シネマドライブ(シネカフェ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「男たちの挽歌」と「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」

<<   作成日時 : 2008/10/17 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今月BS(TV)でこのシリーズを放映していた。
この2本は、香港映画を語るときになくてはならない映画である。
「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファとレスリー・チャン。もちろん監督はジョン・ウー。(1986年制作)
「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のレスリー(当時30才)。監督はチン・シウトン、制作ツイ・ハーク。(1987年製作)
私はこの2本をビデオで見て、香港映画にはまってしまったのだ。
何度見ても、2丁拳銃のチョウ・ユンファはクールだし、レスリーは母性本能をくすぐる。
撮影技法にはCGなどないけど、ワイヤーがあり、スタントマンの体があり、爆薬がある。
しかもテンポが早い。そこが香港映画の醍醐味である。かなりのつっこみどころ満載が香港映画なのだ。
そこに愛があり、映画を愛する我がいるのである。
あぁぁ・・・・古き良き時代・・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「男たちの挽歌」と「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」 シネマドライブ(シネカフェ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる