シネマドライブ(シネカフェ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「プントとドライブ 2009・鍾乳洞岐阜ツアー」

<<   作成日時 : 2009/06/21 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 6月20日、岐阜の鍾乳洞三昧をした。本当はケイビング(洞窟探険)をしたかったのだが、つれに却下され、止む無く観光洞巡りとなった。
 大滝鍾乳洞は名前は知っていたが、入ったのは初めて。郡上八幡から車で15分程の山の中腹。鍾乳洞の入り口までは珍しい木のケーブルカーで行く。入り口からは冷たい風が吹いて洞窟の匂いがした。素晴らしい鍾乳石があり、大滝もあり、結構見所満載でゆっくり歩くことが出来た。観光洞らしくきちんと整備されていてライトがとてもまぶしかった。1時間近く歩いていただろうか、小腹が空いた。でも<縄文洞ミステリーツアー>の文字に惹かれ、車で5分の縄文洞に向かった。薄暗い事務所に懐中電灯が並べられ、懐中電灯1本で洞窟を見てくるという趣旨だ。それの方が探検らしくてよい。早速入ると、中は先日の洞窟探険を思わせる暗さだ。きゃ〜うれしい!!とさっそく迷子になり、順路と逆を回ってしまった。なんとか順路にもどり、進んでいくと迷路としても楽しめる道だった。鍾乳石は少なく、そのかわり、蝙蝠がいた。なんか動物の匂いがするなと思っていると、黒い影がさっと飛ぶし、何気なく当てた光の先に、ぎゃ〜、蝙蝠の大群が・・・・・へばりついていた。キーキ−甲高い鳴き声で鳴いていた。初めて見た蝙蝠だが、どうあっても好きになれない生き物の1つになった。走るように出た出口にやっと安心した。20分で出てこれる洞を、なんと1時間近くもモグっていたのだった。
 気を取り直して昼食を食べ、次は美山鍾乳洞へ行った。ここは立体的洞窟で、ケイビング(要予約)も体験出来る洞窟だ。中は確かに高低の差が激しく、未開洞や調査中の洞があり、ここをほふく前進でいけば楽しいのになあと思う箇所がいくつかあった。ただわけのわからない音楽が洞内に流れていたのはいらない。チケット売り場の横に並べてあったたくさんの長靴が私を誘っていた。一度はここでケイビングを!!

大滝鍾乳洞へ→
画像

画像

縄文洞への入り口→
画像

美山鍾乳洞→
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「プントとドライブ 2009・鍾乳洞岐阜ツアー」 シネマドライブ(シネカフェ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる