シネマドライブ(シネカフェ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポチの告白」

<<   作成日時 : 2009/02/28 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

念願の「ポチの告白」をやっと映画館(名古屋のシネマスコーレ)で観れた。脚本・監督高橋玄、出演菅田俊、出光元、野村宏伸、川本淳市、井上晴美ら。原案協力は寺澤有氏。
リアリティありすぎで、観終わった後、ずーーんと体が重くなった。事実に基づいた映画だから。
極悪非道の警察官を観たというより、警察・裁判所・(政府)の国家ぐるみの支配を観、彼らが我々の首に縄をつけているというのがよくわかった。今までもハリウッド映画や香港映画で、悪徳警官や国家の汚職を題材としたものは多く、ああおもしろかったで終わっていたが、この「ポチの告白」は、舞台が日本だし、主人公の変貌がとても凄すぎて(緻密なプロットの上にあり、菅田俊ありきで)とても怖かった。
でもいつも思うのだが、男ってどうしてああなるのだろうか??権力のせい?暴力のせい?どちらにせよ力を誇示したがる男ってどうよと思う。私の好きな男気も、力と表裏一体のところがあるのだが・・・・。
3時間はあっという間の映画に間違いない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ポチの告白」 シネマドライブ(シネカフェ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる