シネマドライブ(シネカフェ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ノーカントリー」

<<   作成日時 : 2008/03/06 18:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

試写で観た。コーエン兄弟監督・脚本・制作で、アデミー賞作品賞・監督賞・脚色賞受賞の映画である。出演者の1人ハビエル・バルデムは助演男優賞を受賞。他にトミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン出演。
久々によかった。西部劇的サスペンスとでも言おうか。原作があるとのことで、是非読みたくなった。
追われるジョシュ・ブローリンは西部の砂漠がよく似合う。全く砂漠が似合わないハビエル・バルデムは殺し屋としてまた、人間の不条理さを求める人物としては最適としか言いようがない。
冒頭の砂漠からグイグイ引き込まれる。静寂にこだわっただけあり、緊張感・緊迫感は半端なく迫って来る。ただ、トミー・リー・ジョーンズの保安官がもう少し2人とかかわっていれば、2人の有り様もはっきり見えてきたような気がするのだが。
(酸素ボンペの殺人機器は初めて見たぞ。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ノーカントリー」 シネマドライブ(シネカフェ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる