シネマドライブ(シネカフェ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「武侠映画の快楽」

<<   作成日時 : 2007/04/22 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やっと読んだ。岡崎由美氏と浦川留氏の共著。両氏の映画評やその書籍は時々読ませて頂いているし、その道ではとても尊敬している方々である。私と同年というところも共感を感じる。
「HERO」や「LOVERS」でこの世界に入った人は是非読んでもらいたい1冊である。私も復習という感じで読んだ。
私が武侠映画にすんなりは入れたのは、李連杰に惚れてしまったからである。「天地黎明」「天地大乱」「天地争覇」の3本は、カンフー映画でも武侠映画でも最高峰のものだと私は思う。黄飛鴻のあのポーズと裾さばきに惚れてしまったのは、今から12年前のこと。それ以来、「人が空を飛ぶ」映画を見続け、侠の世界に憧れ、武に走る。
もう少し早く生まれていて、香港の武侠映画全盛期にリアルタイムで生きていたかった。といつも思う。こんな島国だからとても憧れるのだろう。大陸文化に。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「武侠映画の快楽」 シネマドライブ(シネカフェ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる