・・・・?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/11 22:27
「カンナさん大成功です!」
試写で観た。キム・アジュン、チュ・ジンモ主演の韓国映画。原作は日本のコミック。ヒロインカンナを演じたキム・アジュンは、この作品で韓国映画のナントカ主演女優賞を受賞したそうだ。 ストーリーはしごく単純だが、やはりキム・アジュンの魅力でグググイッと魅せる。最後はうるっと来る。 私も彼女の歌は吹替えかと思ったが、本人が歌っている<マリア>もとてもよい。 脇役も豪華で、彼女の父親役のイム・ヒョンシクもまたまたいい味をだしている。 韓国の美容整形に対しての認識がよくわかる。デートの1本として観ても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 22:43
「ディセンバー・ボーイズ」
一週間程前、試写で観た。ハリポタのラドクリフ主演の思春期映画だ。 あまり期待せず行ったら、そのまま予想通りの映画だった。ラドクリフ以外の子役がよかったかも。 ただロケ地のサウス・オーストラリアの海辺のひなびた景色がとてもよい。 老後をここで送ったら、時が永遠に続くのではないかと錯覚しそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/02 20:18
「いのちの食べかた」
ミニシアターで観た。(ちなみに本日映画の日。)いっさい字幕が出ないドキュメンタリー。 題材は<食>。食料生産の場。野菜や家畜、魚の生産過程のドキュメント。凄いとしか言いようがない。92分は結構あっと言う間だった。 日本の自給率は4割と言われてもうどのくらい時間がたったことだろう。中国の人口増加で日本への輸出がストップすると、さて、どんなことになるのか・・・想像しただけでも恐ろしい。家畜と言われる動物の成長から解体まで機械的に機械で済ますことが出来る現代。もう動物ではなくモノのようだ。人間もモ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 23:51
「SMILE 〜聖夜の奇跡〜」
試写で観た。陣内孝則監督、山本未來、加藤ローサ主演、脇役に谷啓を初め、ゲスト出演が豪華な映画である。 ストーリーは、北海道の弱小アイスホッケーチームが地元の最強チームに勝つと言う単純ストーリー。<スマイラーズ>のメンバーは、演技は素人でアイスホッケーが出来るというだけで選ばれた子どもたちである。その中でもチームのエース昌也<綿貫智基>はいい目をしている。 他の子どもたちも、山本未來に負けず劣らず素晴らしい。もちろん彼のタップダンスは最高でした。クライマックスの決勝戦も最高に盛り上がり、思わず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 23:29
「ナンバー23」
試写で観た。ジム・キャリー主演のミステリー映画。 あ〜ぁ、ダメだった。中盤でフネを漕いでしまった。オチは決して言わないで下さい、が、本当だ。言ったらとてもつまらない映画になってしまうから。私にはこの手の映画はだめらしい。 少し系統が違うが「ゾディアック」も寝てしまったから。ジム・キャリーの熱演でもだめだった・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/16 21:28
「ボビーZ」 BOBBY Z(ボビージー)
試写で観た。ポール・ウォーカー主演、監督は「15ミニッツ」の監督で、他にローレンス・フィッシュバーン、オリビア・ワイルド出演のアクション映画だ。カルフォルニア+ハリウッド的映画だ。良くも悪くもアメリカ的ハッピーエンドで、見終わったらスカッとする映画だ。ポール・ウォーカーはまだ若いのでアクションもきちんとこなし、誠実そうな笑顔が印象的だ。ワルになりきれない優等生ってな感じだ。でもそれがミントのような味を出している。 ストーリーはいたって簡単。替え玉になったポール・ウォーカーが敵地であわやっという... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/02 22:35
「ブレイブワン」
試写で観た。監督ニール・ジョーダン、主演ジョディ・フォスターのクライム映画。 ジョディ・フォスターはこういう役が好きなのか?と思ってしまった。邦題は私だったら「引き金(トリガー)」とつけたかも。引き金を引いた瞬間、まさに彼女が人生の転換をした瞬間は、誰にでも起こりうることでもあり起こりえないことでもある。その瞬間は神が支配するというのか?いやそうではないだろう。人間の心の奥底の何かだ。それをもっと深く描いて欲しかった。期待しすぎか? クライマックスシーンだが、刑事が主人公に対して目をつぶって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/24 22:53
「自虐の詩」
試写で観た。4コマ漫画原作、堤幸彦監督、阿部寛・中谷美紀主演の映画。 ちょっと期待して観たが、うーーん私には今ひとつだった。ちゃぶだいひっくり返しはそうもいらないので、かたぎになった阿部寛(イサオ役)がなぜああ無口で宙ぶらりんになっているのか、中谷美紀が尽くすようになったか、もっとエピソードが欲しかった。中谷美紀も「嫌われ松子の一生」の方がよかったかも。 ただ、脇役が豪華で堪能した。 どちらかといえば、唯一無二の親友だという熊本さんの方の人生が見てみたかった。熊本さんの子ども時代の子役と熊... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/20 11:05
「インベージョン」
試写で見た。ニコール・キッドマン主演のSFサスペンスもの。何の知識もなく見に行って、どうも「SF/ボディ・スナッチャー」にそっくりだと思って帰って来て調べたら、やっぱりそうだった。同じ原作だものねえ。そうすると、私は「SF/ボディ・スナッチャー」の方が好きだ。あのまゆみたいなものに変化して感情がなくなるという設定はファンタジックな世界でもある。ニコール・キッドマンは相変わらず美し過ぎてもっとネバネバ感が欲しかったなあ・・・。 映画も最初の爆発破片の説明からちょっと入りづらく、ラストももうひとひ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/17 21:46
「長江哀歌」 (ちょうこうエレジー)
ミニシアターで観た。2006年中国、ジャ・ジャンクー監督作。2006年のベネチア国際映画祭でグランプリ獲得作品。この監督の名前を初めて聞き、作品も初めて観た。 映画はとうとうと流れる長江をバックに、1人の男と女の人生を映す。2人とも音信不通になった伴侶を探しに来た。男の妻は16年、女の夫は2年間。女の方の描写はいらなかった気がする。それと男の妻の心理をもっと知りたかった。何故帰らないのか、帰れないのか・・・・を。河の流れに身を任せてしまい、途中2、3回船を漕いで眠りの中に入ってしまった。中国の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/14 22:26
「ローグ・アサシン」
試写で2回見た。ジェット・リー(李連杰)とジェイスン・ステイサム主演のクライムアクション映画。 うーーん、すべて中途半端な映画だ。ストーリーも中途半端だし、細部があれ?ってな感じで映画に集中出来ない。アクションのカメラワークもヘボい。せっかくの連杰のアクションがぶつぎり。もっとロングで撮って欲しいし、アクション監督をつけてやって欲しかった。ジェイスンとだったら、やはりホースでの一騎打ちだろう。わかってないなあ。<続>も作るのか?止めた方がいい。 連杰は不惑の年だけに衰えは隠せない。この間若い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/27 22:16
「キングダム −見えざる敵−」
試写で見た。ジェイミー・フォックス主演、ピーター・バーグ監督。 キングダムで起きた大規模なテロをアメリカのFBI捜査官が捜査をしに行き、テロ首謀者を殺害するという話。ハンドカメラ主のため?!、画像が見難い。時系列も整理し難かった。期待していたより全体的に地味だった。 復讐の連鎖、憎しみの連鎖は終わらないというラスト。そこが問題なんだよなあ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/09/22 10:28
「デス・プルーフ」&「プラネット・テラー」 イン・グラインドハウス
先月末はクエンティン・タランティーノ監督の「デス・プルーフ」、昨日はロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー」を試写で見た。両方見ないと語れない。 「デス・プルーフ」はやはりカート・ラッセルのへんなおじさん(←とても渋くて好きだ)と、ユマ・サーマンのスタントだったゾーイ・ベルのカーアクションだろう。これだけ見れれば満足だ。 もう少し前半戦に激しいのが欲しかったけど、美女のダベリはタランティーノ監督の好みだよなあ。 「プラネット・テラー」はB級満載ですごくおもしろかった。なんでもありで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/15 09:59
「夜の上海」
試写で見た。本木雅弘、ヴィッキー・チャオ主演の旅ラブストーリー。脇役にサム・リー、竹中直人、西田尚美等。監督はチャン・イーバイ。 印象は上海の夜景はきれいだったということぐらいかなあ。ラブストーリーが苦手な私は上海ということばに惹かれて見に行ったのだが、確かに上海の光の海だけは印象に残った。 以上ですまん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/15 09:33
「SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ」(スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ)
試写で見た。監督は三池崇史で、出演者がつわもの揃い。主演は誰?ってな感じで皆さん暴れています。 伊勢谷友介は石橋孝明に食われちゃってるし、伊藤英明は怪演の香川照之に食われちゃってるし、佐藤浩市ははじけてないし・・・・木村佳乃はがんばりましたで賞。 弁天は他にいなかったのかあ?アニタ・ムイ姉さんが生きてたら・・・・ チョウ・ユンファの「大陸英雄伝」を思い出して、迫力の比を嘆いてしまいました。 で、英語は必要なかったなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 22:10
「ファンタスティック 4 銀河の危機」
試写で見た。シリーズのAである。ラストを見てもまだ続くシリーズであることは確か。 @よりおもしろくなかった。@はヒーローたちがどのように超人になっていくかの過程がおもしろかったが、 今回のシルバーサーファーに立ち向かい、戦う姿は迫力にいまいち欠けていた。 サーファーねえ・・・うーーん、今までになかったけどさぁ・・・どうなのかね?? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/07 23:30
「アーサーとミニモイの不思議な国」 (吹替え版)
試写で見た。リュック・ベッソン監督の実写と3Dアニメの融合という映画だ。 ストーリーはいたって簡単で、10才になったアーサーがミニモイという不思議な部族を訪ね、悪者を倒し、宝を見つけて自分の家族を助けると言う物語である。 子どもにとって安心して楽しめる映画である。アニメも可愛く、実写部分とのつなぎの違和感もなく楽しめた。 ただ、ミア・ファロウのおばあちゃんがきれいすぎ?というところである。両親の登場はいらないかも。 家族で楽しめる1本であることには間違いない。吹替えは結構楽しめた。最近の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 23:18
「ドラゴン・スクワッド」
「猛龍」DVDで見た。2005年制作香港。監督はダニエル・リー(李連杰主演の「ブラック・マスク」も監督した)、出演はヴァネス・ウー、ショーン・ユー、サモ・ハン、サイモン・ヤム、マギーQ、リー・ビンビン、マイケル・ビーンなど国際色強い配役。映像もスタイリッシュ。 やはりサモ・ハンは強かった!年をとってもカッコよかった!という映画。 若手中心のストーリーだが、イマイチクールと言える俳優がいなかった。 12万発の銃撃戦はまあまあだったが、話の展開もハリウッド的でラストも香港的じゃなかったというと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/01 22:50
「トランスフォーマー」
劇場で観た。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ、監督にはマイケル・ベイという、ハリウッドの巨匠たちがタッグを組み製作したSFアクショ ン超大作。まあまあだった。 ストーリーはいたって単純だが、ラストは「アイアン・ジャイアント」を思い出させ少しばかりほろりとさせる。もしくは「ストレンジャー」のカート・ラッセルか。でもロボットゆえ感情移入もそれまで。 画像は超一級品でとても見ごたえ充分。トランスフォーマーたちもとても美しい。 昔、「ゴールドライタン」というアニメをやっていて見ていたが、その... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/01 22:02
「TAXI 4」(T4Xi)
試写で見た。しかも吹替えだった。TAXIシリーズが好きな私には正直がっかり。おもしろくなかった。 主役はあのおばかな警部殿だったというような映画だった。肝心のプジョー407のタクシーがあれでは泣く・・・・。その上、カーチェイスがなくてとっても残念。刑事のエミリアンとタクシー運転手ダニエルの子ども達が将軍といっしょに活躍する方がもっとよかったかも。それにしても2人とも年とったなあ・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/16 22:54
「レッスン!」
試写で見た。実話を基にした映画で、アントニオ・バンデラス主演。 ストーリーは単純で、ダンサーでありダンス講師である主人公がブロンクスで落ちこぼれの生徒たちに社交ダンスを教えるといったよくある?!話。 アントニオ・バンデラスは、演劇とダンスを若い頃学んでいたと言う。そのダンスがもっと見たかったなあと思う。モーガンとのひと踊りはよかったなあ・・・。顔が濃い分、身のこなしがとてもスマートでとても自然。いやみになっていないのでキザとも思わず見とれてしまう。ラ・クンパルシータを踊って欲しかったなあ・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/09 22:28
「終わりよければすべてよし」 (All's Well that Ends Well)
本日、愛知たいようの杜・もりのがくえんで観た。羽田澄子監督の長編ドキュメンタリー映画だ。日本国内やオーストラリア、スウェーデンでの在宅医療、ターミナルケアについての取材を撮影し、まとめたものである。。(2006年・129分) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/16 21:52
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」
試写で見た。試写会も数十倍の競争率だったらしい。 私はハリー・ポッターシリーズはあまりおもしろくないと感じる。主人公に感情移入が出来ないのだ。ハリー役の俳優さんが成長しても、映画の中のハリーが成長していると思えないのだ。 うーーん、なんでだろう??私の持つ魔法というイメージはもっと超人的で、えぐいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/12 20:06
「夕凪の街 桜の国」
試写で見た。監督は「半落ち」の佐々部清監督。原作は同名のマンガとのこと。マンガのことは知らず読んだこともないが、映画としてはとてもよかった。久々に涙腺がゆるんだ。機会があれば原作のマンガも読んでみたい。 原爆が題材となっていて原爆の悲惨さを、2人の女性の視点から静かに描いている。それがとてもよい。心にしみいる。私も含め、戦争を知らない世代に是非見てもらいたい映画である。 特に麻生久美子さんがよい。彼女が原爆に遭った時の話をした時、原爆は落としたのではなく、落とされたのだという言葉が重い。落と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/05 22:59
「ダイ・ハード 4.0」
映画館で見た。もちろんあのブルース・ウィリス主演の12年ぶりのダイ・ハード 4.0。監督はレン・ワイズマン。 52才とは思えない肉体に、ちょっとはにかむように右の唇を少し上げて微笑むあの”カウボーイ”が帰って来た。 イェ〜イ、世界一ついていない男ジョン・マクレーンがやっぱり好きだ〜!! 今の年老いたジョン・マクレーンもとても格好よい、とてもクールだ。アクションも納得!! マギー・Qとの対決も見ごたえ充分。高速道路でのF-35との闘いもまさしく手に汗握る名シーンの1つとなるだろう。ただ敵役... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/01 22:24
「アドレナリン」
試写で見た。ジェイソン・ステイサム主演の俗に言うノンストップアクション映画だ。(R-15指定) ライバルのチンピラから中国製の合成毒薬を注射され、アドレナリンを出しまくらないと死ぬと言う設定。映像はそれなりだが、真面目顔のジェイソン・ステイサムの切れっぷりは見ていて気持ちがよい。 最後のシーンは結構ショックだったけど、あれはあれですっきりしたかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 21:59
「李連杰」と「成龍」
6/14「功夫之王」のロケ地で監督をはじめ出演者とともに記者会見が行われた。 中国でのニュースを中心にいろいろ記事が出ていてとても嬉しい。クランクインはすでにされており、だいぶ撮影は進んでいるとか。 いや〜今年から来年にかけてはリンチェイの映画祭りだ〜 「WAR」も今年10月に東映で「ローグアサシン」という邦題で公開予定。「投名状」も来年公開、ひょっとして「功夫之王」もか!!! ここ1、2年はちょっと迷をサボっていたので真剣にやらなくては!!うーん、情報、情報・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/18 22:35
「シュレック 3」(吹替え版)
試写で見た。相変わらずおもしろかった。「2」より少し勢いがなかったかなと思ったけど、笑いのツボは相変わらずでおもしろかった。シリーズ全部吹替えで見ているので、ここらで字幕を見るべきかな?!いや〜でも浜ちゃんの声が耳について離れないか?! ドンキーと長靴をはいた猫とシュッレクのコンビは最高!!さて次はどんな旅にでるのかな?! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/18 21:59
「ゾディアック」
試写で見た。デビッド・フィンチャー監督の実話をもとにした作品。 俳優陣は、マーク・ラファロ、ジェイク・ギレンホール、ロバート・ダウニーJr等。 不覚にも寝てしまった。というか、うとうとと船を漕いでしまった。疲れていたのもあるかも。 淡々と進む事件に反応してしまい、謎解きを楽しむどころか体が勝手に眠りの中にずぶずぶと入っていってしまった。 今も続いているという事件を、映画の中で謎解きをするにはちと短いかも。私には難題だったかも?! 猟奇的事件が日本も多くなってしまった現在、未解決事件はこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 22:21
連杰の映画について
意識の底にはいつもあるのだが、なかなか最近は表面にも出てこない連杰さまさま。 他のブログやHPでたまに確認するのみになってしまった。 まず去年クランクアップした「WAR」。トレーラーも出来ている。ジェイスン・ステイサムがどうしても連杰と競演したいと言って出来た映画のようだ。これは私が勝手に思っていることで本人から聞いたわけではない。 いつみても連杰にバイクは似合わんな〜あと、ジェイスンと連杰の2人で、ホースの名場面競争をしてほしかったな〜 それと、やっとクランクアップし公式HPも出来た「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/27 22:10
「ザ・シューター 極大射程 」
試写で観た。マーク・ウォールバーグ主演のヒーローもの。原作があり、監督はよく知らない。 が、マーク・ウォールバーグが実によい。いつもちょいマヌケのヒーローか、準主役に甘んじてきた?!彼がこれは見事にハマっていて、観ていて気持ちがよい。クーール!!なのだ。これはパート2を是非作って欲しい。 映像も、色の対比が場面の緊張を高まらせ、否応無しにクライマックスに向け一気に駆け上って行くようだ。 ラストはうーん、マーク、おまえもかというラストで、もっと平和的終焉を願っていたのは私だけだろうか?? ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/25 00:10
「輝ける女たち」
試写で見た。久々にフランス映画、大人の映画を見た。 最初、人間関係をどう追っていけばいいのか戸惑ってしまったが、最後は自分を幸せにするのは自分がいちばんという結論に達した。人生、休む時も必要。自分の心の芯に火を灯すようになるまで待つことも必要。もっと自分に自信を持とうということです。 個性的な俳優陣(ミュウミュウ、カトリーヌ・ドヌーヴ等)とステージのレビューは見ごたえ充分。 大人の1本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 20:25
「スパイダーマン3」
映画館で見た。GWの真っ只中で込んでいるかと思ったら、そうでもなかった。 うーーん、イマイチだった。アクションも消化不良で印象に残らず、ヒーローの成長より親友のハリーが成長したのではという話の展開。主人公もヒロインもいもっぽさは消え、洗練されては来た。でも「1」の方がよかったかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 19:33
「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」
映画館で観た。イマイチだった。 ドニー・イェン、ニコラス・ツェー、ショーン・ユーが主演だが、やはり手足の細部までに渡るしぐさはドニーにはかなう筈がない。それにしても3人とも前髪のうっとしいこと。ちょっと興ざめ。 さてストーリーはというと、香港のコミックの映画化ということだが、映画と言う短い時間の中ではスゴサが伝わらず、それがイマイチの理由でもある。 映像はそれなりにクールなシーンもあったのだが・・・うーーん、なんだろうな。 なんかアクが強くないっていうか、きれい過ぎるっていうか、迫力があ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/22 21:14
「ロッキー・ザ・ファイナル」
試写で見た。「ロッキー」シリーズとしては6作目。主演のロッキーことシルベスター・スタローンは御年とって61才?!いくつになるかなと思って調べてみたら、1946年7月生まれ。アーノルド・シュワルツェネッガーは今年で60才。いやー、私も年を取るわけだ。 さてファイナルと銘打っただけあって、人生読本満載の映画です。「人生は闘いだ〜」です。 やはりロッキーという人物よりあのテーマ音楽が、映画のシーンとの相乗効果で、人の記憶と想像力に働きかけ、こぶしを突き上げたくなるのでしょう。本当はとてもやりたかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/14 00:52
「ブラッド・ダイヤモンド」
「ブラッド・ダイヤモンド」 試写で見た。とても、よかった。配役、脚本、映像すべてよかった。たたみかけるようなラスト。 うーーん、文句なし。 ディカプリオは、「ディパーテッド」より断然こちらの方がよい。ソロモン役のジャイモン・フンスーもよい。 我々の周りのモノは、すべて血塗られたモノばかりになってしまった。自分の手でモノを作るということがなくなってしまった。目先の利益ばかり。人生半分にして初めてやっとわかったような気がした。悩んでいる人も、そうでない人も、これを見て勇気をもらって欲しい。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/04 22:44
「ナイトミュージアム」
ちょっと前に試写で見た。大人も子どもも楽しめる映画だ。主人公役の俳優さんはこの手の映画にはかかせない。夜のミュージアムが舞台で、CGが大活躍。ストーリーが単純だが、映画らしく楽しめる。 これを見た後、腰痛へ突入してしまったのだが。 夢は、夜見るだけのものではなく、家族と愛する人達とも見るものだと、教えてくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 20:45
「ハッピーフィート」
試写で観た。とてもおもしろく、とてもよかった。 昨年グルミットがとったアカデミー賞長編アニメーション入賞した作品だ。 久々に楽しい時間をすごせた。ブギーワンダーランドの場面はいいねえ〜。 とても懐かしかった。この映画は大人の方が楽しむかも。 春待ち草の貴方、是非見てね!!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/16 23:22
「蒼き狼」
試写で見た。それも、名古屋のミッドランドスクエアシネマのこけらおとしの試写に行くことが出来た。しかも舞台挨拶付きだった。主演の反町、松山ケンイチ、若村麻由美、平山祐介、角川春樹、新人女優と制作者。(ミッドランドスクエアの商業街は3/6にオープン。) 舞台挨拶よりも映画館自体にワクワクして入った。イスは革張り、音響もよく、下から突き上げる低音もグッド。レディスデーは木曜日の千円は変わらず。インターネットやモバイルでの予約もOK。おしゃれなイートコーナーにトイレもおしゃれ。是非また行きたい。 映... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/04 23:18
「ゴーストライダー」
試写で見た。ニコラス・ケイジ主演のアメコミ原作のアクション映画。 あーつまらなかった。主演をニコラス・ケイジにする必要性がない。(本人の希望だそうだが)やつれが演出と思うほどだね。アクション映画で不覚にも寝てしまったほど。設定がおもしろくない。エヴァ・メンデスもいまいち。ただ、ニコラスの若い頃の男優(マット・ロング)がよかったかな。その子を主演にすればよかったのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/23 00:20
「バトル7」
DVDで見た。ほっほっほー、タイ発B級アクション映画だ〜。2002年製作。 タイ語がだんだん心地よくなってきた。タイ語って「ま、いいか」っていう気になる。そうやって毎日生きている人はいいなあと思う。私は出来ないが・・・。 ストーリーはいたって簡単。無理矢理7人登場も、せっかくの7人の特技が生かされてないのはもったいない。がしかし全編、へへへって笑える場面ばかりでその手の映画が好きな人にはたまらない。BGMもマカロニウエスタン調で私は好きだ。タイにとても行きたくなった!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/23 00:05
「ミニミニ大作戦」(1969年)
1969年製作イギリス映画 <オリジナル版>古きよき車たちが多数出演していて楽しい。私の好きなアルファロメオ・ジュリエッタ・スパイダーはなかったが。 ストーリーは単純で、クライムアクションムービー。カースタントは当時としてはとても凄かっただろうし、今見てもとても楽しい。特に下水道を3台が走るシーンは必見。(今ミニのCMでやっているシーン)照明が暗いのがとても惜しい。あのラストシーンにもっていくまでの展開も小憎らしい。刑務所の中のボスの待遇もあの時代だったら、さもありなんというところでしょうか。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/23 00:00
「バブルでGO!!タイムマシンはドラム式」
試写で見た。結構おもしろかった。おまけに広末涼子さんと監督が舞台挨拶に来た。会場は盛り上がったし、エピソードも聞く事が出来てよかった。 ストーリーは大真面目でバブル崩壊を救えで、もちろん舞台は1990年のバブル絶頂期。私は全然バブルの恩恵に預からなかった1人だが、当時を懐かしむことは出来た。その懐かしさを大笑いした場面場面はともかく、監督の日本に対する切なる希望は、私達の切なる希望でもある。今でもバブル崩壊の後遺症は引きずっているのだから。後遺症というより自己破産前のホストとでも言おうか。なか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/09 22:19
「墨攻」
試写で見た。アンディ・ラウ主演の中国春秋時代の物語。うーーん、映像がもったいなかったかな。戦いの雄大さが感じられなかった。カットがブツ切りで、ロングで撮って欲しかった。指輪物語のCGの方が感動したぞ。 私としては不完全燃焼。アンディ・ラウはこの役合わなかったような・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/27 23:36
「どろろ」
試写で見た。おもしろかった。原作は言わずとしれた手塚治虫氏の<どろろ>。 2時間半にすべて詰めなければならないので、話が駆け足のところがあったが、それでもおもしろかった。妻夫木のスタントくんにあっぱれ!さすがチウ・シウトン(アクション)監督。ワイヤーはとぶとぶ、もっと飛んでもよかったのだが。 それ以上に驚いたのが柴咲コウのどろろ。一番心配していたが、漫画とはイメージこそ違え、確かにどろろだった。今後はこの路線??舞台挨拶もどろろでして欲しかったが。原田芳雄の呪い師はちょっとイメージ違いかな。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/01/27 23:09
「それでもボクはやってない」
試写で見た。周防監督の11年ぶりの映画。うーーん、すごい。さすが体感時間1時間半だ。 「リアル」を今回は追及したとのこと。その通りだ。 裁判の有罪率99.9%。この事実は知らなかった。「裁判」自体もよくあるTVドラマの流れでしか見たことがないし、ニュースでは手書きのイラストでレポーターが淡々と言うだけだった。 これほどひどいとは想像しても、事実あったことがない。(事実あったら大変なのだが) この国は、被害者やその家族の人権が守られない他に、権力の過ちを過ちだと認めない 土壌がある。だか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/20 01:21
「THE有頂天ホテル」
正月にTVで見た。三谷幸喜ワールドでおもしろかった。相変わらず長かったが・・・。 伊東四朗氏と西田敏行氏の笑いのツボは抜群である。 年始めの1本としては笑い初めで始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 22:00
「愛の流刑地」
試写で見た。ふーーん、なんだかな。こういう映画はなじみがないが、愛とは独善的なものだなあとつい思ってしまう。 「選ばれた殺人者」なんてこの世にはいないわ。快楽と恋愛に線引きなんてあるのかあ・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 21:46
「ディパーテッド」
試写で見た。 香港映画のあらゆる賞を総なめにした「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイク版。 しかもマーティン・スコセッシ監督、マット・ディモン&レオナルド・ディカプリオ主演。 ちょっとは期待して見た。が、結果は残念。やはり元と比べてしまう。 アンディとトニーの代わりなどは無理。話が長すぎる。ディカプリオが以外によかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 21:39
「タイガーブレード」
DVDで見た。2005年タイ映画。12月はタイ祭り?!監督はティーラトン・シリパンワラポーン。 少しシリアスでコメディーもふんだんにあるアクション映画。主演のアサダウット・ルアンスントーンは映画初出演とのことだが、なかなかよい男である。ワイヤーアクション中心でムエタイ?!やカーアクションもふんだんにある。中には見慣れたアクションシーンがいくつかあったが、トレーラーの下をゴーカートでくぐりぬけ競争するシーンはよかったかな。 全体的に大雑把な感は否めないが、おもしろどころは揃っているので充分楽し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/18 23:24
「ディバージェンス−運命の交差点−」
DVDで見た。2005年香港映画。原題は「三岔口」。監督はベニー・チャン。 香港いやアジアのトップスターを集めた1本。熱血刑事アーロン・クォック、正義と悪の弁護士イーキン・チェン、冷徹な殺し屋ダイエル・ウー。それぞれ中堅どころのいい俳優になっていてとてもいいね〜。特にアーロンのくたびれようは往復ビンタを心の中で何回したことだろう。恋人が事故で死んだとダイエル・ウーに言われて車の中で抜け殻のようになるシーン。車が香港の街の坂をバックで下がっていく。車の中のアーロンの表情はいとおしくて、胸倉つかん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/17 21:00
「バレット・ブレイク」(死のカード/謎のボックス)
DVDで見た。2003年タイ映画。「レイン」のオキサイド・パン監督の作品。パワリット・モングコンビシット主演。 期待して見たががっくし・・・というところです。話や映像がぶつ切れ。ストーリーもお粗末。 なのでもっと以前の映画を探して見ようと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/11 21:55
「刺馬」
2006年12月4日、北京で「刺馬」がクランクインした。記者会見が午後行われた。 主演は李連杰(ジェット・リー)、劉徳華(アンディ・ラウ)、金城武の3人。 監督はピーター・チャン監督。ヒロインの発表はまだない。 1973年「ブラッド・ブラザーズ/刺馬」のリメイクとのこと。私は未見。 清朝末期の義兄弟3人の友情と裏切りを描く作品とのこと。 李連杰が一番上の兄役、次が劉徳華、末っ子が金城武。 2007年の終わり頃、映画としてお目見えするかも。 すごく期待しているんだけど・・・・李連杰不... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/10 00:24
「レイン」
DVDで見た。2000年タイ映画。オキサイド&ダニー・パン監督作品。 これはおもしろかった。よかったよ〜。パン兄弟は香港出身とのこと。香港とタイを行き来して映画や映像の仕事に関わっているとのこと。なので私が気に入ったのもうなずける。 香港映画の匂いとスタイリッシュな映像・編集とタイの泥臭さが入り混じったアクション映画に仕上がっている。 内容は耳が聞こえない殺し屋の話。「処刑人」と「英雄本色」の影響をいたるところに見ることが出来る。 2丁拳銃でコンが乗り込んで行く場面なんてチョウ・ユンファ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 01:20
「犬神家の一族」(2006年)
試写で見た。おもしろくなかった。豪華な出演者のわりには淡々と話が過ぎて行き、あれっと思うまもなく終わってしまった。途中、あまりのテンポの悪さに意識が遠のいてしまった。 うーーん、おすすめ出来ないかも。石坂氏の老いにも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/09 00:57
「007 カジノ・ロワイヤル」
先週試写で観た。監督はマーティン・キャンベル、主演はダニエル・クレイグ。21作目のボンドである。正直なところ、このダニエル・クレイグは「ミュンヘン」未見のためよく知らない。タイプ的にも好みではない。がそれを差し引いても、とても頑丈で冷徹な007のイメージには合っていると思う。スーツが不思議としっくりきていた。英国人のイメージではないが・・・。 アクションはもちろんよかった。スタントもがんばっていて、よく走り、よく撃っていた。 あまり期待していなかった分、最後まで一気に見せてもらった。ポーカー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/02 01:14
「王の男」
試写で観た。とてもよかった。今年の韓国映画で一番よい。観ていると「覇王別妃」を少し思い出したが全然別物。 芸人と王の物語。さて2人の芸人のどちらが王の男になるのか。どの配役もぴったり。 ストーリーも最初から引きつけ、ラストもばっちり。スタントも上出来。 そして、人の心の哀しみや、喜怒哀楽がどこから来ているのかがよくわかる。 (欲を言えば、2人の感情のひだをもう少し書いてあればなおよかった。) 人間の心は本当にもろく切ないものだ。が、情は深いものだ。 この情が現在の日本には欠けている。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/25 00:45
「椿山課長の七日間」
先週、試写で観た。とてもおもしろかった。それは西田敏行氏の人柄のせいでもあるが。 七日間だけ現世で名残を惜しむ??というストーリー。伊藤美咲さんにはもっと西田敏行氏の真似をして欲しかったが・・・うーーん、美女だけにすぐ女になってしまったなあ。 成宮くんは格好よかった。きりりとしてて。 お涙頂戴かコメディかと思ってみていると、じわじわときまっせ。絡まっていた糸が最後はほどけてすっきりとみんな天国へ旅立っていく。いい役者が揃っているので、じわじわきて最後はぎゅっとなります。場面展開もテンポよく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/24 00:39
「プラダを着た悪魔」
ちょっと前に試写で見た。メリル・ストリープが滅茶苦茶格好よかった。あんな女性に憧れる。アン・ハサウエィのサイズがデブ号のような号数で強調していたけど、真実味がなーーい。 ブランドには興味がないので服がさっぱりわからなかったが、流行はやはり作られるものだなとしみじみと感じた。500円のシャツをどう着まわそうか苦慮している庶民はみてはいかんなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/24 00:35
「サッド・ムービー」
1週間前に試写で見た。やはり泣けなかった。個々の話が絡まるのは良いのだけれど、 つなぎが今ひとつで、感情移入する前にぶちっぶちっと切れて次に進んでしまう。 カメラワークも今ひとつだった。壊し屋のバイトはよかったんだけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/06 23:42
「トンマッコルへようこそ」
試写で観た。うーーん、まあまあだったかな。 あの女の子の存在のメッセージは何だったんだろうか?? クライマックスの花火のような爆撃は音がなく、効果的だった。 ストーリーも韓国映画らしさが出ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/23 21:57
「地下鉄(メトロ)に乗って」
試写で観た。ふつうだった。 大沢たかおの父親役が印象的だった。無骨になりきれない純情さが垣間見えていた。大沢氏の持っている性格かも。 堤真一は相変わらず上手いが、さらっとしすぎておもしろみに欠けていた。最近はこういう役が多いのかも? ダイヤモンドの原石はなかなかいないね〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/23 21:51
「16ブロック」
試写で観た。ブルース・ウィリス主演リチャード・ドナー監督のポリス・アクション。 初老の呑んだくれのヘボ刑事役がすごく似合う、私の好きなブルース・ウィリスが久々に帰ってきた。髭もたくわえて。(髭は似合わん、絶対。) ストーリーは単純だが、モス・デフとの掛け合いも、デヴィッド・モースとの対決も、満足たるものでした。ラストも望んだようなハッピーエンドで○。もっと短くしてテンポアップしてもよかったかも。 「ブルース、お前もか」と言いたくなるように、老けた感は否めませんが、演技に渋さも加わって来たと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/09 00:48
「アタゴオルは猫の森」
試写で観た。原作はますむらひろし氏作のコミックシリーズ。初めての映画化。 私が初めて読んだのは30年前。まさしくタイムリーに読んでいた?! 読むや否や、ヒデヨシの魅力とヨネザアドという不思議な世界にぐいぐい引き込まれた。 でもここ10数年は読んでいなかったので、とても懐かしかった。 ヒデヨシのことは絶対忘れるもんか!!! ヒデヨシの声は山寺宏一さん。ちょっと渋すぎ?でもテンションはヒデヨシそのものだ〜 3DのCGは心配したけど、とてもきれいだった。ヒデヨシさえも。 ただ、もっとヒデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/04 23:47
「レディ・イン・ザ・ウォーター」
試写でみた。M・ナイト・シャマラン監督の現代の童話ともいうべき不思議な映画だった。 出だしは、アパートメントを管理しているさえない中年男の日常で始まる。アパートメントのプールが、謎を問いかける。そして、ストーリーという女の子がさえない中年男の前に現れる。そして、童話の話の中に取り込まれていく。知らず知らずのうちにその童話の中へ、観ている自分も入っていくようだ。不思議な世界。不思議な感覚。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/03 23:51
「フルスピード」
DVDで観た。2005年製作、ドイツ映画。 カースタントがまたすごい。実写だったよ。ちょっとした拾い物かも。 ストーリーは「スピード」と「TAXI・2」を足して2で割って簡単にしたような話なのだが、主人公が運転する赤(どちらかと言えば朱に近い赤)のゴルフGTI(5代目とか)の走りがとてもよい。この間ショールームに行って偶然、GTIを見てきたところなのでよけいカッコイイ。蜂の巣のようなグリルがいいね。小回りが聞いてよく走る。日本車には本当に少なくなってしまったフォルムと走りかな。 映画とは関... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/27 23:34
「ワールド・トレード・センター」
試写で観た。5年前の今日、忘れもしない夜(←日本では)、延々と1つの画面を世界中が見ていた日。まるで今日見た映画のようだった。まるでデジャブを錯覚させられた。 映画のストーリーは、あの日そのもので重厚だが、もう少しテンポよく進み、二つの家族のエピソードももっと欲しかった。5年の年月は短い・・・ このあと、イラクの長−い戦争が起こるのだが。「亀も空を飛ぶ」というイラクのこどもを主人公にした映画を見たが、本当に切ない映画だった。長崎の原爆について小さい頃から学んでいる長崎出身の知人は、戦争は本当... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/11 22:46
「マッハ!!!!!!!!」「7人のマッハ!!!!!!!」
DVDで観た。すごいスタントだった。ふた昔前の香港映画もまっつあお!! ストーリーは古臭くても、危機迫るものがあり、ベトナム戦争を思い起こさせた。 「7人のマッハ」のテコンドーをやる小さな女の子のまなざしがとても印象的だった。 ああいう子がきっと次の国を背負って立つ若者になるんだなっと。 今の日本の子どもたちにはそれがない。「ニートが国を滅ぼす」と言われているような日本でいちばん大切なのは、教育だろうと改めて思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/10 01:20
「もしも昨日が選べたら」
試写で観た。アメリカの家族愛の映画で、ラストもお決まりのラストだった。 でも、主演のアダム・サンドラーがいつものいい味を出していたし、<クリック>後の「時」が「飛ぶ」画像もおもしろく、最後まで楽しんで観ることが出来た。期待していなかった分、よかったかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/10 01:15
「フラガール」
試写で観た。久々に邦画で泣いた。おもしろかったし、よかったよ〜。 最後のフラダンスの舞台は最高に盛り上がったし、とっても感激した。私のなかではスタンディングオベーション! 昭和40年代高度成長期の真っ只中、常磐炭鉱での実話。松雪泰子さんは相変わらず美しかったし、しずちゃんも初めてにしてはいい味だしていたし、蒼井優さんの踊りも素晴らしかった。 冨司純子さんの啖呵も健在。女性のための女性の映画だ〜!! 観たら、きりっと元気になって秋に向けて動き出したくなります、きっと。 それにしてもフラダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/09/10 01:09
「ブレイキング・ニュース」
DVDで観た。ジョニー・トー監督のクライムアクション物だ。(大事件/2004年制作) 「PTU」「デッドポイント」とは違った見せ方をして、これまたスタイリッシュだ。 岸谷吾郎の若い時を2枚目にしたようなリッチー・レンの銀行強盗犯と 若手のお笑い芸人にそっくりのニック・チョン。 そして常につりあがっている目が怖いケリー・チャンの三つ巴。 BGMがもの足りなかったが、最後まで気が抜けないストーリー展開はさすがだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/06 00:22
「X−MEN ファイナル・ディシジョン」
試写で見た。好き好きだが、うーーん、まあいいんじゃないというところ。 地上波でもやるようなので、おさらいは出来る。 特殊能力といえば、「ダーク・エンジェル」を思い出す。これは惜しい番組だった。 予算があえばもっと作って欲しかった・・・ ジェシカ・アルバと言えば「F4(ファンタスティック・フォー)」も可愛かったよ。 と、どんどんずれ行っててしまうのでこれ以上はやめた。 私にはこんな映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/02 00:27
「ワイルド・スピード×3  TOKYO DRIFT」
試写で見た。いや〜カースタントが素晴らしい!! 車好きの私にとっては迫力のあるドリフトが次から次へと出てきて堪能した。 思わず手がハンドブレーキを握っていた!!(←フリ、フリです。) ストーリーは至って単純だけど、車好きは見に行って損はないと思う。 迫力では×2に負けるけど、ドリフトの美しさに◎!! 「頭文字(イニシャル)D THE MOVIE 」を思い出していた。 ジェイ・チョウが夜明けの峠を走るのだが、86トレノ(86はレビンの方がしっくりいく・・・)の テールランプがとても美... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 23:46
「イルマーレ」(ハリウッド版)
試写で見た。韓国版はもちろん見てない。苦手なラブストーリーが続く。 時間のパラドックスをどう説明するのか、とそればかり気にして見ていた。 歴史を変えてしまってどうなるんだ〜と最後にツッコんでしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 23:39
「グエムル−漢江の怪物−」
試写で見た。この映画は韓国映画の何物でもない。香港映画だと裏に大物がいて怪物を操り、世界征服を企むとくる。日本映画はまず作らない。 出だしはスピーディで、ぐいぐい観客を引きずり込んだ。CGもまあまあだった。次はこうかなという切り返しは読めてしまう場面があり、惜しかった。ラストも私は、裏を読んでエンディングになるまでの10秒間、頭をフルに使った。でもただのラストだった。あ〜無性に「エイリアン」、それもUが見たくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/08/23 23:54
「パイレーツ・オブ・カリビアン−デッドマンズ・チェスト−」
やっと映画館で見た。これはAで、Bは来年公開とのこと。あんなところで終わってしまうのかと思わず突っ込みたくなる。2時間半は、さすが短く感じられた。ジョニー・デップの代表作はこれになってしまうのではないだろうか?!これほどぴったりの配役もあるまい。 ジョニー・デップの映画でいちばん記憶にあるのは、白黒映画の「デッドマン」だ。若いジョニー・デップが、死に向かってとつとつと演じている。愁いの顔をとくとご覧あれ。 余談だが、ジョニー・デップとジェット・リーは同い年だ。(43才) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/19 00:36
「僕の、世界の中心は、君だ。」
試写で見た。やはりラブストーリーは苦手だ。(特に韓国映画は)「世界の中心で愛を叫ぶ」も見てないが、セカチューとは違うとのこと。何にせよどうやっても感情移入できず、最後まできてしまった。あ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/19 00:24
「マイアミ・バイス」
試写で見た。冒頭のBGMが、そう、「ザ・ミッション−非情の掟−」のBGMを思い出させるほどカッコイイ。映画も、全体的にスピーディでスタイリッシュ!!昔のTV版は見たことがないが、これはこれで充分楽しめる。ストーリーは映画なので短いのはしょうがない。でも、アクション好きにはもってこいの映画である。 TV版はもっとかっこいいとのことなので、是非見ようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/19 00:18
「ユナイテッド93」
試写で見た。この「ユナイテッド93」便は2001.9.11テロの際、乗っ取られ墜落した1機。 9.11テロから今年で早5年。深夜、まるで映画を見るようにビルへと突っ込んだ映像を見た日。誰もが忘れられないだろう。だが天災にしろ人災にしろ、ただの時の流れが当事者やその周りの人々にとってはとてもつらい時の流れだと思う。よく5年の月日でこの映画が出来たと改めて思う。機内のキャストは、実際機上していた人達の年齢や性別を出来るだけ忠実に当て、管制塔のキャストも実際その場にいた人が、その役を演じているとのこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/10 21:55
「スーパーマン リターンズ」
試写で見た。新星のスーパーマン。今は亡きクリストファー・リーブ氏から、ブランドン・ラウス氏へ。私は以前のスーパーマンを見たことがない。(関係ないが、バットマンも。)でも、見なくても充分楽しめた。このブランドン・ラウス氏は端整な顔立ちをして、今のハリウッドには珍しkく、完璧なスーパーマンかも。それに日本人好みかも?! 映画は、さすがにCGは凄かった。飛行機を地面すれすれで止めるあたりは特に。 スーパーマンが大気圏を突入出来るのは何故か?すごく気になった。誰か教えて欲しい。 続編はいつ?? ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/06 21:21
「夜のピクニック」
試写で見た。完成披露試写会ということで、中部地区は初お目見えとのこと。監督と主役の女の子と男の子が舞台挨拶に見えた。(公開は今年の秋) 監督曰く、エンディングの音楽が決まったのがつい数日前とのこと。何も考えず、すうっと聞ける歌で(誰が歌っているか見るのを忘れた。)最後に決まっただけのことはあると思った。この映画、案外サントラがいいかもしれない。秋のドライブに聞くのにもってこいかも。(ガゾリンはまだ値上がりするらしいが・・・) 最初正直、2時間は長いかなと思ったが、結構エピソードが上手くつない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/02 23:59
「森のリトル・ギャング」(吹替版)
試写で見た。いや〜、久々に大笑いした!おもしろかったよ!アライグマのRJの大ファンになったよ。ストーリーはすごく単純だけど、主人公が動物だといいね、すぐ入り込める。会場はこども達がかなり多くて、RJと一体になって拍手がおきていたよ。RJはブルース・ウィリス氏の声を役所さんが、リスのハミーを石原良純さんが、カメのヴァーンを武田鉄矢さんが、スカンクのステラを友近さんが吹き替えていた。みなさん、ぴったり。やっぱり役所さんはしぶいね。ブルース・ウィリス氏の映画もついでに吹き替えて欲しいな。字幕も見なきゃ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/30 23:29
「東京ファンタスティック映画祭」
 友人から「東京ファンタスティック映画祭」が今年で休止すると知らされた。 (「東京国際映画祭」とは違う映画際である。) 私が李連杰(ジェット・リー)の迷になって今年で早10年。思い返せばあれは1996年の東京ファンタ(「東京ファンタスティック映画祭」の略)に来日するという噂を聞いた時。当時はニフティの映画フォーラムでしか情報を集めることが出来なかった。調べたら、前夜祭のオープニングで御大の「冒険王」がかかり、なんと「ハイリスク」もかかるというではないか。それに待ちに待った来日。場所は東京は渋... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/24 21:29
「鉄拳高」と「火山高」
 DVDで見た。それぞれ2001年公開。「鉄拳高」は香港制作、「火山高」「風林高」は韓国制作。「鉄拳高」はニコラス(謝霆鋒)くんとスティーブン・フォンくんが主演で友情のお話、「火山高」は縄張り争いのお話。「火山高」はCGふんだん、アクションシーン盛り沢山で、途中ストーリーが横道に少しそれたりする。でもヒロインが凛々しくて、最後のバトルシーンも見ごたえ充分。「鉄拳高」はかわいい二人の友情物語と書いてしまえば終わりだが、ニコラスくんとスティーブンくんだからこれまた、見ごたえ充分。美少年の鼻血姿はいつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/14 09:02
「日本沈没」(2006 年)
試写で見た。33年前のリメイク版。原作は小松左京氏。私は旧作品を見ていないし、原作も読んだことがない。まず小松左京氏の原作に驚いた。当時は如実にフィクションだったろうが、今日とても現実味を帯びて、ノンフィクションかもと思ってしまうところがすごい。おりしも昨日恐竜博物館に行ってきて地殻の勉強をしてきたばかりだから、余計考えさせられた。日本がユーラシア大陸から分かれたのはつい百年前の話。また数億年経てば地球も消滅しているかもしれない。 そんな先のことはどうでもいいって?だったら、今日すべきことは今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 19:56
「ブレイブストーリー」
試写で見た。宮部みゆき氏原作の「ブレイブストーリー」。 原作はまだ読んでいない。文庫にもなっているのでそろそろ読まねばというところである。 映画は、イマイチだった。ワタルと芦川のエピソードが中途半端。 海外の他の作品と比べるとかなり見劣りがする。主人公に感情移入出来ないのだから 冒険も何もあったものじゃない。脇役のかわいさで多少救われているのか・・・。 うーーん、「ドリームキャッチャー」の方がよかったかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 23:39
「カーズ」
試写で見た。うーーん、不覚にも前半で船をこぎそうになった。 アニメでは珍しいのだが・・・。体調も悪かったということはないのだから 映画がイマイチだったのか・・・・・。ま、そんなところです。 最後のクライマックスでは多少、盛り上がったのだが、エピソードが月並みで つまらなかったのが正直な感想です。こどもはおもしろかったのだろうか?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 23:28
「不撓不屈」
試写で見た。確かに重い映画だったが、もう少し税についての突っ込んだシーンがあってもよかったと思う。後半はやはり駆け足だった。その割には眠かった。 勉強不足?? だが、昭和の家庭は忠実に描いていてとても懐かしく感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/16 00:16
「お気に入りの映画監督」
アクション映画が大好きな私にとって、もっとも尊敬すべき映画監督は サム・ペキンパ−監督である。 中でも「ワイルドバンチ」「戦争のはらわた」「ガルシアの首」は秀逸である。 次に好きな監督は、ジョニー・トー監督かな。 「ザ・ミッション/非常の掟」「デッドポイント」「東方三侠」等。 ジョン・ウー監督も好きだが、「男たちの挽歌」等、作品によってというところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/16 00:03
「ダ・ヴィンチ・コード」
見た。私にはあまり面白くなかった。結局キリストは人の子なのねということが言いたかったのだろうか?よくわからん。やはり、キリスト教と歴史がわからないと内容もわからないということだろう。途中、歴史の勉強にしては駆け足だ〜と心の中で叫んでいた。 コードの謎解きはイマイチだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/06 00:20
「嫌われ松子の一生」
試写で観た。そうしたらなんと、中谷美紀さん本人と監督ともう1人、舞台挨拶に見えた。 はるばる名古屋まで。後方の席だったが、中谷さんの存在感、オーラはビシバシ感じられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 00:10
「ロンゲストヤード」
この映画はリメイクだそうだが、もとの映画を見ていなくても充分楽しめる。 結構、おもしろかった。 アメリカらしいスポ根?映画で、笑いあり、涙も少しありの娯楽映画だ。 看守対囚人のアメフト試合。 ストーリーも単純なので、見終わるとスカっとする。 期待しなかった分、よかったです〜 ラグビーやアメフトのルールは何回教えられても理解不能だ。 それでも楽しめますから、大丈夫! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/13 08:52
「トランスポーター 2」
<1>があまりに強烈だったため、結構期待してしまった。 正直、小粒という感想です。ストーリーも説得力がない。 サウンドトラックも断然<1>の方がよい。 <1>のサウンドトラックは、今でも車のCDチェンジャーの中に入っている。 アクションも、がんばっているなという感はあるが、 ホースなどの小物を扱う場面では、どうしてもジェット・リーと 比べてしまう。御大のスピードは世界一だと改めて思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/13 08:45
「マクダル パイナップルパン王子」
先週の土曜日、「マクダル パイナップルパン王子」を見て来ました。 名古屋ではシネマテークというミニシアターでしか公開していません。 それも明日のモーニングショーまで・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/20 23:54
「印象に残ったカメラワークが優れたアクションシーン」
ジョン・トラボルタ主演の「ソードフィッシュ」の開始10分間の打ち合い。 10分もなかったかもしれない。 これはカメラを何十台使用しただけあって、見ごたえ充分。 あとの本編はおまけのようなもの、と言っては言いすぎだが。 マトリックスもよいが是非これもおすすめする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/14 00:46
「山田太郎ものがたり」
念願の「山田太郎ものがたり」がDVDになった。 森永あいセレクションで13話だけだが構わない。 そのうちまた放送されると踏んでいる。 初めて観たのだが、おもしろいの一言につきる。 日本のドラマが好きな人にはだめかも。 私は香港映画が大好きなので、もの足りないくらいである。 私が見たかったのは、何をかくそう<杉浦先輩>である。 昨年みた「頭文字D」に出てきた劉畊宏(ウィール・リュウ)が気になって、 調べたら5年前に「山田太郎〜」に出ていたというのではないか。 放送は終わっているし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/14 00:32
「マクダル パイナップルパン王子」
いよいよ今日から名古屋でも公開です。 「マクダル パイナップルパン王子」が。 前売り券、買っちゃったもんね。 パンフレットと缶バッジ、もらったもんね〜 それに香港からVCDも届いたもんね〜(全然わかんないけど) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/08 00:34
「いちばん記憶に残った嫌なアクションシーン」
「いちばん記憶に残った嫌なアクションシーン」は もちろん、郭富城主演の「SPY_N」のラストに近いシーンの中の ビルの脇に吊るされたガラスの上でアーロンと紀香と敵が戦うシーン。 背中がムズムズ、10本の指が猫のように丸くなり、 肩が上がり、息もふぅ〜っと吐いていた。 DVDで観たんだけれど、映画館で観なくてよかったと このときばかりは思ってしまった。 でも、アーロンはかっこよかった! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/31 00:14
「風とともに去りぬ」
私が大学に入って初めて映画を観たのが、この「風とともに去りぬ」でした。 何故かクラーク・ゲーブルは知っていて、この映画を観てから好きになったのか、 その前から好きだったのかはもう昔のことです。 ジェット・リーに出会うまでは、<レット・バトラー>のクラーク・ゲーブルが、 私のいちばん好きな俳優でした。 先月(2月)、デジタルリアスター版で生誕60周記念で上映されることを知り、 半世紀ぶりに映画館で「風とともに去りぬ」を観ました。 久しぶりに観た「風とともに」は、なんと言っても<スカー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/21 18:05
「SPIRIT」
ついにジェット・リー、マーシャルアーツ最後の映画「SPIRIT」が 公開されました。 これは御大自らが集大成という映画だけあって、 素晴らしい映画となっています。 中盤の1人演舞する姿はまことに美しい。 そこだけでも必見です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/21 17:58
おめでとう、グルミット!
ついにアカデミーの長編アニメーション賞取ったね!! おめでとう、グルミット!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/09 23:27

トップへ | みんなの「映画」ブログ

シネマドライブ(シネカフェ) 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる