シネマドライブ(シネカフェ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「人生、ここにあり!」 原題: Si Puo Fare!(やればできるさ!)

<<   作成日時 : 2011/09/17 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

映画館で観た。2008年イタリア映画。監督ジュリオ・マンフレドニア、出演はクラウディオ・ビジオ、アニータ・カプリオーリ、アンドレア・ボスカ、ジョバンニ・カルカーニョ、ミケーレ・デ・ビルジリオ、カルロ・ジュセッペ・ガバルディーニ等。
バザリア法(1978年イタリアで公布された世界初の精神科病棟廃絶法<180号法>の通称)で精神病棟の撤廃が進められていた1980年代のイタリア・ミラノが舞台。実話を映画化したコメディドラマ。
熱血だけのネッロは他の労働組合からお払い箱になり、精神病院から追い出された元精神病患者たちの協同組合<180>にやってくる。持ち前の熱血だけで元患者たちとあらたな事業を立ち上げるために奮闘する。その様はみていて楽しいし、彼なりの苦労がとてもユニーク、イタリアならではか・・・。
そう、彼らが立ち上げた事業はとても美しくアートな<寄木張り>。へぇ〜と思ってしまった。まあ、事業は順調に行くように見えて、彼らのエネルギー&テンションや周りの人間がそれを違う方向へと向かわせてしまった。人を理解するということの難しさ。でも必要とし、されている人間の素晴らしさ。
ほのぼのでもなく、まったりでもなく、ピリ辛より、クールミントな苦さがぴったりの後味でした。
キャストがとても素晴らしかった!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画・人生、ここにあり!
2008年 イタリア原題 Si Puo Fare(やればできるさ!) 1978年、イタリアで制定されたバザリア法により次々と精神病院が閉鎖されました「自由こそ治療だ」という画期的な考え方から、病院に閉じ込められ人間らしい扱いを受けてこなかった患者たちを一般社会で生活させ... ...続きを見る
お花と読書と散歩、映画も好き
2011/09/19 10:58
人生、ここにあり!
人生、ここにあり! &#039;08:イタリア ...続きを見る
C&#039;est joli〜ここちい...
2012/01/23 21:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「人生、ここにあり!」 原題: Si Puo Fare!(やればできるさ!)  シネマドライブ(シネカフェ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる