アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「おすすめ」のブログ記事

みんなの「おすすめ」ブログ

タイトル 日 時
「2016年 海外TVドラマの総括」
ついに終わってしまった「パーソン オブ インタレスト」(Person of Interest )。シーズン5の13話でとりあえず、「正常終了」。海外TVドラマの中では最強だった。5人のいや、6人のタッグは最強だと思う。彼らから、マシンからも人生を学んだよ。  「人は死ぬときは1人だよ」  でも他の人の心の中に生きていればその想いは続くのだと・・・ 「火星のプリンス」のジョン・カーターの「想いは永遠に続くのだ」という言葉を思い出した。 それがひいては希望になるのだろう。ジョン・リースよ、死なないで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 23:48
「TWINGO」 ルノー トゥインゴ 
秋雨の中、ついに試乗してきました。新型ルノー トゥインゴ!!滅茶苦茶可愛!! UP!やC3、パンダや500のいいとこどり〜内装もおしゃれ〜シートも女性にはちょうどいい。(男性には小さいかも) RRでターボ付き3気筒約0.9Lエンジン。出だしはまあまあで、30キロ当たりがちょっともたつくけど、60キロ以上になれば安定し、高速も楽しそう。是非MTに乗ってみたいものだ。 第一弾の予約は完売で、次も半年待ちなんて声も聞かれるとか。第一陣の納車は10月中旬頃だそうだ。いいねえ。 早く町中を走ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 22:34
「じゃがいも三昧」
今年もじゃがいもがたくさん採れました。1ヶ所は長野県平谷村で借りている農園で、もう1ヶ所は松本の実家で。 松本のアルプス市場では、3月にとてもたくさんのタネ芋が売り出されます。全部やってみたいと思うほど。 特にお気に入りは<インカのめざめ>です。他に比べたら収穫量は半分以下ですが、食べたときのあの独特の味とホクホク感がたまらく好きです。そのままゆでるか蒸して、塩ぐらいで食べるのがいいです。意外と煮崩れしにくいです。他に今年は、<タワラヨーデル><ジャガキッズパープル><オオジロ><キタアカリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/29 11:47
パン狂想曲 その1
 日本人ほど、パン好きな人種はいないと再認識した日々。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/07 22:37
「ほお葉祭り」 〜ほう葉巻が食べたい〜
 何年ぶりかに、「ほう葉巻」を食べたいということになって、早速でかけた。早ければ5月中旬から、7月まで続く木曽地方の郷土菓子です。米粉で作ったお餅にあんこを入れて、それを朴の葉で包み蒸した食べ物です。食べる時、朴の香りが広がり、一瞬山の空気がさっと通り過ぎるのです。これを食べると、いよいよ夏が来る〜・・・・のです。  ちょうど買いに行った6月4日(土)は、木曽の道の駅ごとに「ほお葉祭り」をやっていて、大量のほう葉巻きがとぶように売れていました。「ほう葉巻き」は、木曽中心に作られていて、「ほう葉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/05 23:19
「ブログ10年目に思うこと」
最近、橘木俊詔著「無縁社会の正体」と村田沙耶著「殺人出産」の2冊を読んだ。「無縁社会の正体」の本の副題が、「血縁・地縁・社縁はいかに崩壊したか」で、「殺人出産」の帯タイトルが「10人産めば、1人殺してもいい。」だった。すっごく相通ずるものがある。人口減少の中、10人産めば殺人が許される世界が来る・・・・のかもと思わせる淡々とした文章に、日本という国が直面しつつある危機がそこにある。まあ、どうあがいても来るだろうな。何万年後かには、太平洋のど真ん中にぽつんとある国になってしまうのに。だから、まだ今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/07 21:39
「エヴェレスト  神々の山頂 かみがみのいただき 」
試写会で観た。2016年日本公開。監督は平山秀幸、出演は岡田准一、阿部寛、原作は夢枕獏。 見どころは、標高5200M級で撮影されたエヴェレスト(邦画で初)。雪山と雪原に吹き荒れる風の音がBGMだ。 それは現実から遠く、神秘の山、神の山と呼ばれるエヴェレストに観る者を手繰り寄せていく。それを見るだけでも、この映画を見る価値がある。その上、エヴェレスト初登頂においての謎(マロリーとアーヴィン)が伏線に織り込まれていて、クライマックスでその謎が解けるか?!というのも見どころです。 人間を極限まで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/05 22:50
「八仙飯店之人肉饅頭」 原題:八仙飯店之人肉叉焼包
DVDで観た。1993年の香港映画。いや〜長年の夢だったアンソニー・ウォン(黄秋生)の出世作を観ましたよ!!これで、第13回香港電影金像奨最優秀主演男優賞を受賞したのです。本当はビデオがでた当時は、まだこころの準備が出来ていなかったのでかなり尻込みしてしまった。あれから20年。私もこれが観れる年になりました。ま、いつでもみれたんですがね。ちょうどレンタル屋さんにあったので観ました。 聞きしに勝る映画で、すごかったです〜アンソニーの怪演。それに、これがマカオで起きた本当の話を元につくられたなんて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 12:04
「Hay Day」(ヘイデイ) その4 ヘイデイ狂想曲はまだ続く
いや〜久々のブログです。といっても、ゲームの話。あれから4年目にもなるのか。体にも異変が出てきたにもかかわらず、止められない。この義務感がくせもの。そうやって人は依存症へ落ちていく。生活の一部と化している、スマホなんて体の一部と化している。いいね〜。 「ヘイデイ」は、相変わらずダービーが激しいので、今2つの農場はお休みして船積み一筋。1つはやっている。上位の方たちはアラビア語や中国語が多い。英語もたまにある。私のフォロワーさんたちは日本と反対側にいるらしく、売店の売れる時間が全く逆だ。今、自分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 11:41
「チェイス!」
DVDで観た。2013年制作、インド映画、でも撮影はシカゴ〜。ハリウッドとの融合ってな感じ。で、これも映画館で観ればよかった〜と後悔した1本でした。公開時、口コミがよかったので、見にいこうと思っていたら終わっていた・・・(泣) 主演のアミール・カーンに出会ったのも初めてで、インド映画を見たのも初めてで、私の好きなアクション満載、ダンスも満載、本当におなかいっぱいになりました。3時間なんかあっという間でした。アミールが撮影時、40代半だったとは思えない動きと肉体・・・!!最後もいい。「俺たちに明... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/27 22:45
「影なきリベンジャー」 (原題 極限探偵C+)
2007年香港。DVD。オキサイド・バン監督、アーロン・クォック主演のサスペンスアクション映画。実は輸入盤で買っていたが見ずに7年経ってしまった。字幕版が出たので即見てみた。 アーロン扮する3流探偵タムがタイの中華街で出会う奇妙な依頼。その依頼に引きつけられるように調査するタム。昔の香港を思わせる中華街で飛び交うタイ語と広東語はいいね〜。背景の薄暗さも最高。金のネックレスが似合う中年でもアーロンはアーロンだわ、と1人悦に入って見ていました。もう少し恐怖感が欲しかったです、サムの亡霊とか。 こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 23:46
「Hay Day」(ヘイデイ) その3 またはヘイデイ狂想曲
ヘイデイ(Hey Day)という名の農場ゲームをして早1年とちょっと。すでに3つの農場の持ち主になった。iPodtouch、android携帯、iPadminiの3つである. 何時間ゲームをやっているんだ・・・というつれの非難をもろともせず、今日もせっせと家畜に餌をやり、畑に種を蒔き刈り取り、フォロワーさんの農場を見て回り、売店をのぞき買い物をし、船出の荷物の準備をする。今まで、ネットサーフィンに費やしていた時間が、この農場経営の時間にとって代わっている。いや〜こんなにハマってしまうとは思わな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 23:34
「Hay Day」(ヘイデイ) その2
あれ(今年の1月)から半年、ついにヘイデイ廃人になりました。つれのスマホ(今売出し中の低価格スマホ)をぶんどって、2つ目「ヘイデイ」農場経営をしております。 色んなことがありまして、もちろん農場上ですが。とても仲のよいフレンドが、レベル54で退場となり、キッシュをみて泣いていましたが、やっと代わりをみつけ、そいつはちょっと気まぐれのアメリカ人だと思うが、ドイツ人には1日に一回は全部さらっていかされ、最近は中国人(ヘルプをしてしまった)が焼き物だけをさらっていく日々が続いている。 日本人の性で、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/12 23:09
「Hey Day」 (ヘイデイ)
今、映画ではなくなんと「Hey Day」というゲームにはまっています。(私はi pod tuchでしていますが。) 3年前にi pod tuchを購入してから、いろいろなゲームを楽しんだのですが、いや〜これはおもしろいというか、ハマります。ハマりました。 ただの農場経営のゲームなのですが、なぜか農場のそばを流れる川に船が来るんです。その船の積み荷クエストが厳しいのなんのって!それを世界中の人が助けてくれるんです。1回に付き3人までですけど。毎回違う人だったり、農場でフレンドになった人(こっち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/19 23:23
「ベルリン・ファイル」 
映画館で観た。うーん、久々に本物のアクションを見たという感じ。 最初、登場人物の把握にバタバタしたが、それも束の間、あっという間に話の中に引き寄せられる。そして、私の好きな銃撃戦へ突入する。香港映画と違い、敵対構図に北と南というのが必ず入って来る。ベルリンを舞台にしても、その構図は話の真ん中にでんと座っている。それも乗っかっての銃撃シーンは久々にすごかった。まぶしい光の中での応戦と、そのあとに来る1対1での原野での対決。いや〜ほんとスカッとしました。ラストは、香港映画だったらもう少しスマートに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/15 00:18
「遺体 明日への十日間」
試写で観た。原作石井光太著「遺体 震災、津波の果てに」(ルポルタージュ)、脚本・監督君塚良一、出演西田敏行、佐藤浩市、柳葉敏郎、沢村一樹、筒井道隆、緒方直人、志田未来等。 2011.3.11に起きた災害時災害後のことは、メディアもしくは伝聞でしか伝わってこない。映像として伝えるということは大切なことだと思う。時間がたてば映像化出来るかというと、記憶と感情は反比例するかもしれない。でも語って欲しいと思う。戦争体験がもうすでに風化の一途をたどっている。 体験していない者に語って欲しい、その感情を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/16 11:30
「犯罪予知ユニット」 原題:PERSON of INTEREST
今気に入っているのが「犯罪予知ユニット」。邦題とは中味がちょっと違うけど、ジョン・リース役のジム・カヴィーゼルとハロルド・フィンチ役のマイケル・エマーソン(のキャスト)がいい!! 製作総指揮はJ・J・エイブラムスとジョナサン・ノーラン。 ストーリーは現在と過去の行ったり来たりだが、監視体制のマシーンの出す番号を2人がどう扱うか、近未来的な結末が待っていそう。シーズン1が終わり、シーズン2は5月からのお楽しみだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/04 22:46
「ブラッド・ウェポン」 (2012年 原題:逆戦)
いや〜よかったよ!!最初からアクション全開で、最後は号泣!!(してたのは私ぐらいだったが・・・) ダンテ・ラム監督、やってくれるね〜  「ビースト・ストーカー/証人」「密告・者」もよかったが、本作は総仕上げと言ったら怒られるかな。 兄役にニコラス・ツェー、弟役にジェイ・チョウ、脇役もしっかり固め、ストーリーも始めからぶっとばしの、アジアを何か国もまたぎ、最後、船上でのクライマックスで号泣しました。あーまた観に行こうっと。 どんなウィルスもこの兄弟にかかったら逃げていくわな、と。 風邪なん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/03 23:26
「ここにおるんじゃけぇ」 −あいち国際女性映画祭2012より−
あいち国際女性映画祭は、1996年にスタートし、今年で17回目となる映画祭だ。はじめて参加した。毎年、観たいなあと思っているうちにあっという間に終わってしまう。でも今年は思いきって行ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/13 22:45
「最強のふたり」
映画館で観た。たくさん笑って、最後に感涙!!どんなコメントも追いつかないほどの映画・・・・は言い過ぎかって。それは観てのお楽しみ。 人間の「相性」は、とても大切だあ〜としみじみ思った。血がつながっていても、相性が最悪ってのもあるし、他人だからこそ分かり合えるってのもある。「縁」も大事。どうやって大事にするかっていうのは、その人の人間性にかかっている。短い人生だからこそ、見極めなくちゃ。何をって?その人にために何をしたいかってことを・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/13 22:26
「マダカスカル3」
映画館で吹き替えで観た。最高におもしろい!!暑さなんか吹き飛ばせっ!! 映画に対するオマージュもばっちり、4頭(4人?)の息もぴったり、あっという間の時間だった。何も考えず笑える映画。 ただおしむらく、私の好きなキングジュリアンの活躍が少しだったことと、、彼らの吹替えが・・・・・。私にはTVドラマの佐藤せつじさんと宝亀さんがよかったかな・・・・。ペンギンズは圧倒的な強さを見せつけ、吹替えも隊長と新人はTVドラマの声優さんでよかったです。TVドラマほどのキレはなかったですが。 大人も子どもも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/14 22:19
「BRAVE HEARTS ブレイブハーツ 海猿 」
むむ、今年上半期映画の振り返りを書こうと思っていたら、もう7月に突入してしまった。 うーむ、先月小笠原諸島の父島に行ってきたのを書くのを忘れていた・・・・。 なんだかな、日常生活にすべて埋もれてしまっている・・・・。いかんなあ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/04 23:30
「クイック」 2011年韓国・原題:QUICK
DVDで観た。超面白かった〜!!監督チョ・ボムグ、出演イ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォン等。 ストーリーはバイク版「スピード」で、バイク版「クイックメッセンジャー」かな?ちょっと違うけど。 案外、単純かなと思っていたら、意外、終盤でシリアスな面も出てきた。でもって、くどい笑いも爽快なアクションで帳消しにされる。久々に体を張ったアクションが小気味良い。宙に描かれるバイクのタイヤ軌道が美しい! バイクが小道具の映画でクールなのは多々あるが、これほど笑えるのはないかも・・・(笑)。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/27 21:41
「メカニック」 & 「ブリッツ」
ちょっと前にDVDで観た。本当は映画館で観たかったのだが、時間調整出来ずDVDと相成った。 もちろん、主演はジェイソン・ステイサム。ここ数年、アクションにノリに乗っているんじゃないかなあ・・・と思う。 ジェイソン・シテイサムのアクションは、男臭さ満載でカッコイイと言うわけでもなく、かといってクールな殺し屋というわけでもなく、紳士っぽくて女に甘く、忠誠心や愛国心でがんじがらめというわけでもなく、でも義理堅く、スマート。やはりイギリス出身だから・・・なんて屁理屈をつけてみた。ブルース・ウィリスみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/23 21:19
「ビースト・ストーカー」 (2008年原題:証人) & 「密告・者」 (2010年原題:綫人)
久々のブログです。何故か4ヶ月も書く気がおこりませんでした。ま、そんなもんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/20 23:08
「ロボジー」
試写で観た。新春初笑い!!いや〜笑った、笑った!!さすが矢口史靖監督(脚本も)。この「ロポット」と「じいさん」というありえそうでありえない組み合わせが絶妙。いよっ、ニュ−潮風!! ストーリーは、もちろん「じいさん」である五十嵐信次郎が「ロボット」に・・・・というストーリー展開になるのだが、最後にはそのロボット「ニュー潮風」が独り立ちする???のである。そう、独り立ち。<制御不能>で独り立ち。 いや〜もう是非是非、「ニュー潮風」に会って来て下さい。一発でファンになること間違いないです!! 出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/11 22:23
「箱根駅伝 2012」
今年も見た、箱根駅伝往路。柏原竜二の走りを見るため。彼は4年生なので箱根駅伝も今年が最後だ。 今年の彼は最後にふさわしく、やってくれましたよ〜〜5区区間新。自己の記録を塗り替え、見ている人たちに<希望>を与えてくれました!!TVで観ていても、箱根の山道や温泉街の人の多さにびっくり。みんなが柏原の走りを期待しているんだなと。彼の走りは東北の人たちはもちろんのこと、全国の人々を感動させたと思う。ありがとう、柏原竜二、これからは違う道を走ると思うが、決して箱根の道も我々も君の走りを忘れることはない!... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/02 22:40
「新少林寺/SHAOLIN」 
映画館で観た。久々に号泣した、アクション映画でだ。 2010年中国・香港製作。監督・製作はベニー・チャン、アクション監督はコーリー・ユン 、スタント・コーディネーター はニッキー・リー。出演はアンディ・ラウ、ニコラス・ツェ、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェンら。 この映画はよかったよ〜〜。「投名状」や「墨攻」のアンディ・ラウより、また「ラスト・ソルジャー」のジャッキー・チェン、また「孫文の義士団」のニコラスより、この映画の彼らは本物だったよ〜〜。ストーリーも正論真っ向勝負って感じでわかりや... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/12/03 23:58
「アントキノイノチ」  〜第64回新聞週間記念の集い・名古屋地区〜
 今年の新聞週間記念の集い(名古屋地区)は、「名古屋の豊かさ〜文化的、歴史的に」と題して小説家で愛知出身の清水義範氏が講演を行いました。関東と関西の中間で独自の文化が栄えているのは、川と肥沃な平野のおかげということを仰っていました。「たわけ」という言葉は、「ばか」と「あほ」の中間というのもおもしろかったです。 講演と映画の空き時間に、会場に入る際渡された新聞配達に関するエッセーコンテスト入選作品集(第18回)「ふれあいの詩」という小冊子を読みました。短いけれどとても温まる文がたくさん載っていて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/23 18:00
「人生、ここにあり!」 原題: Si Puo Fare!(やればできるさ!)
映画館で観た。2008年イタリア映画。監督ジュリオ・マンフレドニア、出演はクラウディオ・ビジオ、アニータ・カプリオーリ、アンドレア・ボスカ、ジョバンニ・カルカーニョ、ミケーレ・デ・ビルジリオ、カルロ・ジュセッペ・ガバルディーニ等。 バザリア法(1978年イタリアで公布された世界初の精神科病棟廃絶法の通称)で精神病棟の撤廃が進められていた1980年代のイタリア・ミラノが舞台。実話を映画化したコメディドラマ。 熱血だけのネッロは他の労働組合からお払い箱になり、精神病院から追い出された元精神病患者... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/09/17 22:46
「海洋天堂 OceanHeaven」
映画館(名古屋の名演小劇場)で観た。主演はジェット・リー、監督シュエ・シャオルー、脚本シュエ・シャオルー、製作ビル・コン、ハオ・リー、マー・フェァフォン、他の出演者はウェン・ジャン、グイ・ルンメイ、ジュー・ユアンユアン、カオ・ユアンユアン、ドン・ヨン、音楽久石譲、撮影クリストファー・ドイルというスタッフもそうそうたる顔ぶれ。 やっと観ることが出来た。「アクション俳優のジェット・リーがアクション抜きで演技!」というキャッチコピーがついてしまう李連杰は損だなあとつくづく思う。李連杰の裁縫や料理を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/08/15 22:05
「名古屋市科学館 プラネタリウム in 七夕」
世界最大級の直径35mの円球体だというプラネタリウム(名古屋市科学館)の夜間投影が当たったので7月7日に行ってきた。ちょうど七夕。外は生憎の雨だったがもちろんプラネタリウムの中は快適そのもの。 350名一度に見ることが出来、チェアーの座り心地もとてもよかった。椅子の角度がちょうと見やすい角度まで倒れるようになっており左右に30度ぐらいふれるので首を回す必要もさほどない。まず投影機の説明から始まった。中央にある穴が無数に開いたおもしろい球体が光学式プラネタリウムの「ユニバーサリウムIX(9)型」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/24 22:22
「ビューティフル BIUTIFUL 」
試写で観た。監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、出演はハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥアルド・フェルナンデス等。さすがハビエル・バルデムである。スペインの大都会の片隅でひたすら生きる男を演じさせたら彼の右にでるものはいない。欧州の大都会でも貧困や格差ははびこっている。再認識した。 人間の「生きる」ってなんだろう・・・・。ほんとしみじみ考えるよ。「127時間」もそうだったんだけど「生きる」ことが永遠に続くわけではないから生きるんだろうな。でもその生きる糧は子どもだったり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2011/07/04 20:01
「孫文の義士団」
映画館で観た。いや〜久々にアクション映画を観たぞという感じ!!これぞワイヤーアクションってか。 ドニー・イエン、頑張っていますね。(「処刑剣」も観たかったんですが、こちらを優先しました。) ニコラス・ツェも大人になって・・・・。むむ、サイモン・ヤムはほんとに友情主演って感じです。 私も勉強不足だからはさておき、歴史のひとコマに名もない人たちが大義のために命を落として行くって話なんだけど・・・。当時の中国の街並のセットが大変素晴らしい!!何年もかかったということだが、その甲斐あって、街中での... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/07/03 22:56
「HAWAII FIVE-O(ハワイ・ファイブ・オー)」 シーズン1
今、AXNで放映中。1968年〜80年の12年間放送されたポリスアクション(米では大ヒット?!)のTVドラマのリメイク版。旧作の方も1970年代に日本でいくつか放映されたそうだが、ヒットしなかったそうだ(もちろん私は観ていない)。それのリメイク版として2010年秋に米で放映。出演はアレックス・オローリン、スコット・カーン、ダニエル・ディ・キム、グレイス・パーク、ジーン・スマート(「24」でのローガン大統領夫人)等。 いや〜スカッとする!!おもしろい!!つっこみどころもあり〜のだけど、4人の息が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/03 22:34
「BOSS 2ndシーズン」
来たぁ〜!やったぁ〜!ついに(涙、涙、)・・・・・長かったよ〜。 だいぶ前のような気がしているけど、「BOSS」たった2年前(2009/4〜9)の放送なんだね〜。 お帰り、大澤絵里子こと天海祐希姉御。他のメンバーもそのままでよかった。時々ファーストシーズンと替わる時があり、大概はずれるんだな。舞台は警察ではなく、大澤絵里子の世界(ワールド)なんだな。 軟弱ハードボイルドにコミカルさが増す方向に向かうのか、コミカルさを押し殺してハードボイルドに突き進むのか?それが問題だ。見てのお楽しみ!ちな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/03 22:37
「ニュースメーカーズ」 原題 GORYACHIE NOVOSTI
DVDで観た。劇場未公開。2009年ロシア・スウェーデン製作。監督はアンダシュ・バンケ、出演アンドレイ・メルズリキン、エフゲニー・ツィガノフ、マリア・マシュコヴァ、セルゲイ・ガルマッシュ、マクシム・コノヴァロフら。 いや〜おもしろかったよ。それもそのはず。調べたらなんと、ジョニー・トー監督の「ブレイキング・ニュース」のリメイク版だと言うではないか。全然気がつかなかった・・・。でもおもしろかったからいいや。「ブレイキング・ニュース」自体は私にはそれほどでもなかったのかな?・・・・。ケリー・チャン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/16 21:44
「GANTZ」 PART1
試写で観た。おもしろかったよ〜!原作は「GANTZ」というコミック、例によって読んでいないが着眼点はおもしろいと思った。「デスノート」や「死神の精度」より私にはおもしろかった。 出演二宮和也、松山ケンイチ(ちょっとふっくらした?)、伊藤歩、吉高由里子、田口トモロヲら。監督佐藤信介。 舞台が夜中心なので画像が暗いが、その反面グロさが減少されて観やすい。 千手観音おもしろかった!!あれ欲しいと思ってしまった。アニメより実写にした効果かな。 PART2で終わるのか続くのか?原作を読んでみたいと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/01/22 10:09
「萩尾望都原画展」 デビュー40周年記念
今日から名古屋栄三越で、萩尾望都先生の原画展が開催されている。(2010/12/22〜2011/1/3) もうデビューされてから40年も経つんですね〜。\_(^◇^)_/\(*^^*)/ おめでとうございます!! 約250枚程、デビューから最新作までの原画や原稿展示がされていた。 (デビュー作から代表作のポーの一族/トーマの心臓/メッシュ、資料雑貨展示等) トーマの心臓やマージナルなど舞台化された作品の衣装や映像なども最後にちょこっと展示されていた。 <萩尾望都>といえば私よりちょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/22 23:15
「クリスマスXmas 名古屋ワンナイトクルーズ 続き」 飛鳥U 画像編
ウエルカムスイーツとドリンク↓ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/20 21:46
「クリスマスXmas 名古屋ワンナイトクルーズ」 飛鳥U ASUKA CRUISE
乗って来ました、飛鳥U。12月17日(金)〜18日(土)のクリスマスワンナイトクルーズ(名古屋)。いつも車で移動ばかりの旅だったので、正直クルーズと言ってもあまり興味が湧かなかった。むしろ、え、船でドレスコード?!ってビビっていた。ビビったドレスコードはインフォーマルだったが、実際ふつうのワンピースでよかった。慣れないとは恥ずかしい。 年配者が多いと聞いてはいたが、本当に平均年齢が高かった。若者はほとんど見みかけず、ファミリーと言っても年老いた親と子どもっていう図?!。 いや〜でも乗船してみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/18 22:50
「最後の忠臣蔵」 (少々ネタバレ有)
試写で観た。ほんと感動した、の一言。で最後は号泣。時代劇でこれほど泣いたのは初めてかも。前の席のお爺さんも後のお姐さんも号泣していた。(隣には誰もいなかったのであしからず) 監督杉田成道、原作池宮彰一郎、脚本田中陽造、出演役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、笈田ヨシ、山本耕史、伊武雅刀、片岡仁左衛門等。 桜庭ななみの白無垢姿が本当に美しい。きりりとした美しさ。是非その姿をスクリーンで見て下さい!! 話の合間に差し込まれる人形浄瑠璃もよい。久々に日本の芸を垣間見たようだ。 話自体はど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2010/12/07 10:53
「プントとドライブ 2010・紅葉 香嵐渓」
11月26日(金)、20年ぶりに連れと香嵐渓へ紅葉を見に行った。久しぶりの香嵐渓のもみじは空の蒼に映えて、とてもきれいだった。朝7時半に家を出て香嵐渓の駐車場についたのは9時ちょっと前。渋滞もなくスムーズだった。でも人はもう結構いてにぎやかだった。香嵐渓の中心部に位置する飯盛山に、つれが登ると言ったので初めて登ってみた。片道15分。もみじが所々や山頂にありとてもきれいだった。いや〜あなどれない飯盛山。初春にはカタクリが生息する地もあるという。積積寺の山門手前より↓  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/27 22:30
「SPEC 警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿」 ほか
今金曜日に連続TVドラマでやっている番組。私は「ケイゾク」は見ていないのだが、同じ監督とのこと。「SPEC」はどうも「ケイゾク2」として世に出されたらしい。主演は戸田恵梨香、加瀬亮。 私的には結構面白いと思って見ている。加瀬亮がいい。CBC中部放送の中華料理屋も名古屋ネタでおもしろい。 超能力がメインなのだが、もっと大風呂敷広げて、超能力者同士の戦いまで行くとなお面白い。へっへ。 ただこの長ったらしい番組名を、番組が終わるまでには絶対意地でも言えるようになるぞとな。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/05 23:58
「天使の眼、野獣の街」 原題:跟蹤、英題:アイ・イン・ザ・スカイ
DVDで観た。いやぁよかったよ〜、面白かった。今までとは一味違う香港映画、ポリスクライム映画だ。 製作ジョニー・トー、監督ヤウ・ナイホイ(ジョニー・トー組の脚本家)、出演サイモン・ヤム、レオン・カーファイ(久々に観た)、ラム・シュ、新人のケイト・ツイ等。(2007年香港) 警察の「監視班」が犯人を追いつめるストーリーが珠玉だ、香港映画らしくって。犬頭の小話がいい。頚動脈を切られた時の小話。いつもならここで激しい銃撃戦だが、追いつめる天の眼が鋭く犯人を見ている。群衆の傘と雨の様子が子豚ちゃんの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:05
「小さな村の小さなダンサー」
映画館で観た。2009年オーストラリア製作。実話に基づいた話。中国山東省の山間の村の貧しい家の六番目の男の子(リー・ツンシン)が、ひょんな事から北京舞踏学院へ行き、そこでもひょんな事からアメリカに留学になる。アメリカ留学したところ本物のバレエに目覚め、バレエを続けるには亡命という手段になってしまい、そんな中でも一流のバレエダンサーになり、最後は無事故郷に凱旋するという話だ。毛沢東の文化政策から、毛沢東の死を経て改革解放へという大きな波とともに、主人公の人生が変わっていく様が凄い。運命とはかくある... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/07 22:39
「切腹」 原題 Harakiri
DVDで見た。この間「十三人の刺客」(1963年)を見たついでに借りて来た。1962年製作、監督小林正樹、出演仲代達矢、三國連太郎、石浜朗、岩下志麻等。これは今まで見てきた邦画の中でも三本指の中に入る映画だ。 イヤ〜凄かった。やっぱり仲代達矢は武士やね。三國連太郎との掛け合いは、緊張感しっぱなしで一時たりとも目が離せなかった。話は一言では言えないので割愛する。 彼は最後まで武士を貫き通すしかなかったんだろうね。それは男気なのだろうか・・・・??武士の体面なのか男気なのか私にはわからなかったが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/29 22:11
「ワイルドバンチ」
映画館で観た。我が敬愛するサム・ペキンパー監督の作品(1969年)だ。TOHOシネマズが<午前十時の映画祭>と名を打って何度観てもすごい50本を今年の2月からかけている。全部観れればよいのだがなかなかそうはいかない。その中でこれは是非観ておかなければという1本がこの「ワイルドバンチ」だ。彼の西部劇に対する想いがすべて入っているからだ。 ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、エドモンド・オブライエン、ウォーレン・オーツ 等、何度観ても格好よい。男はこうでなくてはっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/18 21:01
「配達あかずきん」
単行本で読んだ。大石梢著。坂木司の本同様謎解き本だ。ミステリーというより謎解きといった方がいいかな。 「配達あかずきん」は大きな書店で働く店員とバイトの女性2人が本屋で謎解きをするっていう話だ。 この本も、登場人物がすこぶる清潔で礼儀正しい人(という印象を何故か受ける)たちが運んでくる謎というか出来事をきれいに片付けるという。スカッとではなく、ぽつぽつと解いていく2人の謎解きには好感が持てる。人柄の表れか。 私が店員をやると、きっとすっごく偏った店員になってしまうだろうな。でもインクの匂い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/29 17:37
「ドラムライン DRUMLINE LIVE 2010]
今日、「ドラムライン」の名古屋公演昼の部を見てきました。めちゃくちゃ、かっこよかったです!! すっごいパワフル!!あのパワーはどこからくるのだろうか。もちろんパワーもらってきました。 前半戦はアメリカのソウル中心に、懐かしい年代の歌やダンス、演奏がノンストップで。 もちろんマイケル・ジャクソンもありました。暗闇から浮き出てくるドラムの枠とスティックと人型の骸骨が、ドラムの演奏とともにイリュージョンの世界へ!!もうすべてくぎ付け!!超クール!! 後半戦はそれこそ真骨頂のドラムバトルから始ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/28 23:07
「仔羊の巣」「動物園の鳥」
文庫本で読んだ。坂木司著。ひきこもり探偵鳥井真一と坂木司の話。このペアに慣れてきたせいか1作目より感動はなかったが、それでも独特の2人の世界に引き込まれて行った。共依存には違いないだろうが、鳥井のかもし出す雰囲気やあの毒舌は好きだ。出会った人たちとのほんわかとした雰囲気は、ミステリーとはひと味違う青春の匂いがした。ラストには少々不満が残ったが、まあ独り立ちはお互いできないかもしれない・・・・・。 新井和也にしろ坂木司にしろ隔世の感がある。この2人の方がちょっと変わっているかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 22:15
「青空の卵」
文庫で読んだ。坂木司著。いや〜よかったよ〜。またクライマックスで泣けてきて泣けてきて。 久々泣きながらよんだのかも。号泣ってわけでなく、じわじわじわっとあふれてくる。 男性二人の特異な関係の物語。と書けばそれまでだが、その2人を描く作者が滅茶苦茶やさしい。 私好みの人物像がいろいろしでかしてくれるのがうれしい。 楽しみにこのシリーズを読もうと思う。坂木くんの言葉や鳥井の言葉に誰だって同じこと考えているのに、 行動するかしないかの分かれ目は自分だな、やっぱり・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/18 12:58
「切れない糸」
文庫本で読んだ。坂木司著。2005年単行本で刊行。青春ミステリーらしい。 つい最近の新聞の書評にこの本がよいと書かれていたので読んでみた。 よかった〜!!一気に読んでしまった。4話に分かれているが、4話のクライマックスにさしかかると、不覚にもほろりと涙が・・・・・。ミステリー読んで泣いたのは初めてかも。書評もたまには信じるべきかも。 書評には簡単なあらすじが載っていて、それを読むとだいたい自分の好みと合うか合わないかがわかる。 題名と著者の名前をプラスすると、もっとその確率がよくなる。で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/15 17:15
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 (少々ネタバレあり)
試写で観た。製作リドリー&トニー・スコット兄弟、監督ジョー・カーナハン、出演はリーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー、クイントン・”ランペイジ”・ジャクソン、シャルト・コブリー等。 久々、超どハデなアクション映画、まさに痛快といってよいスカッとする映画だった。 80年代に人気があったTVドラマの映画版。ストーリーもそれなりにトラップがあり、テンポも速くて楽しめる。 いちばんの醍醐味はこれでもかってぐらい爆発が起きる。久々にみたかも。 確かにビルの壁のシーンはうならせる。 ハンニバル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/06 23:12
「アドレナリン/ハイ・ボルテージ 」 原題: Crank 2: High Voltage 2009
BR(ブルーレイ)で見た。 実はその日、ばね指の腱鞘切開術をした。部分麻酔で20分足らずの手術だったにもかかわらず、手術着を着て手術台の上に寝て、あのライトを浴びなら手術は行われたのだった。先生に手術は「みたいもの怖さ」と言ったら、「怖いものみたさ」でしょうと突っ込まれた。しんちゃんのように「そうともいう」と言ってしまった私は全身麻酔だったらどんなによかっただろうと思ってしまった。30分もすると麻酔が切れてきてズキズキドキドキ、痛いのなんのって。それで痛みを紛らわすために「アドレナリン2」を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/05 18:26
「トイ・ストーリー3」
映画館で観た。トイ・ストーリーシリーズの3作目、いや〜、泣きましたよ。 これは子どもより大人が泣くでしょ。あ、でも私の涙腺はちょっと違うから、あてにならないかも。「紅の豚」や「ミラクル7号」で泣いた人だから・・・・ね。へたなお涙頂戴映画は泣けないけど、アニメは別。感情の盛り上がりの持って行き方が王道なのでついつい涙腺がゆるんでいってしまう。子どもすら泣いていない映画で泣いてしまう。 大掛かりな脱走劇もあって下手なアクション映画より盛り上がるし・・・。 是非吹替えで見てね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/15 16:59
「必死剣鳥刺し」
試写で観た。原作藤沢周平、監督平山秀幸、出演豊川悦司、岸部一徳、小日向文世、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ等。いつものように原作は読んでいない。けれど、時代劇好きにはたまならい一本だと思う。 よかったです〜。豊川悦司がここまで侍をやれるとは思わなかった。色々評価はあるようですが、死に場所を決めていた男にとって、あの最後の鳥刺しは自分の意地ではなかったのでしょうか。本当は何故あの時妾を殺したか、自分でもわからなかったのかもしれませんが、きっとあの時でなければいけなかったのでしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/07/02 18:12
「春との旅」
映画館で観た。脚本・監督は小林政広監督、出演は仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、田中裕子、淡島千影、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之。 本当によかった!!です。最後は号泣でした。仲代達矢氏の目力はすごい。本当に釘付けでした。老人の役なのに私には武将の目に思えて仕方なかった。黒いウールのコートもよれよれのはずなのに、彼が羽織ると粋になってしまうんだな、これがまた。柄本明のジャージ姿もある意味、粋だが・・・。 人間の尊厳と絆は、死ぬとき死に近づいて行くときにこそ必要なのではないか。この映... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/06/11 23:20
「告白」
試写で観た。原作は2009年本屋大賞をとった本「告白」。脚本・監督は中島哲也、出演松たか子、岡田将生、木村佳乃、オーディションで選ばれた37人の中学生達。この子ども達の演技がいい。特に犯人A、B、少女Aの3人が。 例によって原作は読んでいないが、脚本がいい。出だしもいい。ま、終わりの言葉は予想出来たが。 サスペンスヒューマンドラマ。テンポもよく、クライマックスまであっという間の出来事だったような気がする。<命>という言葉をふんだんに盛り込み、これでもかというぐらい子どもたちに見せつける。現代... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/28 23:45
「スタジオジブリ・レイアウト展」
今名古屋の百貨店で、中部地方初となるスタジオジブリのレイアウトの展覧会が開かれている。(〜6/13) つれが見たいと言ったので見に行った。展示されている点数は1000点以上とのこと。なんと見終わるのに2時間近くかかってしまった(しかも後半はとばしたのにかかわらず)。 レイアウトとは、絵コンテの次の段階で「画面構成」すなわち画面の構成を設計することだそうです。エンピツやペンで描かれているレイアウトは、とても細かい画ばかりでまさに職人技!!宮崎駿監督のTV時代のレイアウトをみるだけでも一見の価値... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/05/15 22:14
「RAILWAYS(レイルウェイズ) 49歳で電車の運転士になった男の物語」
試写で観た。監督は錦織良成、出演中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪功、宮崎美子ら。こちらも「孤高のメス」同様芸達者な俳優たちの競演だ。なかなか今月の邦画はよいなあ。 日本の女は強いのはわかっているけど(高島姉御はさすが貫禄あります)、日本の男も捨てたものじゃないと思わせる映画でした。こちらも男のロマン系ヒューマンドラマというところかな。夢をもてない社会と言われ、20年30年後の日本社会を想像するだけでめまいがして来る今日この頃、久々に<夢を持って>とさらりと言う映画を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/14 23:14
「孤高のメス」
試写で観た。原作は大鐘稔彦著の同名小説。例によって原作は読んでいない。監督は成島 出、出演は堤真一、夏川結衣、吉沢悠、平田満、柄本明、松重豊、余貴美子、中越典子、生瀬勝久、成宮寛貴ら。 とても熱いヒューマンドラマだった。主人公当麻鉄彦は一本筋の通った男だ。静かなる中に強靭な意思を感じた。夏川演じる看護師ナミコからの視点で彼を語らせたのは、より感情移入が出来、彼の凄さも引き出せたのではないかと思う。手術もとてもリアリティがあり、瞬きせず食い入るように観てしまった。20年以上前の病院や社会の描写も... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2010/05/13 23:11
「グッド・バッド・ウィアード」 原題 The Good, the Bad, the Weird
DVDで観た。いや〜おもしろかった!またまた映画館で観ればよかったと後悔しきり・・・・うーん。 ひたすら打ちまくって、走りまくって、笑いまくる実にエンターテイメントな映画だ。 2008年韓国。監督は「反則王」のキム・ジウン。主演はソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン。 「続・夕陽のガンマン」にインスパイアされて製作された韓国製ウェスタンだそうだ。 「続・夕陽のガンマン」は見ようと思ってまだ観ていない映画の1つだが、別にこの映画を知らなくても充分楽しめるし、これはこれでありであると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/30 00:34
「ザ・ペンギンズ from マダガスカル」
今TVで放映されている。映画の「マダガスカル」から鋭い脇役ペンギンズが主人公のアニメ。 ペンギンズもいいけどなんといってもキング・ジュリアン!こいつは最高!!なんと言っても私に似ているとつれは言う。超自己中この上ないやつ!!でも憎めないやつでしょ。仕切り屋だけど踊りは超上手い。踊って踊って人生終わるみたいなやつ。モーリスがいなければ本当は何も出来ないとみせかけて、実は周りの人を上手く使っているとても要領のいいやつ。人生についてこれっぽちも思っていないやつ。やつ自体が自然体!!みんな、スキスキっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/17 22:39
「ダブルバウンド」 原題 FOOLPROOF
DVDで観た。2003年カナダ。監督ウィリアム・フィリップス、出演ライアン・レイノルズ、クリスティン・ブース、デビッド・スーシェ等。アクションクライム映画。 パッケージにレンタルスタッフの一言が「あとあじすっきり」と書いてあったので借りてみた。 そのとおりだった。ストーリーは単純で、趣味で犯罪計画を立てている3人を、大物怪盗がおどしてもっとスケ−ルが大きい犯罪計画へと導く。ドアロックの解除とかエレベーターのシャフトを使うシーンはよくあるシーンだったが、最後の最後にどんでん返しがあって、とても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/04 22:33
「ルックアウト(見張り)」 THE LOOKOUT
DVDで観た。2007年米・監督脚本スコット・フランク、主演はジョセフ・ゴードン・レヴィット。クライムサスペンス映画だ。主人公は、自分の起こした交通事故で外傷性脳損傷となり、記憶が飛ぶ。その主人公が否応なしに犯罪に巻き込まれ、でも病気のため罪にはならず、めげずに病気と向かい合う勇気を少しずつ持っていくというストーリーだ。主人公を演じたジョセフ・ゴードン・レヴィットがいい。芯のある眼が美しい。難しい病の役を、繊細に演じている。拾いものだったな。このままの目力で雰囲気のある役者になっていって欲しいな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 23:28
「チェイサー」 THE CHASER
DVDで観た。昨年映画館で観そびれた。観とけばよかったとまた後悔しきり。 うーーん、凄かった!、の一言に尽きる。韓国のサスペンス映画は本当に迫力があるとしみじみ思う一本である。 他の作品をとってもしかり。香港のクライム映画とは一線を画す明らかな違いがある。香港のは香港でまた銃撃戦がよいのだがね。 この映画はナ・ホンジン監督の長編第一作目だという。いや〜注目を集めるはずだ。 主演はキム・ユンソクとハ・ジョンウ。初めて画面でお目にかかったが、キャスト的にもぴったり。 犯人と主人公の元刑事と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/12 20:14
「葦牙(あしかび)」 こどもが拓く未来
映画館で観た。小池征人監督のみちのくのある児童養護施設の記録映画である。 岩手県盛岡にある児童養護施設「みちのくみどり学園」での児童たちの生活を通して、いのちの尊さ、教え育てるという教育の原点を映している。先日、「闇の子供たち」というDVDを観て落ち込んだだけに、この映画は生命の大切さ、息吹を力強く感じる。<いのちってやぱっりいいもんだ!!!>「闇の子供たち」は原作も読んだが、原作の方が描写がもっと具体的で、想像しただけでおぞましい気分になってしまった。ハイチの子どもたちのドキュメンタリーもT... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/11 21:59
「アバター」 (原題「AVATAR」)
やっと映画館で3Dで見た。脚本・監督ジェームズ・キャメロン。出演はシガーニー・ウィーバー、サム・ワーシントン等。 噂に違わず、よかった!感動した!もちろん映像美や映像美術に対してもだが、ストーリーにもだ。勧善懲悪のストーリー展開だが、自然と生の絆や繫がりを大上段に構えず、美しい映像に載せて語りかけてくれる。 つれも珍しく感動していて、「もののけ姫」や「風の谷のナウシカ」を足して割ったような話だなと言っていた。 それらの影響は無論あるだろう。また、彼の得意分野であるアクション... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/31 22:48
「インビクタス/負けざる者たち」
試写で見た。ネルソン・マンデラの実話を元に、クリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマン主演と来た日にゃ見ないわけにはいかない。 クリント・イーストウッド監督は映画を知り尽くしているので、クライマックスへ感動の波をもっていく行き方が上手い。 ラグビーをあまりよく知らないので、試合の醍醐味が半減してしまい、クライマックスへの波にちょっと乗り遅れてしまったが、あの大観衆の鼓舞はすごいものだった。マンデラは国を1つにしたかった。それにラグビーを使ったわけなのだが、あの大歓声が成功の証拠だ。こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/28 23:02
「ゴールデンスランバー」(ネタバレあり)
試写で観た。原作は伊坂幸太郎の同名著書。監督は中村義洋、主演は堺雅人、出演竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、永島敏行、香川照之、柄本明、濱田岳等。そうそうたる顔ぶれだ。例によって原作は読んでいない。 が、結構おもしろかった。アクションものかと思いきや、結構笑えた。サスペンスと思いきや、結構先が読めた。 「無実の男、首相暗殺犯に断定」「誰が彼を救えるのか。」というキャッチコピーそのまま、話は進んでいく。 邦画にしてはテンポもよく、主人公の過去(学生時代)も織り交ぜ、みせるエンターテイメントに仕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/21 19:41
「殺人の追憶」 「母なる証明」
2週間ちょっと前に映画館で「母なる証明」を見る前に、ボン・ジュノ監督の「殺人の追憶」(2003年)を観て予習しよう(何の予習だ?自分でも解らんが?)と思ってDVDを借りて観た。 これがまた、おもしろかった。うーーん、私的には「母なる証明」よりこちらの方が断然おもしろかった。「ほえる犬は噛まない」(2000年)もおもしろかったが、スリルでは断然こちらの方だ。 韓国の未可決事件(実話)を元に描かれたサスペンスアクション映画だ。いや〜、ソン・ガンホを始め、出演者の見事なこと。あっという間の2時間だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/27 12:12
「マン・オン・ワイヤー」
久々に映画館で映画を観た。ちょっと気になっていたドキュメンタリー映画だ。2008年アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー賞を受賞した。ふだんドキュメンタリーは好んで観ないが、この映画は綱渡り=高い所つながりでなぜか触手が動いた。 映像・ストーリーの中心は、1974年、NYのワールドトレードセンターでの綱渡り。渡ったのはフランス人の若き大道芸人フィリップ・プティ。当時確かにニュースになっていたようだが、私の記憶の端にはやっとひかっかっているかいないかの事柄だった。現在のプティのインタビューをはさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/07 10:14
「ベーカリー街の悪夢」 〜ウォレスとグルミットの短編最新作〜
名古屋のシネマテークで先週観た(字幕版)。きゃあ〜グルミット!!うーーん、相変わらず、可っ愛いい!! 「ベーカリー街の悪夢」(29分)は短編なので、「チーズ・ホリデー」(荒削りで、懐かしい)と「ペンギンに気をつけろ!」(←号泣!)「危機一髪!」(←最高!)の3本を揃え、堂々の4本立てだ〜どうだ、まいったか!! 今回は、グルミットの淡い恋模様に、相変わらずの大ボケのウォレスにどうだっと言わんばかりのグルミットの突っ込みはちょっと押さえ気味かな・・・・。でもたまにはいいか。 小道具のパンがまた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/27 21:08
「トランスポーター3 アンリミテッド」
映画館で観た。リュック・ベッソン製作・脚本、オリヴィエ・メガトン監督、コーリー・ユン武術指導、ジェイスン・ステイサム主演のぶっとびアクション映画だ。 うーーん、さすがにおもしろかった!!満足満足!!フランクが脱ぐわ脱ぐわで満足!いやいや列車に突っ込むフランクに拍手!!スタント全員に大拍手!!というように、アクションはコーリー・ユンが武術指導で安心して見れた。ジェイスンも貫禄が付き、見事な手さばきを見せている。「2」はつまらなかったが、移動距離で言えば「1」を超し、美しさでも「1」を超えているだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/15 20:24
「プントとドライブ 2009・鍾乳洞岐阜ツアー」
 6月20日、岐阜の鍾乳洞三昧をした。本当はケイビング(洞窟探険)をしたかったのだが、つれに却下され、止む無く観光洞巡りとなった。  大滝鍾乳洞は名前は知っていたが、入ったのは初めて。郡上八幡から車で15分程の山の中腹。鍾乳洞の入り口までは珍しい木のケーブルカーで行く。入り口からは冷たい風が吹いて洞窟の匂いがした。素晴らしい鍾乳石があり、大滝もあり、結構見所満載でゆっくり歩くことが出来た。観光洞らしくきちんと整備されていてライトがとてもまぶしかった。1時間近く歩いていただろうか、小腹が空いた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/21 21:38
「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」
グルミットの短編映画「ベーカリー街の悪夢」がこの7月に公開される。楽しみ!! それに先駆けて、6月3日に吹替版完成披露試写会がジブリ美術館にて行われた。 なんとウォレス役の吹替えが津川雅彦氏に。私個人としては欽ちゃんの方が個性があってよかったのだが・・・うーーん。全シリーズ津川氏になって刷新とのこと。 名古屋は名古屋シネマテークで公開されるとのこと。長編じゃないので仕方がないのか・・・。 でも大画面で見たい〜!!! ベーカリー街の悪夢の公式HP→http://www.ghibli-mu... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/06 17:48
「プントとドライブ 2009 富士山洞窟探検」 〜初・火山洞窟探検記〜
 5月30日に行ってきました富士山洞窟探検。すっごくおもしろかったです。ちょっと人生観も変わったような気が・・・・。 静岡にあるホールアース自然学校が開催する自然体験プログラムの個人向けの中にある<富士山(火山)洞窟探検>に参加したのだった。つれが私向きだと申し込んだのだが、かなりタカをくくっていた。服が破れたり、0℃の場所もあると書いてあったが、それでも普通に歩いて見ることが出来るものだと勘違いしていた。いや〜、凄かったね!!何が凄かったかと言えば、ホフク前進して進まなければいけないところが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/31 21:48
「ウォーロード 〜男たちの誓い〜」 (投名状)
やっと映画館で観た。よかったよ〜、泣けたよ〜、連杰!!いや、御大。まぎれもなく彼の代表作の一本であろう。主演男優賞を取るはずだ。脚本、撮影、キャストも文句なし。彼がこんな人間臭い役をやれるなんてというととっても失礼だが、この年齢でなければ出来なかったというのはそうであろう。泣いた連杰も素晴らしかったし、秘めた想いの連杰も苦悩する連杰も、素晴らしかった!!本当に手放しで褒めちぎってしまう。 この映画の原題は「投名状」(2007年中国・香港制作)、「ブラッド・ブラザース(刺馬)」(1973年)のリ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/16 16:32
「レッドクリフ PartU ―未来への最終決戦― 」
試写で観た。昨年の続きであり、まさしく赤壁の戦いを描いたジョン・ウー監督渾身の1作である。 正直な感想は、戦いの場面が中心だったので、最後の方は私が飽きてしまった。CGを駆使し、確かに見ごたえは充分だったのだが、カメラワークなのか編集なのか、途中飽きてしまった。個人対個人の戦いも盛り込まれていたが、イマイチ私の中では盛り上がらなかった。曹操の野心と人間臭さが際立った戦いであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/11 08:44
「グラン・トリノ」
試写で観た。監督・制作・主演はもちろん、クリント・イーストウッドだ。 彼のイーストウッドも今年で79才だ。う〜ん、この人は凄い。今でもパワーあふれている。信念を持つものの強さか・・・・。 この「グラン・トリノ」のイーストウッドは、本当に最後の意味で、最後のカウボーイ姿を世界中のファンや人達に見せ付ける。 なんと言うことだろう。「許されざる者」は、西部劇最後のカウボーイを見せたが、この「グラン・トリノ」は現代における最後のカウボーイ姿を、人間の潔さ・決意を我々に見せている。どうだと言わんばか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/07 23:00
「雪山飛狐」 (せつざんひこ)
DVDで観た。(2007年中国・TVドラマ全40話) いや〜おもしろかった。最高です!!最近見た中ではとてもよかったかな。 原作は金庸。総監督・脚本監修はバリー・ウォン。監督や脚本も一流人ばかり 出演者はニエ・ユエン(主人公)、アンソニー・ウォン 、アレックス・フォン、パトリック・タムら。 女優陣も超美人ばかり。香港や中国の女優さんはワイヤー(アクション)が出来て当たり前。 お話はもちろん、武侠の中のメロドラマあり、アクションあり、サスペンスありの超盛りだくさんのお話だ。 一言ではい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/06 22:54
「ポチの告白」
念願の「ポチの告白」をやっと映画館(名古屋のシネマスコーレ)で観れた。脚本・監督高橋玄、出演菅田俊、出光元、野村宏伸、川本淳市、井上晴美ら。原案協力は寺澤有氏。 リアリティありすぎで、観終わった後、ずーーんと体が重くなった。事実に基づいた映画だから。 極悪非道の警察官を観たというより、警察・裁判所・(政府)の国家ぐるみの支配を観、彼らが我々の首に縄をつけているというのがよくわかった。今までもハリウッド映画や香港映画で、悪徳警官や国家の汚職を題材としたものは多く、ああおもしろかったで終わってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/28 01:31
「オーストラリア」
試写で観た。監督はバズ・ラーマン、出演ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマンら。 でもいちばんは、ナラ役のブランドン・ウォルターズだろう。存在感ではキング・ジョージ役のデヴィッド・ガルピリル。 副題をつけるとしたら「ナラの旅のはじまりまでの物語」かな。とてもよかった! 雄大なオーストラリアの自然(乾季の牧場と岩)を背景に、第2次世界大戦をはさんで、1人の女性の成長とアポリジニとの交流を描いた映画だ。2時間45分の長編(またまた)だが、それを感じさせないストーリー展開だ。ナラ(白人とアポ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 22:40
「山谷 (やま) やられたらやりかえせ 」
一昨日名駅裏のシネマスコーレで見た。気になって気になってしょうがなかった映画だ。 日雇い労働者達の過酷な労働と生活で知られる東京都の下町・山谷を舞台にしたドキュメンタリー作品で、彼らの生活の実態や闘争を描いている。最初に撮影を始めた佐藤満夫氏は1984年12月に暴力団に刺殺される。なんと37才だったとのこと。その遺志を継ぎ撮影した山岡強一氏も、完成後(1985年)の1986年1月に凶弾に倒れた。 音声や画像は聞き取りにくい箇所やかすれた部分もあったが、山谷を始め全国各地のドヤ街を見ることが出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/22 22:29
「感染列島」
試写で観た。監督は瀬々敬久、妻夫木聡主演、他に檀れい、藤竜也、佐藤浩市ら多数。 おもしろかった。邦画としてはテンポがよく、伏線もあり、登場者たちのストーリーも丁寧に描いていて、あっと言う間の2時間20分だった。新型インフルエンザの発生が騒がれている中、まるで災害教本のような映画は観ている最中も「どうしよう、どうしよう」と不安が頭の中をぐるぐる回っていた。「12モンキーズ」や「アウトブレイク」はまあ、おもしろかったねで片付いてしまったが、やはり自分が住んでいるところが舞台となると、現実味を帯び、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/08 10:25
「バンク・ジョブ」
センチュリーシネマで観た。ジェイソン・ステイサム主演、監督はロジャー・ドナルドソン。 舞台は古き良き(1971年)ベイカーストリートのバンク。ロンドンの街はちょっと湿っているイメージがあって憧れるね。 しかも銀行強盗とくれば期待大。でも、実話に基づいたというストーリーなので、半分大丈夫かなあと心配も・・・・・。いやぁ〜映画が始まるとそんな心配は吹っ飛んでしまった!おもしろかったよ!!最初は人物描きだけにちょっと退屈だったけど、銀行強盗開始の中盤からクライマックスへは、息もつかせぬシーンの連続... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/30 00:04
「エグザイル/絆」
やっと映画を観た。久々に映画館で観た。大好きなジョニー・トー監督の作品だ。原題は「Exiled 放・逐」2006年製作。 出演者はもちろんアンソニー・ウォンを始め、フランシス・ン、ラム・シュ、ロイ・チョン、サイモン・ヤムにリッチー・レンとくればもう、わくわくドキドキはらはらの期待は大大大・・・・・である。 ストーリーは、監督が白紙の上に書いたという男たちの逃避行である。「ザ・ミッション/非常の掟」の続編のようなもの。舞台はマカオ。私はやはり監督の映画は香港がよく似合うと思う。期待していたはら... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/23 22:44
「K-20 怪人二十面相・伝」 
試写で観た。邦画にしてはとてもおもしろかったよ〜。出演は金城武、松たか子、仲村トオル、脇役も豪華俳優陣が出演。監督・脚本は佐藤嗣麻子。他にかかわった人たちのすっごく多いことよ。(原作は北村想「怪人二十面相・伝」)もうちょいテンポがよければ言うことないのだが・・・。 脚本の出来もさることながら、いちばんの出来はスタントだろう。コメディだけではなく、列記としたアクション映画だ。上海でもロケをしたそうだが、さもありなん。日本にしては出来すぎかななんて思ってしまったから。平吉の<ドロボウ>への訓練の1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/04 22:53
「ミラクル7号」 その4
やっと待望のDVD発売である!!!今年いちばんのナナちゃんをゲット!!もう大好き! でも付録のゲームはいただけない。それこそ、「ありえね〜」なのだ。 でもななチャンに免じて、ま、いいか。それにしても、ななチャンで泣くのは私だけだろうな、なんてね。ほっほっほっほ。 この映画を作ってくれたチャウ・シンチーに謝謝!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 19:57
「チャウ・シンチーの熱血弁護士」
DVDで観た。原題が「審死官」(1992年香港)、邦題は「チャウ・シンチーの熱血弁護士」。いつもながらどういう邦題。まあ、そういえばそうなんだけど・・・。映画は時代劇のコメディーです。 今は亡きアニタ・ムイがチャウ・シンチー演じる主人公の奥方を演じている。監督はジョニー・トー。いやあ、そんな組み合わせがあったのね。すっかり忘れていた私。やっぱり、ジョニー・トーは凄いわ。念願の「赤脚少子」が「裸足のクンフーファイター」という邦題で今年公開されDVD発売されたし・・・感慨深い。この映画についてはま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 19:51
「レッドクリフ Part1」
試写で観た。でもって舞台挨拶があった。な、なんとジョン・ウー監督とチャン・チェン、リン・リーチンが来名したのだ。名古屋でしかも試写会で、海外の監督および明星が舞台挨拶するとは本当に貴重だ!というかあり得ない!でもすごくうれしい!トニーと金城武も是非来て欲しかった!!ということで今までの試写会舞台挨拶最長の30分越えを果たし、ジョン・ウー監督は去って行った。 映画はほんと、素晴らしかった。これぞ映画!だろう。制作費100億円が頭によぎったが、2時間30分は短かったし、見るだけの価値がある大作であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/21 09:51
「まぼろしの邪馬台国」
試写で観た。原案は同名の本。堤幸彦監督、主演吉永小百合、竹中直人、出演は豪華多数。 名前が出ないのが、主人公宮崎康平の子・兄の方の役の青年時代を演じた俳優の名だ。 今年映画で観たはずなのに・・・。 お2人とも、素そのままで夫婦になったのではないかと思う程ぴったりのお2人である。 この2人に引っ張られてあっと言う間の2時間である。 夫婦っていいなあと本当に感じたお2人である。 笑い声と鼻水をすする音とが交互に聞こえた珍しい映画でもある。 また、話の合間に差し込まれた九州の自然とCGが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 23:16
「男たちの挽歌」と「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」
今月BS(TV)でこのシリーズを放映していた。 この2本は、香港映画を語るときになくてはならない映画である。 「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファとレスリー・チャン。もちろん監督はジョン・ウー。(1986年制作) 「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のレスリー(当時30才)。監督はチン・シウトン、制作ツイ・ハーク。(1987年製作) 私はこの2本をビデオで見て、香港映画にはまってしまったのだ。 何度見ても、2丁拳銃のチョウ・ユンファはクールだし、レスリーは母性本能をくすぐる。 撮影技... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 22:43
「緑の館」 〜自家焙煎珈琲のお店〜
秋風に誘われてドライブした。暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものだ。昨夜から急に寒くなった。 今年も暖冬だと言い、紅葉も年々汚くなって来たが、それでもまだ紅葉は捨てがたい。 まだ紅葉には早いが、最後のあまごの放流を目指し、小坂へ向かった。 道の駅はなももで、山あけびやしいたけ、モロッコを買い、ひめしゃがの湯へ向かった。 気温は15度で、肌寒い。つれは釣りを早々に引き上げ、ひめしゃがの湯へ入った。人も少なくゆったりと入れるのがよい。食事処で鉱泉粥定食とほう葉味噌定食を頂く。秋だなあ〜 ス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 21:55
「ベルヴィル・ランデブー」
DVDで観た。2002年公開のアニメ。監督はフランス人シルヴァン・ショメ。私は恥ずかしながら初お目見え。賞もたくさん受賞。 音声はほとんどなし。独特のモチーフと背景、色、タッチがすごい。 好きな人には大好物だろう。私もほとんど最初のシーンからファンになってしまった。 色合いが、ノスタルジックで私好み、タッチはそうでもないが。 よくわからないパロディも、わからないなりにとても面白い。 ストーリーはわかりやすいが、モチーフが風変わりで観ていて飽きない。 見る価値はありますが、好き嫌いは別... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/22 22:19
「ふるさとをください」
本日、名古屋市北区役所講堂にて観た。きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)30周年記念映画。 冨永憲治監督、脚本ジェームズ三木、出演大路恵美、ベンガル、藤田弓子、中山仁、石井めぐみ、烏丸せつこ等。 すごくよかったです!!笑いあり、涙ありのヒューマンドラマです。久々に心が暖まる映画でした。 話は、和歌山県のある町に精神病院を退院した人々がやってきて、作業所・施設を作り生活を始める。町民たちはこぞって反対するが、主人公が橋渡しをし、めでたしめでたしとなる。主人公の父親役のベンガル、作業所を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/09 22:29
「ダークナイト」
試写で観た。実は「バットマン」を観たことがなかった。TVでやっていたのを昔、チラっと観たぐらいだ。 実は、今回全くこの映画の予備知識を持たず、「バットマン」とは知らずに観た。それがよかったのかもしれない。 実に、よかった、面白かった、考えさせられた。特に脚本・配役がよかった。 バットマンとジョーカーは紙一重。じわじわと効く薬のように、水を含んだ真綿のように、切っても切れない人間の性の鎖の連鎖を、見る者の前にさらけ出している。 アクションもしかり。これで終わりかと思ったとたん、別方向から繰... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 22:03
「プントとドイラブ 2008夏」 GSA'08
7月19日、GSA(ジオ・スペース・アドベンチャー実行委員会)主催のGSAスペースアドベンチャーに行って来た。つれがスーパーカミオカンデに興味を持ち、調べたのが応募の一日前。なんと1年に2日しか行われないという。あわててハガキを出すとなんと抽選に当たったのだ。たまたまその時間帯の競争率が少なかったのかもしれないが・・・。なにはともあれ準備準備。懐中電灯と上着。行われるのは神岡鉱山内なので、気温は10〜13度とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 00:54
「ミラクル7号」 その3
映画館で観た。試写と合わせると3回目。 この映画は”ミラクル7号”ことナナ(7)ちゃんが主人公の何ものでもない。(シンチー失礼) ナナちゃんがいてからこそ、この映画が出来上がったのだ〜〜。 ナナちゃんが、建設現場で事故死したチャウ・シンチーを生き返らそうと決意した時の目、表情が画面いっぱいに映ると、もう、だめ・・・・・・。私もうるうるしてきて、号泣。3回目はあっという間だったような気がする。 ナナちゃんが次の朝、2人の前でコロンとぬいぐるみになってしまうと、私の心もコロンといってしまった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/09 20:54
「クライマーズ・ハイ」
試写で観た。横沢秀夫原作の同名本の映画化。監督は原田正人、出演は堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、でんでん等。 舞台は、1985年8月12日に起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞社の1週間。主人公の現在とその戦の1週間が時折交差する。その間がよく、衝立岩の緑がとてもきれいだった。 今から23年も前の出来事になるとは・・・・。私にはその事故の時の記憶がほとんどない。やはり事故(人災)や天災は、経験した者でないと本当の痛みがわからない。わかった気に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/27 22:57
「ミラクル7号」 その2 (ネタバレあり)
2回目の試写を見た。うーーん、ナナちゃんかわいい!!すっかり私のつぼに入ってしまったらしい。 1回目の試写以来頭の中はナナちゃんでいっぱい、で・・・・。 大きな目と表情豊か??な顔と不釣合いな緑のシリコーンの体。頭にはアンテナみたいなものがついている。 かわいくないと言ってしまえばそれまでだ。ぬいぐるみの中途半端な形で安っぽいと言ってしまえばそれまでだ。あぁぁぁ・・・・・でも、かわいい!!あのえもいわれぬ動きと表情、声(鳴き声)。 ナナちゃんが必死で、建設現場で落下したチャウシンチーを生... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/21 22:02
「ミラクル7号」
試写で観た。チャウ・シンチー主演、監督、脚本のファンタジーコメディ。 めちゃくちゃおもしろかった。やっぱりチャウ・シンチーだよね〜〜。主人公のシュー・チャオちゃんもかわいいけど、ミラクル7(ナナ)ちゃんが面白くて可愛くて、そしてとっても情があるんだよね〜〜。人間よりも・・・・。 子どもも大人も絶対みるべし!!ひねくれた人もそれなりに、素直な人はより笑えます。 個人的には、ナナちゃんが初めてディッキーの家に来た夜流れるBGMの<サニー>がとても懐かしく、エンディングタイトルでも<サニー>が流... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/17 22:59
「相棒」−劇場版−絶体絶命!42.195Km(東京ビッグシティマラソン)
先週、久々に映画館で観た。水9のTV番組の劇場版。 つれは茶の間で見ていたのを映画館に持って来ただけだと言ってはいたが、 水谷豊と寺脇康文の演技は、大画面でものびのびと見え、迫力もあった。 この2人は見ていてとても気持ちがよい。「相棒」という名にふさわしい組み合わせだ。 信頼の賜物だ。これからも是非頑張って欲しい!!です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/08 22:10
「ザ・マジックアワー」
試写で観た。三谷幸喜脚本・監督のエンターテイメントだ!!試写は舞台挨拶のおまけも付いていた。(名古屋) 舞台挨拶は、三谷監督と佐藤浩市のお2人だった。三谷監督のおもしろいこと。メディア以上に面白かった。 さてストーリーは、相変わらずの三谷ワールドでおもしろかった!! 今回は背景がレトロな街で、劇中映画もレトロで、私好みでよかった。 出演者も豪華の一言につきる。佐藤浩市を始め、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、小日向文世等等。 劇中映画の役者も主演級役者が顔を揃えている。それだけでも三谷監督... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/27 22:40
「アラーム・フォー・コブラ11」
TV、DVDで観た。今、深夜吹替えで放映しているアラーム・フォー・コブラ11。最近私のお気に入り。 ドイツの高速警察隊のお話で、長寿TV番組。なにせカーアクションが凄く、ストーリーも完全懲悪、テンポもよくいうことなし。カースタントは凄い。それだけで充分OK。 今TVで放映されているのは第11シーズン(DVDあり)で、ゼミルとクリスがコブラ11のペア。私的には第8シーズンの相棒がよいのだが・・・・ ま、なにはともあれ一見は百聞にしかず。車とアクション好きな貴方、見るだけの価値はありますよ〜 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/25 23:38
「築地魚河岸三代目」
試写で観た。同名のコミックが原作。大沢たかお、田中麗奈主演、脇を伊東四郎、伊原剛志、森口瑤子等豪華な役者陣が固める。本日の試写の後、大沢たかお、伊原剛志、伊東四郎3人、魚辰ファミリーの舞台挨拶があった。(名古屋)撮影のエピソードも聞くことが出来、おもしろかった。ただ司会者の質問がへただった。いつも思うのだが、どうでもよい質問が多いなあ。 原作を読んでいないのでそれがよかったのか、結構しっかり見ることが出来た。テンポもエピソードもよい。 音楽が本多俊之で、またこれが渋かった。特に主人公が市場で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/04/26 23:31
「てなもんや商社」
ビデオで観た。これは原作が「中国てなもんや商社」というOL奮闘記で、原作者は谷崎光氏。1998年(ちょうど10年前)制作公開。原作は出版された当時に購入し、とても面白く読んだ。その後、本が映画化されビデオになったことを知り、とても長い間探していた。そして、先週新たに行ったレンタルビデオ屋でついに遭遇した。やった〜!!! 即観てみた。主人公は小林聡美で、相変らずというかあの持ち味を生かし、原作より風変わりなOLを演じていた。脇役がこれまた凄い。小林聡美の上司役で渡辺謙、香川照之(2人とも若い!)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/20 22:32
「ワイルド・ランナー」「ワイルド・ランナー×2」「ワイルド・ランナー×3」
DVDで観た。ドイツのTVでの人気長寿番組「アラーム・フォー・コブラ11」のスペシャル版だ。 この間、「アウトバーン・スピード」を見て、そのカーアクションとヤン役のクリスチャン・オリバーにゾッコン。  「ワイルド・ランナー」・・・第8シーズンのスペシャルで、相棒はクリスチャン・オリバー扮するヤン。ゼミルはこのスペシャルで同僚のアンドレアと結婚する。このスペシャルは必見!!  「ライルド・ランナー×2」・・・・第7シーズンスペシャルで、このスペシャルでヤンとゼミルは相棒になる。いやあ〜クリス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/19 23:21
「王妃の紋章」
試写で観た。2006年制作・中国。チャン・イーモウ監督、出演チョウ・ユンファ、コン・リー、リウ・イエ、ジェイ・チョウ、リー・マン等。 これこそ豪華絢爛という映像だった。こんな様式美は観たことがないと言っても過言でなはい。衣装、建物、装身具、武器に至るまで本当にすみずみまで神経が行き届いていて、それでいて観る者を不安にさせる。その中でもコン・リーの美しさは怖いくらいだ。毒が入った薬飲む時の表情は、憎しみと哀しみが入り混じったなんとも言えない表情である。 おー怖い!!結果は案の定王の1人勝ちとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/09 22:48
「アウトバーン・スピード」
DVDで観た。ドイツの長寿TV番組「アラーム・フォー・コブラ11」だそうだ。「アウトバーン・スピード」はその中でも第7シーズンだ。 主人公ゼミルと相棒のヤンの2人は、高速道路警察<コブラ11>。 この第7シリーズからの相棒若いヤンは甘いマスクがかわいい。 クラッシュする車がすごいこと、すごいことこの上ない。カースタントが抜群である。 もちろん謎解きや恋愛も絡み、脇役もまたよし。全部ひっくるめての要素が1996年からの長寿番組の秘訣であろう!! 全部見てみたいものだ。ゼミルの相棒は結構代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/01 22:46
「ドッグ・バイト・ドッグ」
先週DVDで見た。2006年香港。原題「狗咬狗/DOG BITE DOG」。ソイ・ チェン監督、エディソン・チャン、サム・リー、ペイ・ペイ、ラム・シュー出演。アクション映画というより人間映画だ。 観たかった映画だけど、さすがに凄い。鬼気迫るなんて言うところじゃない。人間の煩悩・本能そのものが寒々しいだけだ。さすが香港。こんな映画を作れるなんてさ。 エディソン・チャンは先月あの猥褻写真流出で大騒ぎだったけど、役者としては幅広く出来る若手の1人だったんだけどなあ。本当に香港を引退するのか???一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 23:31
祝・新型「フィアット 500」!!!
3月15日の夕方、プントを購入した代理店に新型フィアット500(FIAT500)をつれと見に行った。 かわいい〜!!の一言だ。試乗出来るとのことで、早速乗り込む。計器類がおっしゃれ〜。 つれはタコメーターが見にくいと言ってはいたが。リモコンキーもかわいい。 エンジンは直4シングル8バルブ、ATだが無段変速ではなく、5速シーケンシャルトランスミッションである。 シトロエンのC2(ついに日本販売からははずされてしまった・・・)も似たようなクラッチ形式だったような・・・。そこがちょっと問題かも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/16 00:40
「カクタス・ジャック」
DVDで観た。2004年制作メキシコ映画。アレファンドロ・ロサーノ脚本・監督。出演者はペドロ・アルメンダリス、アナ・クラウディア・タランコン等で、脇役もメキシコ映画界のつわものが揃っているとのこと。 いや〜久々におもしろかった。ハードボイルドでテンポもよく、メキシコらしい味付けが登場人物と話にマッチしていて実におもしろかった。ストーリーは、単純だが脚本がよく、ハリウッドテイストでオリジナルとまではいかないが、ラテン的解決方法が実に愉快だった。 脇役も元レスラーや人食いトニー、 誘拐された社長... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/09 13:12
「ノーカントリー」
試写で観た。コーエン兄弟監督・脚本・制作で、アデミー賞作品賞・監督賞・脚色賞受賞の映画である。出演者の1人ハビエル・バルデムは助演男優賞を受賞。他にトミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン出演。 久々によかった。西部劇的サスペンスとでも言おうか。原作があるとのことで、是非読みたくなった。 追われるジョシュ・ブローリンは西部の砂漠がよく似合う。全く砂漠が似合わないハビエル・バルデムは殺し屋としてまた、人間の不条理さを求める人物としては最適としか言いようがない。 冒頭の砂漠からグイグイ引... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/06 18:59
「つくもがみ貸します」
単行本で読んだ。畠山恵著。しゃばけシリーズと同様江戸時代が舞台。損料屋の清次とお紅が織りなすほろ苦く甘いラブストーリーとつくもがみという妖したちと繰りひろげられるファンタジー。 ほんわかとした雰囲気の中にも、人間の欲望があり、世俗に縛られる人間たちがいて、その問題を清次とお紅の2人がつくもがみたちの声を聞きながら、頑張って解決していく。 あっという間に読めてしまったので、清次とお紅の2人をもっと見たいと思った。 つくもがみたちといっしょに力を合わせてというわけでないところがよいのかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/17 22:16
「メロン饅頭」と「メロンパンまんじゅう」
私のお気に入りのお菓子の1つが下記の2品。「メロン饅頭」は某パンメーカーのもの。「メロンパンまんじゅう」は関西限定のおみやの1つ。数年前まで中央道の上りの某SAに置いてあったが現在はない。そこで知ったのだが。 どちらもメロンパンとは似ていても全く異なるもの。特に「メロンパンまんじゅう」は完成度が高い。レーズンも入っているし、ラムも効かせていて美味しい。東海圏では店舗で手に入らない。あ〜ぁ、食べたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 10:41
「俺たちフィギュアスケーター」
シルバー劇場(名古屋)で観た。噂に違わず面白かった!!ウィル・フェレルとジョン・ヘダー主演の爆笑コメディ映画だ。ストーリーは単純だがある意味ぶっとび級、映像もしかり、だが面白さは超一級。素直に笑える映画だ。 風邪を引いて頭がぼうっとしている私でも、見た後はすっきり。(翌日熱が出てしまったが・・・。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/11 10:29
「ウォーター・ホース」
試写で観た。主人公の少年役のアレックス・エテルがいい。母親役にエミリー・ワトソン、監督はジェイ・ラッセル。 過去と現代のファンタジー。 スコットランドの伝説を元に、あの有名なネス湖の話が今現代に蘇った。スコットランドの風景とVFXの融合がとても美しい。最近の映画にあるようなセピア調でも、この話にはぴったりだ。 現在と過去もちょうどうよい具合に折り込めていて、観る人は自然に過去に飛んでいる。 アレックス・エテルは不思議な少年だ。強さと弱さがちょうどよいくらいの子ども。守ってやりたいし、一緒... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/27 22:42
「CSIシリーズについて」
昨年末は忙しくて映画を観れなかったが、今年は新年早々試写の予定が入っているのでうれしい。仕事をほどほどにして疲れないようにしようっと。 海外ドラマ(特にアメリカの)が多数入って来ていろいろなところで観ることが出来、うれしい。 一昨年は「チャングムの誓い」にのめり込んでいた。ストーリーはピカイチだ。 昨年はCSIシリーズを主に見ていた。ラスベガスとマイアミとニューヨークがあるが、最初はラスベガスのグリッサムがお気に入りだったが、そのうちマイアミのホレイショがよくなり、あのクールなのっぺりとし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/02 21:57
「カンナさん大成功です!」
試写で観た。キム・アジュン、チュ・ジンモ主演の韓国映画。原作は日本のコミック。ヒロインカンナを演じたキム・アジュンは、この作品で韓国映画のナントカ主演女優賞を受賞したそうだ。 ストーリーはしごく単純だが、やはりキム・アジュンの魅力でグググイッと魅せる。最後はうるっと来る。 私も彼女の歌は吹替えかと思ったが、本人が歌っている<マリア>もとてもよい。 脇役も豪華で、彼女の父親役のイム・ヒョンシクもまたまたいい味をだしている。 韓国の美容整形に対しての認識がよくわかる。デートの1本として観ても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 22:43
「いのちの食べかた」
ミニシアターで観た。(ちなみに本日映画の日。)いっさい字幕が出ないドキュメンタリー。 題材は<食>。食料生産の場。野菜や家畜、魚の生産過程のドキュメント。凄いとしか言いようがない。92分は結構あっと言う間だった。 日本の自給率は4割と言われてもうどのくらい時間がたったことだろう。中国の人口増加で日本への輸出がストップすると、さて、どんなことになるのか・・・想像しただけでも恐ろしい。家畜と言われる動物の成長から解体まで機械的に機械で済ますことが出来る現代。もう動物ではなくモノのようだ。人間もモ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 23:51
「SMILE 〜聖夜の奇跡〜」
試写で観た。陣内孝則監督、山本未來、加藤ローサ主演、脇役に谷啓を初め、ゲスト出演が豪華な映画である。 ストーリーは、北海道の弱小アイスホッケーチームが地元の最強チームに勝つと言う単純ストーリー。<スマイラーズ>のメンバーは、演技は素人でアイスホッケーが出来るというだけで選ばれた子どもたちである。その中でもチームのエース昌也<綿貫智基>はいい目をしている。 他の子どもたちも、山本未來に負けず劣らず素晴らしい。もちろん彼のタップダンスは最高でした。クライマックスの決勝戦も最高に盛り上がり、思わず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 23:29
「プントとドライブ その5」 <天理・山之辺の道・桜井>
つれが山之辺の道を歩きたいと言ったので、紅葉には早いかもしれないが行くことにした。 東名阪を通っていつもの国道へ。途中、伊賀SAで休憩。直径15cm以上はあるビックリユズがあり、玄関におくと吉兆と書いてあった。最近はまっている伊勢うどんを買い先を急いだ。 天理東で降り、天理の町へ。初めて天理教本部の建物を見た。うーーん、さすがにすごい! 天理図書館で中国の絵入本展をやっているという看板が目に入ったので、何故か天理図書館へ。開館77周年記念という。確かに古い建物で正面玄関には大砲もあった。敷... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/11 18:29
「ボビーZ」 BOBBY Z(ボビージー)
試写で観た。ポール・ウォーカー主演、監督は「15ミニッツ」の監督で、他にローレンス・フィッシュバーン、オリビア・ワイルド出演のアクション映画だ。カルフォルニア+ハリウッド的映画だ。良くも悪くもアメリカ的ハッピーエンドで、見終わったらスカッとする映画だ。ポール・ウォーカーはまだ若いのでアクションもきちんとこなし、誠実そうな笑顔が印象的だ。ワルになりきれない優等生ってな感じだ。でもそれがミントのような味を出している。 ストーリーはいたって簡単。替え玉になったポール・ウォーカーが敵地であわやっという... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/02 22:35
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 」
「天地黎明」(1991年香港/彼は28歳)「天地大乱」(1992年)「天地争覇」(1992年)の3本を今週NHK衛星第2でやっていた。 もちろん李連杰主演の黄飛鴻の話である。この「天地黎明」を10年以上前にビデオで見て、一目惚れしたのである。あの辮髪と裾裁きに!!久々に少しだけ見たが、あの足裁き、動きの美しさはやはり天下一品である。辮髪がいちばん似合うのも李連杰である。 余談だが、天地黎明の船倉でのバトルシーンのスタントは、連杰が骨折したため、ほとんど熊欣々だったというのは有名。私は少し後で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/22 10:55
「デス・プルーフ」&「プラネット・テラー」 イン・グラインドハウス
先月末はクエンティン・タランティーノ監督の「デス・プルーフ」、昨日はロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー」を試写で見た。両方見ないと語れない。 「デス・プルーフ」はやはりカート・ラッセルのへんなおじさん(←とても渋くて好きだ)と、ユマ・サーマンのスタントだったゾーイ・ベルのカーアクションだろう。これだけ見れれば満足だ。 もう少し前半戦に激しいのが欲しかったけど、美女のダベリはタランティーノ監督の好みだよなあ。 「プラネット・テラー」はB級満載ですごくおもしろかった。なんでもありで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/15 09:59
「プントとドライブ その3」 <南飛騨>
9月8日、とらじま模様(洗車していないと黒い縦縞の汚れが黄色いボディカラーに映えてしまう)のプントでドライブに行った。 久々の飛騨街道。目的地は小坂川。今年最後となる?あまごの放流があるからだ。名古屋から41号線を走り、約150q所要時間約3時間、高山に近い。出発時間が遅かったため、小坂川についたのはすでに10時を回っていた。釣り人は結構いて、つれも始めたが2時間ぐらいで止めて車に戻ってきた。私は車の中で寝ようとしていたが、すごく寝にくかった。座席が良すぎて(ホールド感はバッチリ)フラットには... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 18:18
「レッスン!」
試写で見た。実話を基にした映画で、アントニオ・バンデラス主演。 ストーリーは単純で、ダンサーでありダンス講師である主人公がブロンクスで落ちこぼれの生徒たちに社交ダンスを教えるといったよくある?!話。 アントニオ・バンデラスは、演劇とダンスを若い頃学んでいたと言う。そのダンスがもっと見たかったなあと思う。モーガンとのひと踊りはよかったなあ・・・。顔が濃い分、身のこなしがとてもスマートでとても自然。いやみになっていないのでキザとも思わず見とれてしまう。ラ・クンパルシータを踊って欲しかったなあ・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/09 22:28
「障害犬タローの毎日」
単行本で読んだ。佐々木ゆり氏が文、三島正氏が写真、アスペクトから発行されている。 本屋で表紙を見ただけで、もううるうる、即買って帰って読んだ。 「障害犬太郎の毎日」というタイトル通りの本なのだけど、太郎の飴玉みたいな瞳にやられてしまった。案の状、表紙の次の写真3枚でポロポロ、プロローグを過ぎ、目次まではどうにか進んだけど、本文に進むともうその先はティッシュのくずの嵐だった!! かわいそうとかではなく、太郎に<感動>したのだ!! NEWSリアルタイム・「いのちの授業」で、先週太郎のことが放... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/05 22:54
「プントとドライブ その2」<木曽福島>
やっと梅雨も明けた晴天の土曜日、つれの鮎釣りのお伴で木曽福島へ向かった。 もちろんプントで。往復で300キロのドライブだ。帰りに高速も走ってみた。今までのリッターカーでは上って行かなかった登坂車線も楽々で、市街地ではふわふわ感のあるアクセルも高速では俄然、踏んだ分だけ速度が増す。馬力があるってことはいいね。ハンドリングがいい。しっかりとして曲げた分だけ曲がってくれるし、山道も高速もどちらもよい。高速を走っているとゴルフのGTIもさぞかしいいのだろうなあ・・・と余計なことを考えてしまった。赤のG... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 23:19
「アルファロメオ ジュリエッタ・スパイダー」
アルファロメオ ジュリエッタ・スパイダーの1962年(60年かも)は私のいちばん好きな車である。もちろん、デザインがであるが。スペックを見てもとても走りそうだ。その車になんと先の日曜日に出会った。イタ車特にフィアット専門の修理・パーツ販売のお店に行った時、なんとガレージに置いてあったのではないか。本物を見るのは初めてで、その美しいラインに惚れ惚れ。本当にいいなあ!!!やはり60年代の車はいい!!車の定義は色々あるが、この美しさは作り手の意思が尊重されていた時代の産物だしみじみ思う。お店の人に許可... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 19:54
「ウォレスとグルミットのすべて!展」
2007/5/12〜7/8まで、岡崎市のおかざき世界こども美術博物館で「W&Gのすべて!展」を開催していた。 私はギリギリの7/7に訪れた。2005/10/10、アメリカで「W&G 野菜畑で大ピンチ!」が初登場で第1位になった日、アードマンスタジオの別倉庫が焼けて今までのW&Gも丸焼け。すべてではないことをそのときは祈ったものだ。その際、運よく別のところで開催されていた展示物が残っていて、それが今回岡崎に来たのだった。 やはりグルミットはかわいい。もっと彼の展示物があればよかったのだが・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/12 20:29
「夕凪の街 桜の国」
試写で見た。監督は「半落ち」の佐々部清監督。原作は同名のマンガとのこと。マンガのことは知らず読んだこともないが、映画としてはとてもよかった。久々に涙腺がゆるんだ。機会があれば原作のマンガも読んでみたい。 原爆が題材となっていて原爆の悲惨さを、2人の女性の視点から静かに描いている。それがとてもよい。心にしみいる。私も含め、戦争を知らない世代に是非見てもらいたい映画である。 特に麻生久美子さんがよい。彼女が原爆に遭った時の話をした時、原爆は落としたのではなく、落とされたのだという言葉が重い。落と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/05 22:59
「ダイ・ハード 4.0」
映画館で見た。もちろんあのブルース・ウィリス主演の12年ぶりのダイ・ハード 4.0。監督はレン・ワイズマン。 52才とは思えない肉体に、ちょっとはにかむように右の唇を少し上げて微笑むあの”カウボーイ”が帰って来た。 イェ〜イ、世界一ついていない男ジョン・マクレーンがやっぱり好きだ〜!! 今の年老いたジョン・マクレーンもとても格好よい、とてもクールだ。アクションも納得!! マギー・Qとの対決も見ごたえ充分。高速道路でのF-35との闘いもまさしく手に汗握る名シーンの1つとなるだろう。ただ敵役... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/01 22:24
「シュレック 3」(吹替え版)
試写で見た。相変わらずおもしろかった。「2」より少し勢いがなかったかなと思ったけど、笑いのツボは相変わらずでおもしろかった。シリーズ全部吹替えで見ているので、ここらで字幕を見るべきかな?!いや〜でも浜ちゃんの声が耳について離れないか?! ドンキーと長靴をはいた猫とシュッレクのコンビは最高!!さて次はどんな旅にでるのかな?! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/18 21:59
「珈琲茶房趣和 syuwa 」
今日から新しい職場での新しい仕事だったので、大変疲れた。 この年齢での新しいことを覚えするというのは、本当に疲れることだとしみじみ感じた。 帰路、とぼとぼと文字の如く全く歩いたことのない道を歩いていたら、 小さな珈琲屋さんの前を通りかかった。「珈琲茶房趣和」と小さく書かれていた。 無性に珈琲が飲みたかった私は無意識に扉を開けていた。 「いらっしゃいませ」という声が独特の言い回しで耳に飛び込んできた。耳の不自由な方だと。 その声の主であるご夫婦らしい白髪のお2人が満面の笑みで出迎えてく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/02 00:46
「キトラ古墳の玄武」
5月19日、奈良の明日香村へキトラ古墳の「玄武」を見に行った。去年と同様、資料館の中へ入り、玄武に到達するまで約90分、鑑賞は15秒。うーーん、去年の「白虎」よりははっきり見ることができたが、なんか夢もロマンもない鑑賞だった。もう少し歴史に浸りたかったなあ。 天気もすっきりしないので奈良の方へ出かけてみる気にもなれず、そのまま名古屋へ帰ってきた。伊勢うどんを買って帰り、早速作ってみたら結構いけた。ころうどんといって、たっぷりの汁で食するのではなく、濃縮のたれをゆでたうどんにかけるだけだが、たれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/25 21:42
「ザ・シューター 極大射程 」
試写で観た。マーク・ウォールバーグ主演のヒーローもの。原作があり、監督はよく知らない。 が、マーク・ウォールバーグが実によい。いつもちょいマヌケのヒーローか、準主役に甘んじてきた?!彼がこれは見事にハマっていて、観ていて気持ちがよい。クーール!!なのだ。これはパート2を是非作って欲しい。 映像も、色の対比が場面の緊張を高まらせ、否応無しにクライマックスに向け一気に駆け上って行くようだ。 ラストはうーん、マーク、おまえもかというラストで、もっと平和的終焉を願っていたのは私だけだろうか?? ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/25 00:10
「日暮らし」(上・下)
単行本で読んだ。宮部みゆき氏著。「ぼんくら」の続編。主人公の同心井筒平四郎と彼をとりまく人々との話。剣の達人でも眉目秀麗でもない同心平四郎の周りの人々はとても個性的な人達ばかり。温かいし、一生懸命に生きている人達。そんな人たちが私は大好きだ。宮部氏の謎解きの語り口もとても好きだ。 今回は「ぼんくら」でまだ解き明かされていなかったおふじが話の中心になっている。一気に上下読んでしまったほど、話の流れがうまい。 弓之助に一度でいいから会ってみたいものだ。ふっふっふ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 20:30
「武侠映画の快楽」
やっと読んだ。岡崎由美氏と浦川留氏の共著。両氏の映画評やその書籍は時々読ませて頂いているし、その道ではとても尊敬している方々である。私と同年というところも共感を感じる。 「HERO」や「LOVERS」でこの世界に入った人は是非読んでもらいたい1冊である。私も復習という感じで読んだ。 私が武侠映画にすんなりは入れたのは、李連杰に惚れてしまったからである。「天地黎明」「天地大乱」「天地争覇」の3本は、カンフー映画でも武侠映画でも最高峰のものだと私は思う。黄飛鴻のあのポーズと裾さばきに惚れてしまっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/22 21:48
「ロッキー・ザ・ファイナル」
試写で見た。「ロッキー」シリーズとしては6作目。主演のロッキーことシルベスター・スタローンは御年とって61才?!いくつになるかなと思って調べてみたら、1946年7月生まれ。アーノルド・シュワルツェネッガーは今年で60才。いやー、私も年を取るわけだ。 さてファイナルと銘打っただけあって、人生読本満載の映画です。「人生は闘いだ〜」です。 やはりロッキーという人物よりあのテーマ音楽が、映画のシーンとの相乗効果で、人の記憶と想像力に働きかけ、こぶしを突き上げたくなるのでしょう。本当はとてもやりたかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/14 00:52
「ブラッド・ダイヤモンド」
「ブラッド・ダイヤモンド」 試写で見た。とても、よかった。配役、脚本、映像すべてよかった。たたみかけるようなラスト。 うーーん、文句なし。 ディカプリオは、「ディパーテッド」より断然こちらの方がよい。ソロモン役のジャイモン・フンスーもよい。 我々の周りのモノは、すべて血塗られたモノばかりになってしまった。自分の手でモノを作るということがなくなってしまった。目先の利益ばかり。人生半分にして初めてやっとわかったような気がした。悩んでいる人も、そうでない人も、これを見て勇気をもらって欲しい。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/04 22:44
「ナイトミュージアム」
ちょっと前に試写で見た。大人も子どもも楽しめる映画だ。主人公役の俳優さんはこの手の映画にはかかせない。夜のミュージアムが舞台で、CGが大活躍。ストーリーが単純だが、映画らしく楽しめる。 これを見た後、腰痛へ突入してしまったのだが。 夢は、夜見るだけのものではなく、家族と愛する人達とも見るものだと、教えてくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 20:45
「ハッピーフィート」
試写で観た。とてもおもしろく、とてもよかった。 昨年グルミットがとったアカデミー賞長編アニメーション入賞した作品だ。 久々に楽しい時間をすごせた。ブギーワンダーランドの場面はいいねえ〜。 とても懐かしかった。この映画は大人の方が楽しむかも。 春待ち草の貴方、是非見てね!!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/16 23:22
VWゴルフGT TSI
先週末、見に行くと同時に試乗した。(つれが運転) うーーん、いいねえ。グリルは断然GTIの方が好きだけど、エンジンは1400ccのターボ+スーパーチャージャーという化け物が乗っているのだ。試乗だけではその片鱗もわからなかったが、最近にはないもっと乗りたいと思った車である。シートと内装は固い。 エンジンのことはよくわからないが、“直噴ツインチャージャーエンジン”というユニークな手法を採り入れているそうだ。 スペックも、最高出力170ps/6000rpm、最大トルク24.5kgm/1500-4... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/13 22:57
「ぼんくら」
文庫本で読んだ。宮部みゆき氏著。久々に宮部さんの時代劇ミステリーを読んだが、いつ読んでも歯切れがよい。「江戸」と「人情」の二つの要素に謎解きが加わり、一気にラストまで読んでしまった。主人公は平四郎という町同心。鉄瓶長屋が舞台で起こる謎解きは、絡まる糸がおもしろい。 次は「あかんべえ」を読まなくては。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/13 22:24
ゴママフィンとごまきなこパン
 先週の私のモーニングです。  ゴママフィンは、レシピをネット検索したもので、黒の炒りゴマをたっぷり入れて焼きました。  ごまきなこパンは、ホームベーカリーできなこと黒ごまをたっぷり入れて焼きました。ごまきなこパンにゴマクリームを塗ると、いっそうゴマの香ばしさが引き立ちます。  飲み物は、最近お気に入りのジンジャー・ティ・オレです。面倒臭いのでチューブの生しょうがをたっぷり入れて紅茶葉とミルクとともに火を通します。  ゴマときなこは、お菓子にもパンにもよく合います。健康にもいいし。日... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/13 22:04
「ぬしさまへ」「ねこのばば」
文庫で読んだ。畠中恵著。「しゃばけ」の続編。短編集である。 もちろんおもしろかった。妖たちと一太郎の掛け合い、謎解きがおもしろく、短編なので1つ1つの世界がふんわりと浮きだってくる。読み終った後、三吉の和菓子の味がするのは何故だろうか?若だんながうらやましい・・・・早く次が文庫にならないかなあ・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/01 22:42
「どろろ」
試写で見た。おもしろかった。原作は言わずとしれた手塚治虫氏の<どろろ>。 2時間半にすべて詰めなければならないので、話が駆け足のところがあったが、それでもおもしろかった。妻夫木のスタントくんにあっぱれ!さすがチウ・シウトン(アクション)監督。ワイヤーはとぶとぶ、もっと飛んでもよかったのだが。 それ以上に驚いたのが柴咲コウのどろろ。一番心配していたが、漫画とはイメージこそ違え、確かにどろろだった。今後はこの路線??舞台挨拶もどろろでして欲しかったが。原田芳雄の呪い師はちょっとイメージ違いかな。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/01/27 23:09
「それでもボクはやってない」
試写で見た。周防監督の11年ぶりの映画。うーーん、すごい。さすが体感時間1時間半だ。 「リアル」を今回は追及したとのこと。その通りだ。 裁判の有罪率99.9%。この事実は知らなかった。「裁判」自体もよくあるTVドラマの流れでしか見たことがないし、ニュースでは手書きのイラストでレポーターが淡々と言うだけだった。 これほどひどいとは想像しても、事実あったことがない。(事実あったら大変なのだが) この国は、被害者やその家族の人権が守られない他に、権力の過ちを過ちだと認めない 土壌がある。だか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/20 01:21
「しゃばけ」
文庫で読んだ。畠中恵著。江戸時代のファンタジーサスペンス。とてもおもしろかった。 本は、裏表紙や帯などの文で自分が読みたい本であるか否かを判断するのだが、 気に入りそうな本は匂いがするのだ。まさにこの本は匂いがした。 書き出しは、少し頼りなさげに(失礼!)ふわふわと始まる。 だが、すぐ江戸の町に吸い込まれ、長崎屋という大店の奥の部屋で、 季節の和菓子を食べている一太郎の横で自分も家鳴りと遊んでいる錯覚に襲われる。 一気に読んでしまった。文体としては、パキパキしていなし少しのもどかしさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/20 01:01
「THE有頂天ホテル」
正月にTVで見た。三谷幸喜ワールドでおもしろかった。相変わらず長かったが・・・。 伊東四朗氏と西田敏行氏の笑いのツボは抜群である。 年始めの1本としては笑い初めで始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 22:00
「サツキとメイの家」
昨日、愛・地球博記念公園通称モリコロパークへ「サツキとメイの家」を見に行って来た。 実は12月の平日の予約は少なく、当日予約も可能だということが新聞に載っていたので、 ネットで予約数を確認後行くことにした。(つれが行きたいとずっと言っていたので。) 8時30分から予約受付開始だったが、気負って朝早く出掛けたが誰もおらず、余裕だった。 「サツキとメイの家」まではバスしか行けず、9時30分のバスで10時からの観覧を予約した。 観覧も30分程度。子どもを含め、20人程度だったのでゆっくり家の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 09:56
「刺馬」
2006年12月4日、北京で「刺馬」がクランクインした。記者会見が午後行われた。 主演は李連杰(ジェット・リー)、劉徳華(アンディ・ラウ)、金城武の3人。 監督はピーター・チャン監督。ヒロインの発表はまだない。 1973年「ブラッド・ブラザーズ/刺馬」のリメイクとのこと。私は未見。 清朝末期の義兄弟3人の友情と裏切りを描く作品とのこと。 李連杰が一番上の兄役、次が劉徳華、末っ子が金城武。 2007年の終わり頃、映画としてお目見えするかも。 すごく期待しているんだけど・・・・李連杰不... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/10 00:24
「レイン」
DVDで見た。2000年タイ映画。オキサイド&ダニー・パン監督作品。 これはおもしろかった。よかったよ〜。パン兄弟は香港出身とのこと。香港とタイを行き来して映画や映像の仕事に関わっているとのこと。なので私が気に入ったのもうなずける。 香港映画の匂いとスタイリッシュな映像・編集とタイの泥臭さが入り混じったアクション映画に仕上がっている。 内容は耳が聞こえない殺し屋の話。「処刑人」と「英雄本色」の影響をいたるところに見ることが出来る。 2丁拳銃でコンが乗り込んで行く場面なんてチョウ・ユンファ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 01:20
「王の男」
試写で観た。とてもよかった。今年の韓国映画で一番よい。観ていると「覇王別妃」を少し思い出したが全然別物。 芸人と王の物語。さて2人の芸人のどちらが王の男になるのか。どの配役もぴったり。 ストーリーも最初から引きつけ、ラストもばっちり。スタントも上出来。 そして、人の心の哀しみや、喜怒哀楽がどこから来ているのかがよくわかる。 (欲を言えば、2人の感情のひだをもう少し書いてあればなおよかった。) 人間の心は本当にもろく切ないものだ。が、情は深いものだ。 この情が現在の日本には欠けている。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/25 00:45
「ええじゃないか」(富士急ハイランド)
 11月4日ついに乗って来ました、富士急ハイランドの「ええじゃないか」。 園に着いたのは9時半。ちと肌寒い晴れわたる秋空の下、「ええじゃないか」に乗って楽しむ人々の絶叫とコースターの機械音を背に、延々と並ぶこと3時間半。黄色と青の2機のコースターがあり、バックで上がっていくタイプ。やっと座席に座り、係りのお兄さんがハーネスを下げてくれると心臓はバクバク、血圧はキーーン。ええじゃないかコールに送られていざ出発。ゆっくりとバックで上がっていくと結構高く感じた。もう落ちるかなと思っているといきなり、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 23:54
「ナゴヤ・マーチング&バトン・ウェーブ’06」
10月21日(土)に名古屋のレインボーホール(名古屋市総合体育館)でマーチングバンド&バトントワーリングの演奏&演技が行われた。第1部は幼児から中学生たちの部で午後1時から行われた。第2部は高校生から一般の部で午後4時30分から行われ、13の団体とゲスト3組が参加した。こちらは有料でしたが。  私は初めてマーチング&バトンの演奏&演技を間近で見た。きっかけは昨年、横浜へ行った時、偶然観た消防隊やスクールのマーチングバンドの行進が、とてもかっこよかったので是非間近で観たいと思っていたから。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/22 23:33
「16ブロック」
試写で観た。ブルース・ウィリス主演リチャード・ドナー監督のポリス・アクション。 初老の呑んだくれのヘボ刑事役がすごく似合う、私の好きなブルース・ウィリスが久々に帰ってきた。髭もたくわえて。(髭は似合わん、絶対。) ストーリーは単純だが、モス・デフとの掛け合いも、デヴィッド・モースとの対決も、満足たるものでした。ラストも望んだようなハッピーエンドで○。もっと短くしてテンポアップしてもよかったかも。 「ブルース、お前もか」と言いたくなるように、老けた感は否めませんが、演技に渋さも加わって来たと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/09 00:48
「アタゴオルは猫の森」
試写で観た。原作はますむらひろし氏作のコミックシリーズ。初めての映画化。 私が初めて読んだのは30年前。まさしくタイムリーに読んでいた?! 読むや否や、ヒデヨシの魅力とヨネザアドという不思議な世界にぐいぐい引き込まれた。 でもここ10数年は読んでいなかったので、とても懐かしかった。 ヒデヨシのことは絶対忘れるもんか!!! ヒデヨシの声は山寺宏一さん。ちょっと渋すぎ?でもテンションはヒデヨシそのものだ〜 3DのCGは心配したけど、とてもきれいだった。ヒデヨシさえも。 ただ、もっとヒデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/04 23:47
「フルスピード」
DVDで観た。2005年製作、ドイツ映画。 カースタントがまたすごい。実写だったよ。ちょっとした拾い物かも。 ストーリーは「スピード」と「TAXI・2」を足して2で割って簡単にしたような話なのだが、主人公が運転する赤(どちらかと言えば朱に近い赤)のゴルフGTI(5代目とか)の走りがとてもよい。この間ショールームに行って偶然、GTIを見てきたところなのでよけいカッコイイ。蜂の巣のようなグリルがいいね。小回りが聞いてよく走る。日本車には本当に少なくなってしまったフォルムと走りかな。 映画とは関... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/27 23:34
「フラガール」
試写で観た。久々に邦画で泣いた。おもしろかったし、よかったよ〜。 最後のフラダンスの舞台は最高に盛り上がったし、とっても感激した。私のなかではスタンディングオベーション! 昭和40年代高度成長期の真っ只中、常磐炭鉱での実話。松雪泰子さんは相変わらず美しかったし、しずちゃんも初めてにしてはいい味だしていたし、蒼井優さんの踊りも素晴らしかった。 冨司純子さんの啖呵も健在。女性のための女性の映画だ〜!! 観たら、きりっと元気になって秋に向けて動き出したくなります、きっと。 それにしてもフラダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/09/10 01:09
郭富城「愛・情大舞台」
タワーレコードにふらっと寄ったらワゴンセールの中にいいものを見つけた。 やった〜、ワンコインだ、ふっふ。久々に郭富城(アーロン・クォック)のCD。 2002年発売のやつだけど2枚組だ。そういえば彼はいくつになったのかな。 え〜、40過ぎ?!(1965/10/26生) 香港四天王の1人といえども年はとるよな。 端整だけど母性本能をくすぐるような、でも男っぽい郭富城がよいのだ。 早速、車のCDチェンジャーに入れて走りながら聞いてみた。 広東語と北京語の2枚組だったので、広東語の方を聞い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/04 21:59
「ワイルド・スピード×3  TOKYO DRIFT」
試写で見た。いや〜カースタントが素晴らしい!! 車好きの私にとっては迫力のあるドリフトが次から次へと出てきて堪能した。 思わず手がハンドブレーキを握っていた!!(←フリ、フリです。) ストーリーは至って単純だけど、車好きは見に行って損はないと思う。 迫力では×2に負けるけど、ドリフトの美しさに◎!! 「頭文字(イニシャル)D THE MOVIE 」を思い出していた。 ジェイ・チョウが夜明けの峠を走るのだが、86トレノ(86はレビンの方がしっくりいく・・・)の テールランプがとても美... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 23:46
「パイレーツ・オブ・カリビアン−デッドマンズ・チェスト−」
やっと映画館で見た。これはAで、Bは来年公開とのこと。あんなところで終わってしまうのかと思わず突っ込みたくなる。2時間半は、さすが短く感じられた。ジョニー・デップの代表作はこれになってしまうのではないだろうか?!これほどぴったりの配役もあるまい。 ジョニー・デップの映画でいちばん記憶にあるのは、白黒映画の「デッドマン」だ。若いジョニー・デップが、死に向かってとつとつと演じている。愁いの顔をとくとご覧あれ。 余談だが、ジョニー・デップとジェット・リーは同い年だ。(43才) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/19 00:36
「マイアミ・バイス」
試写で見た。冒頭のBGMが、そう、「ザ・ミッション−非情の掟−」のBGMを思い出させるほどカッコイイ。映画も、全体的にスピーディでスタイリッシュ!!昔のTV版は見たことがないが、これはこれで充分楽しめる。ストーリーは映画なので短いのはしょうがない。でも、アクション好きにはもってこいの映画である。 TV版はもっとかっこいいとのことなので、是非見ようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/19 00:18
「ユナイテッド93」
試写で見た。この「ユナイテッド93」便は2001.9.11テロの際、乗っ取られ墜落した1機。 9.11テロから今年で早5年。深夜、まるで映画を見るようにビルへと突っ込んだ映像を見た日。誰もが忘れられないだろう。だが天災にしろ人災にしろ、ただの時の流れが当事者やその周りの人々にとってはとてもつらい時の流れだと思う。よく5年の月日でこの映画が出来たと改めて思う。機内のキャストは、実際機上していた人達の年齢や性別を出来るだけ忠実に当て、管制塔のキャストも実際その場にいた人が、その役を演じているとのこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/10 21:55
「夜のピクニック」
試写で見た。完成披露試写会ということで、中部地区は初お目見えとのこと。監督と主役の女の子と男の子が舞台挨拶に見えた。(公開は今年の秋) 監督曰く、エンディングの音楽が決まったのがつい数日前とのこと。何も考えず、すうっと聞ける歌で(誰が歌っているか見るのを忘れた。)最後に決まっただけのことはあると思った。この映画、案外サントラがいいかもしれない。秋のドライブに聞くのにもってこいかも。(ガゾリンはまだ値上がりするらしいが・・・) 最初正直、2時間は長いかなと思ったが、結構エピソードが上手くつない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/02 23:59
「森のリトル・ギャング」(吹替版)
試写で見た。いや〜、久々に大笑いした!おもしろかったよ!アライグマのRJの大ファンになったよ。ストーリーはすごく単純だけど、主人公が動物だといいね、すぐ入り込める。会場はこども達がかなり多くて、RJと一体になって拍手がおきていたよ。RJはブルース・ウィリス氏の声を役所さんが、リスのハミーを石原良純さんが、カメのヴァーンを武田鉄矢さんが、スカンクのステラを友近さんが吹き替えていた。みなさん、ぴったり。やっぱり役所さんはしぶいね。ブルース・ウィリス氏の映画もついでに吹き替えて欲しいな。字幕も見なきゃ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/30 23:29
「越前三国湊への旅」
 先週末、久しぶりに北陸へ旅した。まず立ち寄ったのは敦賀市。気比の松原を少し歩き、日本三大鳥居の1つと言われる気比神宮へ詣でた。連れが清明神社へ行きたいと言ったので散策することにした。陰陽師安部清明がある時期この地で修行をしたということから奉った神社だという。現在は地域の方々が保存運営に務めているという。私が歩いた商店街は結構閑散としていた。  次に向かったのは「アクアトム」という海とエネルギーの科学館という建物。名古屋で言えば電気の科学館のようなものだ。この「アクアトム」は入場料無料だが、ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 19:48
「タイガー&ドラゴン」
これはおもしろい。TVで放映されている時は見逃してしまって是非見たいと思っていたのだが。2005年4月から6月に放映されてDVDになったのを初めてみたのだが、おもしろい。 まずスピードがあり、エピソードもちゃんと絡んでいて、笑えて泣けるところがとてもいい!! 西田御大の落語もいいし、伊藤美咲さんの天然っぷりもいいし、岡田くんと長瀬くんの掛け合いもよし。(長瀬くん、もうちょっと演技勉強してね。) やっぱり、「啖呵を切る」っていいね〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/29 23:57
おめでとう、グルミット!
ついにアカデミーの長編アニメーション賞取ったね!! おめでとう、グルミット!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/09 23:27

トップへ | みんなの「おすすめ」ブログ

シネマドライブ(シネカフェ) おすすめのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる