シネマドライブ(シネカフェ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「配達あかずきん」

<<   作成日時 : 2010/08/29 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

単行本で読んだ。大石梢著。坂木司の本同様謎解き本だ。ミステリーというより謎解きといった方がいいかな。
「配達あかずきん」は大きな書店で働く店員とバイトの女性2人が本屋で謎解きをするっていう話だ。
この本も、登場人物がすこぶる清潔で礼儀正しい人(という印象を何故か受ける)たちが運んでくる謎というか出来事をきれいに片付けるという。スカッとではなく、ぽつぽつと解いていく2人の謎解きには好感が持てる。人柄の表れか。
私が店員をやると、きっとすっごく偏った店員になってしまうだろうな。でもインクの匂いは好きだ。確かにお見舞いの本を選ぶのは難しいだろうなとほんと思う。
坂木司、大石梢、今の社会の日常生活の謎解きは軽く読めるが、ある意味ミステリーより怖いかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「配達あかずきん」 シネマドライブ(シネカフェ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる