シネマドライブ(シネカフェ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「プントとドイラブ 2008夏」 GSA'08

<<   作成日時 : 2008/07/27 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月19日、GSA(ジオ・スペース・アドベンチャー実行委員会)主催のGSAスペースアドベンチャーに行って来た。つれがスーパーカミオカンデに興味を持ち、調べたのが応募の一日前。なんと1年に2日しか行われないという。あわててハガキを出すとなんと抽選に当たったのだ。たまたまその時間帯の競争率が少なかったのかもしれないが・・・。なにはともあれ準備準備。懐中電灯と上着。行われるのは神岡鉱山内なので、気温は10〜13度とのこと。

北陸自動車道を荘川ICで下り、ひたすら神岡町に向かう。結構早く着いた。3年がかりで当選したという人もいた。9時10分のコースだったので、きっかりその時間に受付が始まった。9時20分にはバスに60名が乗り込み、神岡鉱山に向かった。山の中腹程度に着くとそこからボランティアのスタッフと合流していざ、神岡鉱山へ。ヘルメットをかぶり(最後までしっくりこなかったヘルメット姿)違うバスに乗り込んだ。
画像

画像

暗い坑道を揺られること15分。靴箱と扉が見えてきた。前の組と入れ違いに入っていった。中は思ったより狭く、もちろんスーパーカミオカンデの中は見ることができず、私たちがいた場所はスーパーカミオカンデの上部の蓋部分だった。ニュートリノの説明をわかりやすくしていただいたが、最後までしっかり理解することが出来なかった。当たり前か。それでもドキドキした。2001年に壊れたときはその後修復される2005年までは中を見ることができたそうだ。
画像

そのあと少し歩き、神岡鉱山の歴史や機械を見た。石油の前は鉱物が資源の第一人者だったのでその衰退はよくわかる。石油もその道をたどることになるだろう。こちらの方が結構おもしろかった。それからメタルコーナーへ行き、神岡鉱業についての説明と石の販売。
画像

画像

途中本当に真っ暗闇、というものを経験したが、うーーん、音も光もないというのは本当に怖い。その後、坑道をぐるぐる回り、やがて売店へ。最終地点だ。ここまで長時間坑内を歩いてくると13℃は体にこたえた。売店の暖かいうどんが美味しかった。坑道には正味1時間半ぐらいいたかな。坑道口を出たときの光はうれしさを感じたが、すぐ暑さの方が勝ってしまった。
画像

画像


余談だが、ひょっとして鉱山が好きかもと思ってしまった私でした。石見銀山には是非いってみたいなあ。九州の鉱山もいいなあ。鉱山マニアもいるらしいし・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「プントとドイラブ 2008夏」 GSA'08 シネマドライブ(シネカフェ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる